月よみ -inner independence-

明日は「感謝」の満月。でもその「感謝」、義務感だったり、曖昧なものになっていませんか?

明日は射手座満月
5月29日(火)23:20 月は射手座にて満月を迎えます。

満月と言えば「感謝」とこのサイトでは良くお伝えしておりますが、感謝という言葉で貴方はどんな事を想像しますか?


​「感謝すると良い事が起きる」
「何事にも感謝しなきゃ」
「ありがとうを100回言うと良い事が起きる」
などなど・・・。感謝一つとっても様々な感情や感覚やその捉え方が有るかと思います。

そもそも感謝とは溢れ出るものであって、無理に言葉で「感謝」とか言ってみてもそれこそ本当に心からそう思っていなければ、
心からそう感じていなければ、
エネルギーは逆に作用していくのではないかと思います。

だがしかし!

毎日いい事ばかりではありませんし本気で感謝できる事ばかりではありません。

人間は習慣の動物でもあります。
今回は「感謝を習慣化」してしまう「六方拝」について書いてみようと思います。

お釈迦様の『六方拝』とは?

お釈迦様は東西南北と天地の六方、すべてに感謝しなさい、
我々人間は、生きているのではなく、生かされている事に気づけと説いておられます。
それが「六方拝」です。

六方に感謝することで、脳の扁桃核が『快』の状態となり、神羅万象すべてのパワーが自分を応援してくれている気持ちになれます。


六方拝にはそれぞれの方向に感謝する対象が決まっています。

に向かって、両親、先祖、子孫に感謝。
西に向かって、夫妻、家族、親戚に感謝。
に向かって、先生、師匠、弟子、許せない人に感謝。
に向かって、友人、同僚に感謝。
に向かって、太陽、月、大自然に感謝。
に向かって、大地、動物、植物に感謝。

それぞれの方角をむいて、心の中に色んな人の顔や
風景を思い浮かべながら「ありがとう」と感謝をしていきます。

私は「ツキの大原則」の著者西田文郎先生のお話で六方拝を知りました。
西田先生は寝る前に六方に感謝してから眠ると心が豊かになると仰ってました。


私達はその場、その時に恩恵を受けるというよりも、自分が気づいていない時や物や人から恩恵を受けていることの方が遥かに多いのです。
六方拝で感謝する全てのものは、今日の貴方がある為にどれも欠かせない物だったと言う事を思いださせてくれます。
だから1日の終わりに今日の感謝を、全てに行ってみると、穏やかな眠りにつくことができるでしょう。

「六方プラスワン」のすすめ

そしてもう一つ「自分への感謝」を加えさせて頂こうと思います。
一番身近で誰よりも頑張って支え応援してくれているのは他でもない自分です。

六方拝とその中心に大事な大事な自分を置いて、
誰よりも一生懸命今日を生きてきた、めちゃくちゃ頑張った、全力で頑張った、
ちょっと上手く行かなかった、それでもそんな自分丸ごと、感謝の心で
全力で褒めてあげましょう。


毎日習慣にしてしまえば勿論最高ですが、疲れて忘れてしまう事もあります。
そんな時はやはり満月パワーにあやかってみましょう。

明日は満月。
さあ今夜から練習練習!早速始めてみましょう。

ライタープロフィール

きゃさりん 月よみ師®
スピリチュアル・コンシェルジェ、月よみ師®︎
数多あるスピリチュアル・占術などからその方の「人生の基本設計」を読み解き最適なものをキャッチアップしご案内しています。
1972年4月、福島県会津に、アルビノ(先天性白皮症)として 金髪、真っ白な肌、ブルーグレーな瞳という個性を持って生まれる。
2016年それまで全く興味のなかったスピリチュアルな世界に引き寄せられ、 気がつけば、森羅万象のソウルと繋がる修業に入る。
月よみ、やまと式数霊術、ソウルリーディングの他に リフレクソロジストとして15年以上キャリアを持ち、クライアントの身体の声を聞き取る特徴をもつ。
太陽星座:牡牛座 月星座:蟹座 上弦当日生まれの好奇心旺盛 変態好き
Return Top