月よみ -inner independence-

春はすぐそこ。衣替えをするようにカラダも春モードへシフトさせよう

月よみ師坂口ひろみです。
個人ブログではほぼ毎日『月よみ』を掲載しています。
月が滞在する星座、宿、そしてその日の形から発しているメッセージをみて、どんな色合いを帯びるのかを綴っています。

明日から3月。
3月といえば、地域によって違いますが春の足音が聞こえ出し、私たち人間の社会においても新たなスタートに備えての終わりを迎える時です。

・何かを始めたい
・今までやってきたことに区切りをつけたい
・うまくいくか不安なことがある

そんな時、ココロがすこし焦る時もありますが、まずは今日1日、明日1日をどう過ごすか。
それが一番大事だったりします。

月のメッセージを日々の暮らしのヒントに取り入れることは、天気予報を聞くようなもの。
午後から雨ですよと言われれば、折りたたみ傘を持っていこうかな?と準備できる、そんな感覚です。


月のカレンダーはこちらで調べられますのでご活用くださいね。
http://tsukiyomi-magazine.com/page-5066/

さて今日28日の月は、とても強い『火』のエネルギーに満ちています。
月の形を示す月相は12。14が満月ですから、まん丸までもう少しです。
“完成”を目指してウズウズしている感じ。

西洋占星術からみる位置はしし座にあり、東洋のホロスコープから見ると星宿(せいしゅく)という位置にあります。
しし座、星宿はどちらも太陽を守護星に持つため、堂々としてまさに『しし』の気概で『星(スター)』を目指せと言わんばかりに月は張りきっています。

『火』が象徴するものは、上昇する意識であり、強さ、熱意、創造性、また行動力など、エネルギッシュと言う言葉がぴったりですね。

動きたいのに想うように行かない時
チャレンジしてみたいことがある時
何だかそわそわ落ち着かない時
この『火』のエネルギーを活用してみましょう。

活用の仕方は後ほどお話しますね。

太陽のカラダと月のカラダのバランスを取る

わたしたちは太陽のカラダと月のカラダを持つことをご存じですか?
もちろん、2つのカラダがあるのではなく、月のサイクルと太陽のそれに合わせて、自分のカラダを健康的に調整していると言うことなのです。
本来はこの自然のサイクルに合わせて骨盤が開いたり背骨が引き締まったりすると、女性本来の美しさが内面から磨かれてくるのですよ。

太陽のカラダと月のカラダについてはこちらにも書かせて頂きました。
http://tsukiyomi-magazine.com/2017/11/07/post-3069/

今回はサイクルを季節という大きな単位で捉えています。

なぜなら、明日から3月。
21日には春分点となり昼と夜の長さが拮抗します。
ここからお昼間の時間が長くなってきます。徐々に太陽の力が強まってくるにつれて、カラダもエネルギッシュな方向へとシフトしていきます。
このタイミングで『火』のエネルギーを活用しつつ、カラダも春へと目覚めさせていきましょうね。

『火』のパワーを取り込む活用の仕方

『火』は上昇する、飛び立つという意味がありますが、
まずカラダにエネルギーを満たすには、グランディングが必要になります。
地に足をつける、と言うことです。
重力の元で生活しているわたしたち。地球軸とつながり下から突き上げられる力も使って、カラダを支えているんだと想ってくださいね。

これがないまま上昇するぞと張り切ってみても、まだカラダの準備が整いません。ギャップから眠気、だるさ、ひどくはアレルギーなどを引き起こし、調整しようとしてきます。

やり方です。
その場で大きく足踏みをしてみます。氣が済むまでやりましょうね。
脚を止めたら、足の裏が地面を捉えていることを感じましょう。意識的に地球とコンタクトを始めることになります。

さらに地球の真ん中と骨盤が繋がって、暖かいエネルギーが脚の間に向かって吹き上げてくるイメージを持ってみます。
吸う息ですくい上げ、吐く息でお腹の底に納める感覚です。


イメージってよくわからないわ、って方も大丈夫です。
充分に温めた両手を、お腹の下の方、恥骨に近いところに当ててみます。心地よく手の温かさが感じとれたらOKです。
自然に呼吸に集中していて、楽に立ちつつ地と繋がるグランディングの状態が作れてきます。

『火』のエネルギーのキーワード
・上昇する意識・強さ・熱意・創造性・行動力

一例ですが、ここにピンとくる言葉はありますか?
あったらそれを意識してみてください。
意識に取り込むことで願いが叶ってきますから。

イベントにて、月のエネルギーの活用の仕方をお話します。
個人セッションのお時間もありますので、ぜひ足をお運びくださいね。

3月10日・11日 大阪癒しフェア出展
http://a-advice.com/osaka_2018/

4月4日 明石 “女ぢから開花フェス”ワークショップ・個人セッション出展
http://www.kokuchpro.com/event/womans_power/

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top