月よみ -inner independence-

この週末「膨らんでいく月の時間のメンテナンス」のポイントは、ハンドからデコルテの潤いセルフケア!

手が、ガサガサ。そういえば、心もカサカサかも…
そんな方いませんか?

手は心と密接に繋がっています。
ガサガサになった手は、お手入れする暇もないほどに酷使されているのでしょう。
それはきっと、何か大切なものを守る為。

この週末、ほんの少しのココロとカラダのお手入れで、
自分を整える為の月時間を過ごしてみませんか?


月がある星座には、それぞれカラダをしめすパーツが割り当てられています。そして、月が滞在している期間は、そのパーツを労わりケアすることが効果的とされています。

今回はトリートメント用のオイルを使ってのマッサージをお勧めしたいと思います。
市販のマッサージオイルを使ったり、植物オイルに精油を垂らしオリジナルオイルを作るのも良いですね。

浸透性があり肌を柔らかくする効果のあるスイートアーモンドやしわ、しみの予防になるといわれるマカデミアナッツのオイルなど、植物オイルが15mlなら、お気に入りの精油を3滴ほど入れれば完成です。
遮光瓶で保存すれば2週間ほど持ちますし、ハンドクリームのようにちょこっと使うのにも便利ですよ。

金曜日のおすすめ月星座ケア~ふたご座~

月は今、ふたご座エリアを移動中。
ふたご座のカラダのパーツは、
手、腕、肩、鎖骨、肺と言われます。

まずは、いつも頑張ってくれている手からケアしましょう。
オイルを手に取り全体にゆっくりなじませたら、一方の手で親指を使いながらマッサージ。
手のひら、甲、そして指も一本ずつ、丁寧に指先に向かってクルクル円を描くように。

次に手首を包むようにほぐしたら、そのまま腕へ。肘も同じく包みながらほぐし、肩回りへ。
鎖骨の中心から肩の先の方へ、手の平全体で円を描きながらゆっくり進みます。

肩は前のめりに固くなっている方が多いので念入りに。
胸が広がった感じがしたら終了です。
反対側もしてくださいね。


ふたご座の持つキーワードは
執着しない、新しいことに魅かれる
縛られたくない自由な心
心が寄り添えるような関係を求める
会話上手
無意識に空気を読んでしまう
そして、合わせすぎると後から疲れる

私たちはどの星座の特徴も持ち合わせていると言われます。
普段意識していなくても
思い当たることがあるかもしれません。
マッサージをしながら、自分の中にある、ふたご座のエネルギーを感じてみるのも良さそうです。

土曜日のおすすめ月星座ケア~かに座~

明日24日の17:53に、月はかに座に移動します。
かに座のカラダのパーツは、
肺の下部、胸、横隔膜、胃、十二指腸と言われています。
デコルテのマッサージがお勧めです。

鎖骨下から肩に向かってオイルを塗り、手のひら全体で鎖骨下のリンパに向かってマッサージ。
脇の下から、リンパに流すことも忘れずに。
指先をそろえ、円を描くようにして胸全体をやさしくほぐすのも良いですね。

みぞおちも手を当てやさしく擦ります。
心地よいと感じる場所、力が目安です。


かに座の持つキーワードは
深い感情、それを受け止める
家族、仲間意識、安全に暮らしたい
好きか嫌いか
時に勢いが強すぎる
強い甲羅の中の敏感な心
守り、守られたい

蟹の手は抱えている大切なものを守る為のもの。
自分の中に、かに座のエネルギーがあると感じるでしょうか。

小さなことから自分を満たす

私たちは「自分を満たすこと」が大切だとはわかっていても、後回しになりがちです。
仕事や家事、その他しなければいけないことに時間を奪われる。

仕事だから、役割だから、無理や我慢は仕方のないこと。
そんな時もありますが…
やはり、出来れば自ら楽しめたり、気持ち良く居られる時を過ごしたいものですね。

その為の一つとして月星座ケアを活用してみて下さいね。
自分で触れたその瞬間、柔らかい手でいられたら、ココロも柔らかくいられそう。

来週のスタートが心地良いものでありますように。

ライタープロフィール

naoko 月よみ師®
AEAJアロマテラピーインストラクター
AEAJ アロマセラピスト

東京生まれ、関西育ち。
現在は千葉県流山市在住。

仕事が自分の中心で、心身共にストレスを抱えていた30代後半は、
整体、カイロプラクティス、オステオパシー、アロマトリートメントなど
に駆け込む日々。

一人目出産後に、アロマセラピストの資格を取得。
サロンで働くが、二人目妊娠・育児に全力投球するあまり、自身のバランスを崩す事に。

宇宙の流れが氣になっていた頃、ツキヨミ塾(現月よみ塾)に出逢い、
「月との繋がり」に魅せられる。
「月よみ」がもたらす、その人らしい広がりを一緒に見つけ、深めていく事を信条として活動を行う。

アロマや直傳靈氣を活用し、生活に月のリズムを取り入れる事で、
子供達と月を見上げる生活も手に入れる事に。
Return Top