月よみ -inner independence-

感情を完結させて、新しい世界への扉を開く

28日は満月でしたね。
満月は物事が形になる
パワーがあります。


6日の下弦の月までに、
どんな事が形になったのか、
もしくは、
どんな事が形にならなかったのか、
ぜひ意識を向けてみてください。

ただ単に、
新月にお願いしたのに 叶わなかった。。。
という単純な捉え方ではなく、
その現象が起こった時の
自分の感覚や感情を
しっかり感じてみてくださいね。

お月さまからのメッセージを
伝えていらっしゃる
片岡航也さんによると、
7月のキーワードは「完結」 だそうです。

ここで大切なことは
「終わりを整える」 ということ。

それは、
綺麗に終わらせる
ということではなく、
「引きずることのないよう
やりきる」 ということ。

事実は事実として認識し、
その事に対して
湧き上がる感情は
しっかりと味わい、
完了させることが大切です。


ちょうどこの満月の期間は、
具体的に形になる期間ですから、
結果によって、
色々な感情も伴うかと思います。

それを止めずに感じきってみましょう。

そして次に来る下弦の月。

この時期は整理するのに
ピッタリな時期ですから、
感じた感情を整理して
もう一度振り返ってみてください。

感情を無視せず
きちんと感じきることで、
時間が経つと
物事を違う角度から
捉えることができたりします。

そうすると、
意外なところが見えて来たり
気づきがあったりするものです。

気づくだけで、
あなたのいる世界は 変わります。

ちなみに私もこの満月期に
色々な事がありました。

私はもうすでに
分析を始めてたのですが、
ある意味願い事が
叶わなかったことが
私にとってとても
プラスになる意味があることだった
という気づきもありました。

感情に引きずられていたら
見えなかったことだと思います。

その場で感情を感じきり、
そこで感情を完結させて
振り返ったその先に、
新しい世界があるような感覚でした。

ぜひお月さまのエネルギーを活用して、
新しい世界の扉を
開いてみてくださいね。

ライタープロフィール

高橋 恭子 月よみ師®
北海道函館市にて、株式会社リード不動産を経営。
経営の傍ら、人との繋がり、地球との繋がりを意識し、
本来の自分へと還ることを目的としたイベント、
ガイア・ヴィレッジを主催。
公私ともに、
人と自然との繋がりから全てが生まれ、流れている
ということを経験し、
今までの社会、ピラミッド型の支配構造ではなく、
輪になる横繋がりの大切さ、
自然と共に暮らすライフスタイルを
仕事やイベントを通して伝えている。

ガイア・ヴィレッジのイベントでは
参加者全員が同じ目線でひとつの輪になること、
全員が自分自身を表現すること、
助け合い、与え合うという関係を表現し、
感動を呼び起こした。

月よみ師®
魔法の質問カードマスター
2級エクステリアプランナー
北海道ガーデニングマイスター
宅地建物取引主任士

ブログ:ガイア・ヴィレッジブログ
Return Top