月よみ -inner independence-

貴女の身近にもある ムーンパワースポット

月よみ師がオススメする女性の心に寄り添う神社

月よみ師ムーンライフクリエイターイマクミさんこと今井久美子さんがご紹介されていて、
月よみ師だけでなく女性のあいだでブームになりつつある
「阿佐ヶ谷神明宮」
http://shinmeiguu.com/


東京を横断する様に走っているJR総武線の阿佐ヶ谷駅から歩いて5分の好立地な場所にあり、天照大神と月読命そして須佐男命をお祀りしています。

4月1日、ついたち参りに伺ってきましたのでご紹介したいと思います。
月よみ師としては、元来の朔日(ツイタチ)である新月、若しくは満月に伺いたかったのですが、ここは西暦カレンダーの1日に・・・。
桜吹雪が舞い散る、カラッとしたお天気の中、お宮参りで参拝されているご家族が沢山いらっしゃいました。

整った綺麗な空間

神社に詳しくはありませんが、「整った綺麗な空間」この感覚はどの神社でも感じるものではありません。(個人的感想です)
大鳥居をくぐり手水を通り右手に能楽殿があるのですが、こじんまりとして綺麗で整っていました。


夏にお神楽や秋のお祭りの時など、ここで舞が見られたら素敵だろうな・・・。
春だというのに一気に夏の匂いを感じます。(本日気温は25度)
神門とくぐると拝殿はすぐそこにあります。

菊の御紋ってそれだけで気持ちが引き締まりますね。
ああ日本人なんだな~って感じる瞬間です。

女性の参拝客が圧倒的に多く感じます。

いつもの様に二礼二拍手をし、畏み畏み申し・・・と心を整えて帰るつもりでしたが、
「八難除」という文字にスルっと引寄せられ、厄年でもありませんがお願いしてみる事に致しました。

「八難除」とは?

阿佐ヶ谷神明宮では、八難除(はちなんよけ)とは、全国で唯一、当神明宮だけが行っている御祈祷方法です。
年齢から来る厄年の災い(厄除)、方位や地相・家相を犯したことに起因する災い(八方除)、火や水や人の災い、因縁から来る災いなど、現世に数多ある災難厄事総てを取り除く御祈祷です。

その内容は古来より伝承された儀式と祝詞により、これら災いごと(八難)の総てをお祓いし、御祭神である八百萬の神々の中心・天照大御神様のご加護をいただく。
そして皆様の人生が素晴らしいものになるよう誠心誠意ご奉仕申し上げ、更に皆様方それぞれの祈願内容を神様に慎んでお伝え申し上げる招福の御祈祷を併せてご奉仕いたします。

八難除は古くより正五九参り(しょうごくまいり)などと呼ばれ、4ヶ月毎に御祈願することが正しいとされています。
特に方位を犯してしまった災は深いといわれ、年3回の御祈願を3年間繰り返す(九重参り)ことをお奨めしております。

また、厄年ではないときでも、
「家族に何かと災難が起きる」
「病気や事故が起きる」
「何をやってもうまくいかない」
などという場合も、八難除をお勧めいたします。

『神明宮HPより・・・』

だそうですよ・・・。

私は今年、厄年や八方塞がりではありませんが、2年前から最近まで
「八方塞がり」 「大殺界」 「申酉天中殺」
おまけに数秘術などでも動いてはならない年回りだった様で・・・
にも関わらず、「そんなの気のせいよ!」とばかりエネルギーと気の向くまま思いっきり動きまくっておりました。

そして昨年末に突然倒れてから、何か魂が抜けてしまった様な体験をしていました。

(ここからはファンタジーだと思って聞いてください)

明治神宮前にてすっ転び、それこそ「君の名は」ではありませんが魂が入れ替わってしまったような、
何かが抜け出てしまった様な
自分の体と心が一致しない様な、
器に入ってる物の間に隙間があるというか。
う〜む、兎に角うまく言えませんが、
今までの私では考えつかない様なことや感情に振り回される毎日で俗にいう躁鬱の様なおかしい状態でした。

だからかなぁ~「八難除」って文字に引き寄せられたのは・・・。
なんて思いつつ、「八難除」お願いして参りました。

早速手を清め「白い羽織」をお借りしてちょっと緊張し始めましたが

 ご一緒したお宮参りの可愛いご家族と共に、降臨殿待合室で待っている間、和三盆の落雁を頂きほうじ茶で緊張もほぐれました。

さていよいよ御祈祷の始まり扉が開いた瞬間、
「うわぁ」
と小声が溢れてしまうほど神聖で綺麗で、まるで源氏物語の中に入った様な感覚になりました。


(こちらの写真はお借りしました)

大幣でしゃらしゃらとしてお祓い下さる時も、
神主さんが祝詞をあげて下さる時も、
少し頭を下げていたので気配ですが、そこには小さな妖精というか、モニョっとした何かがおられました。(個人的感想です)

御祈祷を終え降臨殿を出て、本殿へと向かいました。


真ん中に天照大神
右に月読命 左に須佐男命はお祀りされておりました。
お参りできた感謝をお伝えし、すっと風を感じ、最後にお札を頂いて厄払いは終了です。


お札の他にもこんなに沢山頂けるとは、ちょっと得した気分になりました。(笑)

境内にはお茶屋さんもあり、ゆったりと時間が流れておりました。

女性の心を鷲掴みな「神むすび」

さて!阿佐ヶ谷明神宮のオリジナルでワクワクしてしまうお守りといえば
この「神むすび」


ミサンガの様に腕に巻いたり、バッグのチャームにしたり。
とにかく可愛いのです!

普通のお守りってちょっと若い女性がバッグに付けにくいじゃないじゃないですか?

小学生の時にはランドセルにお守り付けてても良かったけど。
・・・そういえば最近見ないな。

この「神結び」は、その季節ごとに限定デザインがあるのです。
桜が散るまでは「桜」があり、次の季節は「紫陽花」だったり、十三夜からは月うさぎが付いていたり・・・。
何より「可愛い」のです。ついつい大量に購入してしまいたくなるのです。

そして「あの人にはこの色でしょ!」とか「この人に買ったら喜ぶな・・・」とか、テーマパークのお土産ばりに楽しくなっちゃうのです。
女性は大好きでしょ!幸せのお裾分け、と 「可愛いい!どこで買ったの?」 と聞かれること。

センスも良くて、自慢もできちゃう。そして神様とご縁を結んでくださる・・・。
なんて素敵なお守りなのでしょう。

ライタープロフィール

きゃさりん 月よみ師®
スピリチュアル・コンシェルジェ、月よみ師®︎
数多あるスピリチュアル・占術などからその方の「人生の基本設計」を読み解き最適なものをキャッチアップしご案内しています。
1972年4月、福島県会津に、アルビノ(先天性白皮症)として 金髪、真っ白な肌、ブルーグレーな瞳という個性を持って生まれる。
2016年それまで全く興味のなかったスピリチュアルな世界に引き寄せられ、 気がつけば、森羅万象のソウルと繋がる修業に入る。
月よみ、やまと式数霊術、ソウルリーディングの他に リフレクソロジストとして15年以上キャリアを持ち、クライアントの身体の声を聞き取る特徴をもつ。
太陽星座:牡牛座 月星座:蟹座 上弦当日生まれの好奇心旺盛 変態好き
Return Top