月よみ -inner independence-

満月に向かうこの時期、「家の中でできるしなやかな筋肉」で、代謝も身体のエネルギーもアップ!

水瓶座での新月、旧正月も明けました。

今は、上弦から満月へと月が満ちていく期間。
満ちていく月の時は、
補給、摂取
保護、休養を促す
身体が色々なものを、吸収し、エネルギーを蓄える期間です。

また
月との同調を身体に呼び込む生活習慣と、お月様のエネルギーが入りやすい身体のパーツ
新月から上弦 呼吸を意識 肺
上弦から満月 食事、食べ方を意識 肝臓
満月から下弦 循環器系を意識 心臓
下弦から新月 排泄を意識 腎臓
が挙げられます。

今は上弦から満月への期間なので、月のエネルギは肝臓に入りやすい時期になっています。

肝臓といってもどうケアすればいいの?
そんな声が聞こえてきそうです。

そこで、ピラティストレーナーでありオステオパシーの施術師である私が、「お部屋の中で簡単エクササイズ。月のエネルギーを味方につけたしなやかな筋肉のつくりかた」をご紹介いたします。

肝臓なのに筋肉?と思われたあなた。筋肉はなぜ大事かご説明しましょう。

肝臓の働きは、
糖、脂質、アミノ酸などの代謝
胆汁の生成
コレステロールの生合成
身体にはいってきたものの無毒化
などなど、まだまだ働きはいっぱい‼︎

肝臓は、いろいろなものを吸収し、蓄えて、必要な時に、出していってくれるのですね。

そんな肝臓を助けるのが、
筋肉!

​筋肉は、第二の肝臓、と言われています。

なぜなら、肝臓が働きすぎて疲れてしまった時、
アンモニアの無毒化など、肝臓の働きを肩代わりしてくれるのです

実験では、肝臓の正常時、アンモニアの無毒化は、
肝臓60%
筋肉(骨格筋)27%
という臨床結果が出ているそうです。

ですから、筋肉が減ってしまっては、肝臓が、全てを引き受けなくてはなりません。
それでなくても、仕事がたくさんあるのに、任せられなくて、頑張ってしまっては、可愛そう…

筋肉量が減ると、体内のエネルギー代謝も悪くなり、肝臓に脂肪が溜まりやすくなります。
そこで、筋肉鍛えて、肝臓に感謝、しませんか?

おうちでできる肝臓を助けて代謝をアップするための筋肉エクササイズをご紹介!

私、ピラティストレーナー、そしてオステオパシーの施術師としてのおススメは、
筋肉の量を維持する事、しなやかに鍛えること。
有酸素運動しましょう。少し汗ばむくらいがちょうどいいです。

ウォーキング

意識して歩く、これが一番いいですね。
しかし!
まだまだ寒くて、外に出る気になれない…
そんな時、お部屋の中で簡単なスクワット、腕回し運動はいかがでしょうか?

​両脚を肩幅より少し広めに開いて立ちます。
膝とつま先は同じ方向に向くように。
パラレルでも、外に向けて開いても大丈夫。
やりやすい方で。

背中を姿勢良くし、お尻を少し出っ尻気味にして、
ゆっくり膝を曲げていきます。
最初は軽く、だんだんと深く膝を、曲げていきます。
10回目に一番深く曲げられるように、徐々に負荷をかけていきましょう。

これで下半身、腹筋、背筋鍛えられます。

そのあとは、両腕を水泳のクロールのように動かします。
この時も、両脚は、しっかり開いて安定させてくださいね。少し膝を曲げると安定します。

クロールしたら、今度は背泳ぎのように後ろ回し。

クロールも背泳ぎも、腕だけ動かすのではなくて、胸椎、肩甲骨の間の背骨も動くように、動かしてみましょう。
できたら、腕の方に視線もつけてみて。
目だけで追わないでくださいね、顎がちゃんと動くように!
頚椎、首の骨も動きます。
片腕ずつ動かすのでも大丈夫。
片腕なら、10回ずつ、両腕でやるなら、10セットずつ。

気づいた時にやるだけで、気分もスッキリ、身体の循環良くなります。
オステオパシーでは、フルイッドを流していきます。


​やり過ぎや無酸素運動は、筋肉にダメージを与えるので、注意です
例えば、短距離走や、腕立て、バーベルあげなどのハードな筋トレは、やり過ぎると、逆効果になることもあるので気をつけて。
やり過ぎると、肝臓から抗酸化物質などが、どんどん供給されて、肝臓が疲れてしまうのですね。
もちろんアスリートの方は、ハードなトレーニングの後にしっかりケアしていますから、大丈夫!
いつもは、あまり運動しない方や、アスリートまではいかないけれど運動は好き、という方、この期間だけ、と思ってやり過ぎるのは、ちょっと気をつけてくださいね。

味わう

そして、食事、食べ方にも気をつけましょう。
良く噛むこと、食べる順番。

最初の一口だけでも、30回以上噛みましょう。
唾液がよく分泌されて、消化が良くなりますね。
食べる順番は、野菜、タンパク質、最後に糖質類。

今度の満月、肝臓に感謝してみませんか?
もっと自分の身体が愛おしくなりますね。

カラダを整えて、しなやかRICHなマインド、ココロを創るピラティストレーナー、オステオパシー施術師、月よみ氏®︎の深山和恵でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ステキな満月をお迎えください。

ライタープロフィール

深山 和恵 月よみ師®
ピラティストレーナー ファシリテーター
施術師オステオパシー
太陽星座 山羊、月星座 天秤
房宿 青い猿 白い世界の橋渡し

ダンス留学後、30年間、東京ブロードウェイダンスセンターにてJAZZのインストラクターに。多数の海外、国内公演、アーチストのツアーなどを経験。
ピラティスと出会い、10年ピラティストレーナーとして、SVも務める。
ダンス、ピラティスを深めていく内に、どんどん興味が湧き、オステオパシーの世界へ、宇宙へ、そこから月よみと出会う。
座右の銘は、"全ては一つ、全ては繋がっている、この世のものは全てを持っている"
好きな事 食べる事 歩く事 デトックス
嫌いな事 自分自身が何をしているかわからないこと
Return Top