月よみ -inner independence-

梅雨の風物詩!?低気圧不調・運動不足・・。夏至直前の乙女座上弦の月のエネルギーと一緒に5つのセルフケアを!

ヨーロッパでは太陽の恵みを祝福する「夏至祭り」の時期

早いもので2018年ももうすぐ折り返し地点ですね。
いよいよ明日は夏至です。

一年で最も日照時間が長く、太陽のパワーが最高潮になる夏至。
太陽を基準とした暦では、最も重要な節目のひとつです。

そのため、主にヨーロッパを中心に世界各地で祝祭が行われます。
太陽の熱は、四元素では火に相当します。
ケルトやゲルマンの夏至祭りでは、太陽への感謝とそのパワーを降ろすために、大きな篝火を焚きました。

また、この時期の植物は太陽のエネルギーが最も込められているとされ、昔から、夏至当日や前日にハーブを採取し、植物療法に役立てられてきました。
夏至前夜には、草木の世話を活発にしている妖精に出会いやすくなる、なんて言い伝えもあります。
それだけ植物は、燦然と輝く太陽の生命力を人間に移してくれる仲介者として、人々の生活に密着していたのですね。

一方日本の夏至は日光不足になりがちな梅雨の時期

三重県の伊勢市の二見浦にある「夫婦岩」では、夏至の日の朝、ちょうど岩の間から朝日が登るということで、厳かな夏至祭が開催されます。


しかし、日本では「夏至祭り」というのはあまりメジャーではないような気がしますね。
日本では夏至の頃は「田植え」と「梅雨」が風物詩です。
田植えの時期で多忙なことも「祭り」が少ないことと関係しているかもしれません。
「水の張った稲田」と「梅雨」。

日本では夏至の頃は火というより、水のエレメントが活発です。
一年で最も太陽エネルギーが高まる時期のはずが、あまり太陽の顔を拝めないんですよね。
梅雨時には体調を崩しやすくなると言われますが、この日光不足も心身の不調の原因の一つになります。

そこで梅雨に負けないための本日おすすめのセルフケアについてご紹介させていただきますね。

今日は乙女座の上弦の月。本来は夢や憧れにチャレンジするタイミングです。

本日は19:51乙女座で上弦の月を迎えます。
物事が発展し、順調に進みやすい時です。
昨日から逆行を始めた海王星と相まって、今まで先延ばしにしてい夢や憧れに着手できるタイミングになります。
またケルトの暦でも、この時期はオーク(樫・ナラ)月と言われており、成功のためのあらゆる条件を満たしていくことができます。

やればやるほど手応えがあり、結果につながりやすい時ではありますが、じめじめしとしと梅雨のど真ん中…。
乙女座の繊細さが裏目にでると自律神経に影響がでやすいことから、今ひとつやる気が起こらないなんてことがあるかもしれません
恵みの雨に敵対するわけではありませんが、梅雨に負けずに宇宙の流れにのるには、どうすれば良いのでしょうか。

おすすめの過ごし方を5つご紹介いたしますね。

梅雨の乙女座、おすすめセルフケア

◎規則正しい生活を心がける

雨の日や低気圧が続くと、副交感神経が優位になるため、身体がリラックスした状態になります。
本来活発に活動するべき日中でも副交感神経が優位になるため、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかなくなります。
その結果、自律神経が乱れやすくなってしまうのです。
早寝早起き、規則正しい食事を心がけ、自律神経を整えましょう。

◎朝日を浴びる
太陽を浴びる時間が少ないと、人は精神を安定させる脳内物質であるセロトニンの分泌量が減り、心のバランスが崩れやすくなります
雨が降っていない時はなるべく戸外に出て、太陽の光を浴びましょう。
特に朝日を浴びると、メラトニンという体内時計を助ける脳内物質が出やすくなりますので、規則正しい生活を送るのに役立ちます。

◎運動をする
副交感神経が優位になると、血圧がさがり、体全体の酸素量も減ります。くもりや雨の日は何となくだるかったり眠くなるのはそのためです。
お天気の悪い日こそ運動をして、体内に酸素をたくさん取り入れ、体温を上げましょう。
上限の月の期間は、やればやるほど手応えがあります。
また月星座に対応する部位をその期間にケアすると、他の日にケアするより倍の効果があると言われています。

乙女座に相当する部位は、小腸、大腸、十二指腸などの消化器官、横隔膜や太陽神経叢。
ウエストやお腹周りなど、女性らしいイメージに直接関わってくる部位ですから、盛夏に向けてボディラインを整えるにも良いタイミングですね。
足を椅子に乗せるなど、高く上げて腹筋をすると下腹部に効きます
膝を反対側の肩に引き寄せて、カラダをねじるように行う「斜め腹筋運動」は腸を刺激してくれるので一石二鳥ですよ。

◎バスタイムを利用する
運動が得意でない人は、お風呂でカラダを温めましょう。
朝、シャワーを浴びると交感神経が働きやすくなり、夜ゆっくりめのお風呂に入ると、副交感神経が働きやすくなります。
梅雨冷えの対策にもなります。
シャワーで胃やお腹周りを強めのシャワーでマッサージします。そのあと弱めのシャワーでもう一度マッサージします。

お風呂から出たら、オイルマッサージをします。
満ちていく上限の月の時期は引き締め効果のあるオイルを使ってください。
腹部を優しく時計回りにマッサージします。
梅雨時はむくみやすいので、足も一緒にマッサージしちゃいましょう。

お風呂の水もマッサージオイルも水のエレメントです。
この時期に一番活発な水のスピリット達に協力を頼む気持ちで行うと良いでしょう。

引き締め効果とむくみ解消効果を兼ね備えている代表的なアロマオイルは、サイプレス、サンダルウッド、ジュニパー、ゼラニウム、レモンなど。
中でもオススメは自律神経を整えてくれる働きのある「ゼラニウムです。「ラベンダー」も気持ちをすっきりさせてくれる万能選手です。
作りやすい分量は、中さじ(10ml)のキャリアオイルに対して精油2滴以下です。全身一回分くらいの量になります。

◎フラワーエッセンスを利用する

花や植物のエネルギーを転写したフラワーエッセンスは、心や在り方など目に見えない領域に作用します。
この時期のオススメのフラワーエッセンスは、夏至と関連付けられ「オーク」と、乙女座と太陽神経叢とも関連付けられる「セントーリー」です。
この2つを組み合わせることで、しっかりと地に足をつけ、主体性をもって行動することをサポートします。
また勇気と寛容さをもって夢に向かっていけることでしょう。

<お知らせ>
夢に向かってどんどん行動していけば行くほど、実りの得られるこの季節、お月さまのパワーを借りて、さらに加速させましょう。
満月の浄化のパワーの強い6月29日に、不要なものを手放すワークショップを行います。
オリジナルのフラワーエッセンスを作る体験もできます!
タイミングの合う方は、お会いできるのを楽しみにしています。

詳しくは、こちらをご参照くださいね。
https://ameblo.jp/prunella/entry-12384254030.html
https://www.facebook.com/events/327091234491403/

それでは、素敵なネイチャーライフをお過ごしください♡

自然界とあなたをつなくフラワーオラクルセラピスト
月よみ巫女 Yasmin

ライタープロフィール

Yasmin 月よみ師®
フラワーオラクルセラピスト

1973年宮城生まれの埼玉育ち。
桜の木からメッセージを受け取り癒されたことから、カウンセリングとフラワーエッセンス、フラワーセラピーヒーリングなどを組み合わせた活動を行う。

元地方公務員。在籍時は女性の人権問題や教育相談などに携わる。
出産後に「未来への怖れ」から体調を崩し、潜在意識と身体のつながりを痛感、心と体と魂の統合を志すようになる。

植物や自然のエネルギーの素晴らしさ、月のリズムを利用したセルフケアを発信し、
ただそこに在るだけで美しい月や花のように、1人でも多くの方が本来の自分自身の美しさを取り戻すことを目指している。

好きなものは、渓流歩きと温泉、猫と馬♡。
Return Top