月よみ -inner independence-

2018年ラストのブルームーンは明日!「特別な満月」あなたは誰とどんな風に過ごしますか?

1年に2回もブルームーンが見られる特別な2018年。次は11年後。

明日3/31 月は天秤座で満月を迎えます。
そして、明日は2018年2回目のブルームーン。

ブルームーンと言っても、月が青く見えるわけではありません。

月が青く見えないのになぜブルームーン?
そもそもブルームーンってなんなの?
そんなに大騒ぎすること?

イメージだけはできますが、実際にどんな月なんだろう。
説明できるようでできない、そんな「ブルームーン」

今日はそんな疑問にお答えすべく、明日3月31日に訪れる「青くない2回目のブルームーン」についての情報をお伝えしますね。
この記事を読んで、明日3月31日ブルームーンの1日をあなた自身の「特別な1日」にしていただくきっかけにしていただければ嬉しいです。

次に訪れるのは11年後・特別なブルームーン!?

2018年は1月31日にもブルームーンがあったので、最近よくブルームーンという言葉を目にすることもあったかと思います。
この時の月は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」なんて呼ばれていました。

しかし今年2回目のブルームーンもなかなか珍しい存在。
何が珍しいのか?まずは今後見られるブルームーンの日付を見ていきましょう。

2018年1月2日・1月31日
2018年3月2日・3月31日
2020年10月2日・10月31日
2023年8月2日・8月31日
2026年5月2日・5月31日
2029年1月1日・1月30日
2029年3月1日・3月30日
2031年10月1日・10月30日
2034年7月2日・7月31日
2037年1月2日・1月31日
2037年3月2日・3月31日
2039年12月1日・12月30日
2042年8月2日・8月31日
2045年5月1日・5月31日
2048年1月1日・1月31日

さて・・・なんだか結構頻繁に訪れますよね。

しかし、ここで注目してみたいのが1年の間に2回もブルームーンがある年というのはかなり珍しく。
次にこの機会が訪れるのは11年後の2029年!

​ブルームーンのサイクルの上においても、今年2018年の2回目のブルームーンである明日はかなりスペシャルな1日と言えるかもしれません。

2通りある「ブルームーン』?その意味とは?

ここでお伝えしているブルームーン。

現在の日本でこの言葉を使おうとする時、
「ひと月のうちに満月が2回ある」現象
のことを指しているときと
「ひと月のうちに満月が2回ある、その2回目の満月」
のことを指しているときがあります。

2018年3月はすでに2日に一度乙女座で満月を迎えています。
なので明日の天秤座で迎える満月は2回目の満月。
明日はまさに「ブルームーン」と言える1日な訳です。

​​青くないけどブルームーン、さてどうして?

さて、ここで出てくる疑問というのは
「なぜ青くないのにブルームーン?」
ということ。
​​
そもそもこの記事を読んでいただいているみなさん、
「青い月=blue moon」という名前の通りに
青く見える月というのを見たことがある方はいますか?

おそらくほとんど、「青い月」を見たことがある方はいらっしゃらないのではないでしょうか。
実際に月が青く見える現象というのは確かにあります。

その昔、1883年にインドネシアのクラカタウ火山の噴火後、約2年間「日没は緑に、月は青に変わった。」と言われています。

このように火山の噴火や隕石の落下によって発生するガスや塵の影響でこれを通過する光の色が変わる現象を「ラマン現象」と呼び、その結果月が青くなる現象は実際に発生するようです。

​しかしそれはとても珍しいことで滅多に見られるものではない。

そこでこのブルームーンという言葉自体が「きわめて稀なこと」「決してあり得ないこと」と言う意味を持つようになり、19世紀半ばには「Once in a blue moon」という熟語が生まれました。
「めったに起こらない特別な出来事」という慣用句として使われるようになったのです。

そう、明日は月のサイクルにおいては「滅多に起こらない特別な1日」の日なのです

この特別な1日、ブルームーン。実は勘違いから生まれた?

さて、「青い月」が珍しいことを表しているという意味はわかりました。

それではなぜ
「1ヶ月に2回満月がある現象」だったり、その「2回目の満月」をブルームーンと呼ぶようになったのでしょうか?

一説には、天文雑誌で紹介するときに誤った認識で紹介されたものがそのまま広まったと言われています。
いわば勘違いから生まれたのが「ブルームーン」だと言われているのです。
しかし実際に1ヶ月に2回も満月が訪れる出来事が「珍しい」「特別」なものだというのもまた事実。

1ヶ月に2回目の満月、さて何に「感謝」を向ける?

月のリズムにおいて、
・新月は、爆発的な成長力を
潜在的に備えたエネルギー

満月は、それがなんらかの
形になった結果
を表すと言われています。

なので、
新月には、願いを、
満月には、感謝を、
このサイクルが月のエネルギーを味方につける秘訣。

そんな満月を1ヶ月に2回も迎えることができる。
であれば、
明日1月31日のブルームーン、「日頃目を向けない部分に感謝を向けていく」1日としてみるのはいかがでしょうか?

・いつも自分のことで精一杯
・照れ臭くて身近な人に感謝の気持ちが伝えられない
そんなあなた。

ぜひ明日は「日頃感謝をしている周りの人に感謝に気持ちを現実に表してみる」1日としてみましょう。

そして
・いつも周りの人の空気ばかりを読んでしまう
・自己肯定感が低い
そんなあなた。

ぜひ明日は「自分自身に感謝をするために自分が一番喜ぶ行動をしてみる」1日としてみましょう。

満月は「現実化」のエネルギー。
普段はできない「特別」な感謝を表に表すには最適な1日です。

どうかあなたにとって「滅多に訪れない特別な1日」になりますように。

ライタープロフィール

中野由美
「一人の女性を応援することで、
その何倍もの人同士の出逢いが広がる。
その出逢いが人生の宝物となる」
をモットーに、
女性の個人起業主をサポートするWEBライター。

千葉県生まれの埼玉県育ち。
趣味はパソコンで猫の動画を見ること。
好きなものは、酒の肴になるもの、スマホの新機種、蛯原あきらさんのイラスト。

現在1児のシングルマザー。
Return Top