月よみ -inner independence-

『こんなに頑張っているのに何故うまくいかないんだろう?』それは、あなたの中の『ツキ』に気づいていないのかも。

生活に月を、
人生にも月を

そんなメッセージをお届けする月よみ師、
今井久美子です。

4月も後半に入り、新生活には慣れてきたでしょうか?
それともまだ緊張した毎日の中でカラダも心も頑張っていますか?

季節が春へと移り暖かくなってきて、
新生活の緊張とで自律神経が不安定になり
妙に眠かったり、だるく感じたり、
やる気出したいのにカラダと心が追いつかない。。。なんてことも。

月の動きはどうかと見ると、
4月16日はおひつじ座新月でした。
3月21日の春分の日(宇宙元旦)から初めての新月です。

12星座のトップバッターであるおひつじ座新月は、
今年もいよいよ本格的にスタートしますよ!というサイン。

この月よみマガジンに目をとめて下さる方ならもうご存知ですか?

新月に願いを
満月に感謝を

4月だから頑張ろう!新月だし色んなことをお願いしちゃえ!と
無理やり張り切って空回りしていませんか?

今日は、月のリズムとあなたのリズムを仲良くさせるヒントをこっそりご紹介します。

引き寄せているのはラッキーだけとは限らない!?


数年前から言われている『引き寄せの法則』
そこに、『新月の願いごと』。
先日の新月で皆さん願いを書いたり、イメージしたりした方も多いはず。

最近は新月の願い方にも色々な方法が言われていて、
どれが正しいのか?守るべきなのか迷うところです。

私も5~6年前から新月に願いごとを書いています。
最初の頃は単純に『~~なりたい』とか『~~してください』と書いていた記憶があります。

ですが、今では『~~を意図します』と書くようになりました。

この『意図します』は、月星座など月と言ったらkeikoさんからのもの。
私もkeikoさんの本を読んで月の情報を知りました。
ご存知の方も多いかと思います。

最初の頃、言われるがまま書いていたのですが、普段自分が使わない言葉なので違和感がありました。
月の学びの中で、度々この『意図』という言葉に出会うタイミングがあり
『意図する』言葉の重みや決意が理解できた時、
願いに意志が宿るのだなぁと理解しました。

このように情報を情報として真似をしているだけでは、引き寄せるのも弱くなります。
それでは叶うはずもないのです。

しかもその願い方、言葉に込めても潜在意識がネガティブだったりしてませんか?
するとそのネガティブを実現させてしまうことも。

なんてことでしょう!
じゃあどうしたら夢をかなえたり、計画を立てたものを成功させたり出来るのでしょう?

そこはやっぱり『月のサイクル』を上手に生かすのが賢いやり方だと思うのです。

月の使者といわれる上弦と下弦の月。今こそハーフムーンに注目

ハーフムーンとは、半分のお月様のことです。

この半分のお月様は月の満ち欠けの中で2回起こる現象を指しています。
一つは上弦の月と呼ばれ、もう一つは下弦の月。
まずここでその区別が難しいってなりますよね。

知ってる方にとっては当たり前でも、知らない方にとっては頭の中で?が飛び交います。
そこで興味が沸いてワクワクするかどうかが分かれ道。

言葉は知っているけど、見分けはできない。

そもそも上弦、下弦で何がどう違うの?

こんな声が聞こえてきそうです。

まず確認すると、新月から三日月→上弦→満月→下弦を過ぎて、
再び新月になるまでの周期を『朔望月』といいます。

上弦の月は、新月から満月に向かう途中での半分のお月様だということ。
月が満ちていく途中の半分の月から上弦の月はプラス(+)の作用があり
そこから『引き寄せ』の力が多く働くと言われています。

では下弦の月はというと、満月から欠けていく途中の半分のお月様になるので
こちらは欠けていくマイナス(-)の作用が強まるとされ、『手放し』の時期と言われる所以です。

ミラクルを起こしたいなら、このハーフムーンの力を上手に生かす


新月に願いを叶えたら、そのまま満月まで待っているだけなんてもったいない。

その前にしっかり願いを明確にして月と一緒に満月(完成、成就)させる。
そこを意図して、是非新月から一週間後の上弦の月の頃に一度行動を見直し、引き寄せるための行動を起こしてみませんか?

例えば、新月から満月へ。そこからまた新月になったから、思い出したようにまたお願いことを月にしていませんか?
満月過ぎて感謝して下弦の月の頃からすこしずつ自分の持っている情報や人間関係、物など整理整頓してスペースをつくってみることをオススメします
自分の中の俯瞰力が試されますね。

月のその満ち欠けという流れにもテンポがあります。
月のリズムと、自分のリズムを呼応させて自分だけの人生の質を上げていく。

そんな月の活用法を今日はちょっとお伝えして見ました。
参考になると嬉しいです。

月の+-の法則で人生クオリティーアップ

月を生活に取り入れていく中で+-のリズムは欠かせません。

この月の満ち欠けのリズム、月の形(月相)が大きく関わっています。

それを上手に生かす方法(セルフケア)を実際学ぶ講座、私はこちらで講師を担当することになっています。

その名も、
月よみセルフケア連続講座

月を味方につけて、ツキを呼び込む人生を始めましょう。
こんなキャッチコピーで4月11日、12日より大阪、東京で既に講座がスタートしています。

この6回コース、単発で講座を受けて頂くことが可能です。

3回目、5月10日㈭が、私の担当する講座です。
【月の+-の法則で人生クオリティーアップ】
それでは、今日ここからの月の+−を見てみましょう。

★4/23(月) 06:45 獅子座上弦の月 引き寄せ
★4/30(月) 09:58 さそり座満月  感謝
★5/8(火) 11:08 みずがめ座下弦の月  手放し
★5/15(火) 20:48 おうし座新月 願い

今日からすこし上弦の月、下弦の月を意識して見ると変化を感じて頂けるかも。
是非講座の会場で直接この一ヶ月の月のリズムをシェアしたいです

月よみは、こうであるというより宇宙の叡智、先人の知恵。
忙しいこの時代に、自分のリズムを取り戻していくとそれこそツキを呼び込みます。
私と一緒に月をクリエイトしてみませんか!

月よみセルフケア連続講座でお待ちしています。
月よみセルフケア連続講座の詳細はこちらのページでご確認いただけます。

ライタープロフィール

今井久美子 月よみ師®
フィットネスインストラクター歴33年

1987年エアロビクス日本一

「エアロビクス」に魅了され、当時社長秘書だった仕事も辞め、以降33年フィットネスの道へ。

1987年にはエアロビクス日本一に。
実績を買われ、その後フィットネス普及のため全国行脚。
子供から高齢者、障がいのある方々などありとあらゆる皆様とともに指導経験を重ねる。
月との出会いによって、ドンドン自分が統合され 月(ツキ)を味方につけて人生の流れにのるコツを発見。
【生活に月を、人生にも月を】
今後はMoon LIFE クリエーターとして月の在りかたを伝えていく。

月と同時期に興味を持ち出したフラダンスは家族三人(夫と娘)との共通の趣味。
Return Top