月よみ -inner independence-

愛される私になるにはまず、自分の身体をたっぷり慈しむ! うお座の今日はかかとのケアを丁寧に

こんばんは!
今日は新月です!
22:12に新月の瞬間を迎えます。

月の向う側に太陽があるこの瞬間は、地球からは月の光が全く見えなくなります。
2日後位に見える「三日月」までは、夜の空に月が見えなくて、ちょっぴりさみしいですね。
太陽から1日1時間くらい遅れて月が追いかけているように見えますので、三日月は太陽が沈む頃、2時間ほど遅れて追いかけるその姿を見せてくれますよ。

それまでしばしお待ちくださいね。

見えないけれど、今日のお月様の向こう側にある星座は「うお座」
太陽の向こう側にある星座も「うお座」
太陽と月が同じ方向にある、この新月の日は、月星座も太陽星座も同じ星座になる貴重な日です。

月星座がうお座なのは、3/18 3:56まで。
太陽星座がうお座なのは、3/20までです。

うお座の支配する身体の部位は、くるぶしから下の足の部分です。

この時期に、いつも私たちの行きたいところに連れて行ってくれる足をいたわってあげませんか?
うお座のタイミングで足をケアしてあげると、普段の倍の効果があると言われているんですよ。

その中でも、今回はかかとについて、家にあるもので出来る簡単なケアをお伝えしたいと思います。

かかとには皮脂腺が無いため、適度な汗と皮脂で作られる皮脂膜のバリアーが少ない状態なんです。
特に乾燥肌というわけでは無い人でも、かかとだけガサガサという人も多いのでは無いでしょうか?

【かかとパック】
先ずはお風呂に入ってかかとの角質を柔らかくします。
お手持ちの化粧品をコットンにたっぷり含ませてかかとに貼りラップで覆い、さらに蒸しタオルなどで温めます。
5分ほど置いたら、ハンドクリームやオイルなどで油分を補います

【白色ワセリンパック】
お風呂上がりのかかとがしっとりしている状態でワセリンを塗ります。
ラップを巻いて30分待ちましょう。
ラップをとったらすぐに靴下を履いて、冷えや乾燥からガードしてください。

他にもたくさんお手入れの仕方やグッズなど紹介されていますので、とても参考になります。

「女性の美学」
http://josei-bigaku.jp/hijikasakasa1479/

ポイントは自分の身体を慈しむように♡大事に♡愛情たっぷりに扱うことです♡

かかとに限らず、全身くまなく愛で包んであげましょう。
60兆個の細胞の1つ1つが喜んで、幸せに満たされるのをイメージしながら。

自分の身体にたっぷり愛情を注いで大切に扱っていると、なぜか人からも大事にされるんですね〜。
人は自分を扱うように人からも扱われます。

自分を大切にすれば、当然人からも大切にして貰えるんです。
それは、深い深い部分でみんなが繋がっているから。

なので今日は、自分の身体にうっとりするほど、優しい言葉をかけて、丁寧にクリームを塗り込んであげてね。
うお座の月は、甘い言葉もささやいてくれるでしょう。
自分自身にたっぷり愛情をかけてあげると、心もしだいに満たされるのを感じると思います。
(書いていて自分がうっとりしちゃいます♡)

よくわからないけど
「やってみようかな?」
そんな素直な気持ちでやってみて。

素直な人は勝手に愛されちゃうから♡
宇宙からも。
お月様からも。
大好きなあの人からも。

ライタープロフィール

星野未詠子(みえこ) 月よみ師®
新潟市 からだリラ主宰(2015.4より)
リラクセンスボディセラピー リラクゼーションセラピスト
月の自分が腑に落ちる経験をした事で他者への理解が深まり、人間関係においても楽な考え方を選択できるようになった事をきっかけに月よみの世界に。

20年以上事務の仕事をしながら家事、育児、介護に追われる中
30代後半で卵巣嚢腫、甲状腺がんを経験。
そこで初めて、今まで我慢をし続けていた事に気付く。

この経験から
体と心を緩めることの大切さを知りセラピストとしての活動を開始。
1人何役もこなしながら頑張る女性にもっと楽に、幸せを感じて欲しい
との願いを込めて活動中。
公園、足湯で本を読むのがお気に入り
Return Top