月よみ -inner independence-

春分前、最後の新月に向かう手放し期 おうちストレッチでデトックスを

あと十日ほどで3/21。
二十四節気のトップバッター、宇宙のお正月とも言われる春分の日がやってきます。

新しいスタート、今までのできなかったことなどはさておいて軽やかに切りたいところです。
そして、3/9の下弦を過ぎ、3/17の新月に向かう今は「手放し」にピッタリの新月(-)期です。
今回は春分前、最後の「手放す」チャンスにぴったりの排泄力アップのストレッチや体操をお伝えします。

花粉も寒さも関係ない!気軽にできるおうちストレッチ

寒い冬を乗り越えた木々の芽が芽吹くように、カラダの不調もあちこちから出てくることが多い春。
花粉症をはじめとするアレルギーをお持ちの方にはツラい季節ですが、症状として出てくるということは、対応するチャンスでもあります。

まずはカラダを動かしましょう♪といってもまだまだ寒い地域もあるし、何といっても外は花粉が飛んでいる!
そこで、今回はおうちやオフィスでできるストレッチをお送りします。

今日3/12、新月(-)期は手放し期。カラダのテーマは「排泄」、月の影響を受ける臓器は腎臓です。

まずは末端をほぐし腎臓リフレッシュ

腰幅に足を開いて立ちます。
片足の指先をグーのように折り、親指から小指までの足の甲側を床面につけます。
ジャンケンのグーのイメージで足裏を縮めましょう。

このとき、土踏まず近辺にある腎臓の反射区に作用し腎臓が休まります。
できる範囲で親指から小指まで床を転がすように圧をかけると指先がさらにほぐれます。

今度はつま先立ちの要領で指を付け根から反らし、親指から小指まで体重を移動させるようにほぐします。反対の足も同様に、これを3セットずつ行いましょう。

冷え性でも指先がぽかぽか温まってきます。

このストレッチは立っても、椅子に座っても、床に座ってもできます。
椅子に座る場合、一度に両足を動かすこともできますが、ひとつひとつの動きを丁寧に片足ずつ取り組んでください。
床に座る場合は、正座から片足を立てて(体育座りのように)行ってください。

太もも側面のストレッチで排泄力アップ>

太ももの内側は尿、外側は便を排泄するキーポイント!ここをしっかり動かすことで排泄力アップにつながります。

タオルや手ぬぐいを用意します。
仰向けに寝て左足を床と垂直になるようにまっすぐ上げます。
このとき左足の裏にタオルをひっかけ、ひじもひざも無理なくピンと伸びる長さになるようにタオルの両端を左手で持ちます。

右手を腰骨に置き腰が浮かないように押さえ、息を吐きながらゆっくり左足を左側に倒します。
できるだけひざは伸ばしたままで、伸ばした右足と90°になるようにタオルの長さを調整します。
右手は手のひらを下に向け真横に伸ばします。

左足を伸ばしながら足先を少しだけ持ち上げて、トントンと床をたたくように上下させます。
このとき、左太ももの内側を意識しながら伸ばしましょう。
気持ちよく伸びたなぁ…と思ったら、ゆっくり左足を真上に戻します。

今度はタオルを右手に持ち替えて、左手は手のひらを下に向け真横に伸ばします。息を吐きながら左足をゆっくり右側に倒しつつ、顔は左側へ向けましょう。30秒~1分ほど、今度は太ももの外側を気持ちよく伸ばします。
左足を真上に戻したら、ひざはできるだけ伸ばしたままゆっくり床におろします。タオルは手を上手く調整して外してください。

今度は右足の裏にタオルをひっかけて床と垂直になるようにまっすぐ伸ばします。
タオルを右手で持ち、左足と同じ要領で右足を右側に倒し、左側にも倒して真上に戻す、を行ってください。

お手軽&即スッキリな「耳ストレッチ」

太もものストレッチはちょっとハードルが高かったかもしれませんので、最後はいつでもどこでもできる「耳のストレッチ」を二つご紹介します。

ひとつめは「左右の手で、それぞれ左右の耳をつかみ大きく後ろに回す」
これだけです!

耳下腺リンパを活性化して顔周りの老廃物の排出を促進することにより、小顔効果が期待できます。
ただ、前回しにすると顔がむくんで顔が大きくなってしまうので、必ず「後ろ回し」にしてくださいね!

また「耳を引っ張る」のもオススメです。
耳ツボ、という言葉があるように耳には全身に対応するツボがあるので、いろんな場所をつかんで引っ張ってみましょう。

耳の上をつかんで上に、真ん中あたりなら真横に、耳たぶをつかんだら真下に、という感じで、思い切って少し強めに。ちょっと痛いですがスッキリしませんか?
目やアタマがスッキリする効果もあるので、仕事の合間にも効果的です。

無理は禁物!「今、自分が」気持ちよく伸ばせる範囲で

ストレッチは「たくさん伸ばせばいい」というものではありません。
カラダのかたさ・歪み・コリ具合などは人それぞれですし、同じ人でもコンディションは日々違います。

「他の人はもっと伸ばしている」「この前はもっと伸ばせた」などと今の自分以外の人と比べることなく「今の自分」が気持ちよくできる範囲でストレッチを活用してくださいね!

ライタープロフィール

朋子 月よみ師®
1968年 東京生まれの千葉育ち。

バブルを経験したベテランOL。



三十代後半、残業やストレスが多い仕事中心の生活でセルフケアが必要だと気づく。たどり着いたストレッチ教室で「

カラダが変わればココロも変わる」を数年がかりで実感。人生の転機となる。

偶然目にしたツキヨミ塾(現月よみ塾)から始まり、月とココロとカラダのつながり、図星だらけの月からのメッセージを知れば知るほど、

<月よみ>で本来の自分を知り、受け容れることで生きやすくなるとの想いを深め、月よみ師に。



好きなことは、散歩・高いところから景色を眺めること。
Return Top