月よみ -inner independence-

満月に向かうこの時に血の巡りを良くして 暑い夏の疲れをとりましょう。

こんにちは。
長野月よみ魔女のゆかりんです。

最近、疲れやすくて怠い
とか
寝つきが悪くて芯から眠れない
とか
低体温などの症状はありませんか?

梅雨の季節は、植物たちは雨の恵みにグングン成長して生き生きしていく季節です。
しかし一方で、この梅雨の季節、人間にとってはちょっとうっとうしい上に急な蒸し暑さに体調を崩される方も見受けられる季節です


月はあと二日で満月を迎えます。
上弦の月から満月瞬間までの時期を
満月プラス(+)期と呼びます。

この時に影響を受けやすい臓器は
「肝臓」です。

太陽は夏至を過ぎたばかりでこれから本格的な暑さがやって来ます
陰陽五行説でこの時期は、まさに「夏」です。
影響を受けやすい五臓六腑は、
「心臓」と「小腸」です。

「肝臓」 「心臓」 「小腸」に共通するものは
「血液」です。

特に「血流」です。

実は上に書いたよう症状には、あなたの身体の「血流」が影響していることがあります。
今日はこの時期だからこそ有効な「血流」をケアするとっておきの情報をお届けいたしますね。

ただ流れてればいいわけじゃない!重要なのは、「血液の質」と「血流」

小腸で造られた血液は、肝臓で分解、貯蔵、解毒、胆汁生成と分泌され心臓から全身に流されます。

それぞれとても大切な臓器ですが、血流が悪くなると冷え症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病を発症しやすくなります。

こういった状態まではみられなくても先ほど冒頭にあげたような
疲れやすさ
だるさ
寝付きの悪さ、
眠りの浅さ、
低体温、これらの症状にも影響していることもあるのです。

ここでイメージしてみてください。

・その1
サラサラの血液がスムーズに全身に流れてそれぞれの臓器へ栄養が運ばれ、ぽかぽかしている身体。
・その2
ドロドロの血液が時々詰まりながら懸命に全身に向かい中々末端までたどり着かず冷たくなっている身体。

ちょっと両極端かもしれませんが、大切なことは「血液」の質を良くして「血流」をスムーズにすることです。

夏に手に入りやすく、しかも血流のケアに最適なお野菜、「トマト」

夏は暑いです。「熱」ネツが語源ですから。
血液循環が活発で沢山の血液が使われるこの季節は、血管の中が脱水になりやすくて酸化もしやすいのです。

身体の中に熱がこもりやすいけど、冷やしすぎると血流が悪くなります。
中々バランスが難しいかもしれませんね。

そこでこの季節に「血流」を良くして身体の働きを助けてくれる食材をご紹介します。
それは、「トマト」です。


理由は、トマトに「リコピン」が沢山含まれているからです。

トマトといえば、リコピン。よく聞くけど実際にどんな働きがあるの?

リコピンとは、赤色カロチノイドの一種で脂溶性色素成分のことです。

*リコピンの効果
・βカロチンの二倍以上、ビタミンEの100倍以上の抗酸化力があります。
・血流の改善や生活習慣病の予防。
・悪玉コレステロール(LD L)が酸化するのを抑制。
・脂肪細胞の増加を防ぐ。
・美肌効果。
・血糖値の軽減、動脈硬化予防、がんの予防、喘息改善、美白効果など。

○活性酸素は、細胞を傷つけ生活習慣病や老化の原因をつくる物質

冷やしすぎに注意、効率的にしかも美味しくトマトをこの時期取り入れる方法

では、トマトをどの位どうやって食べていくことが効果的なのかをお伝えします。

1日大きいトマト2個(リコピン15mg)が理想ですが、中々毎日生のトマトをこれだけ食べることは大変ですね。
そこで、加熱(加工も含む)して食べていただくことをオススメします。

理由としては
・水分が抜けて沢山まとめてとりやすい。
・加熱しても栄養素は変わらない。
・料理の方法で食べ方のバリエーションが増える。

加熱して食べる方法
・トマトソース。
・トマトピューレ。
・トマトソテー。
・スープやお味噌汁に入れる。
・グラタンやピザなどのトッピング。
・トマトジュースなど。

ここでもう一つお伝えしたいポイントとして

・トマトを食べる時に有機ミネラルを含む塩気のものと組み合わせる。
一緒にとることで栄養バランスが整いやすく味も美味しくなります

例えば、自然塩、お味噌、お醤油などです。
塩気を効かせたドレッシングもいいですね。

・冷やしすぎたトマトを取りすぎない!
身体の芯まで冷やしすぎないように注意しましょう。

せっかくリコピンを多く含んでいるトマトだとしても、体温を下げすぎてしまっては効果も半減です。
「トマト」を取り入れた食べ方の工夫をして「血液」の質を上げて、「血流」をスムーズにしましょう!

尚、トマト以外でリコピンを含む食材は
スイカ、グレープフルーツ、さくらんぼ、柿、金時人参、赤パプリカ、ローズヒップ
などがあります。

取り入れやすいところからやってみませんか?
夏の暑さを上手に受けとめて快適にお過ごしください。

ライタープロフィール

石井ゆかり@月よみ師
ココロとからだを温め魂が輝くをテーマに「かり~にゃ」を主宰。
野草や黒焼き玄米茶、マコモなどの植物を取り入れた生活の提案と
テルミー温熱療法や爪ケアの血の道療法を提供している。
築130年の古民家での月よみ体験プログラムやリトリートを開催している。
長野県伊那市在住、元看護師。
Return Top