月よみ -inner independence-

<近い存在だからこそ、うまくいかない。そんな時、月星座で知る親子関係をうまくいかせる方法vol.10> 月星座しし座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子までの場合

暑い7月がやってきました。
今月後半には子供たちの待ちに待った夏休みが始まりますね!

ウキウキしている子供たちに対して、「ずっと顔を突き合わせているのか・・・。」とか、「最近子どもたちとうまく行ってないし、1か月半も憂鬱だわ」と思っている親御さんもいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、この月webマガジンを読んで、親子関係をご機嫌なものにしましょう!
一緒に過ごす時間が長くなる夏休みが楽しみ!
そんな風に親子でお互い思いあえるといいですね。

夏を楽しむ、人生を楽しむ星座と言えば!
ご存知の通りしし座です。

今月はまるで夏休みを体で表現しているかのような月星座しし座。その月星座しし座の親と子供の関係を見ていきましょう。
それでは、今月の月星座で見る親子関係アドバイスです!

これまでの月ウェブマガジンでは
Vol.1月星座おひつじ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座かに座まで
Vol.2月星座おひつじ座の親×月星座しし座の子~月星座うお座まで
Vol.3月星座おうし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.4月星座おうし座の親×月星座しし座の子~月星座うお座の子まで
Vol.5月星座ふたご座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.6月星座ふたご座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.7月星座かに座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.8月星座かに座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.9月星座しし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
をご紹介いたしました。

今日は第10回 月星座しし座の親の場合後半です。今回は
月星座しし座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子までの場合>をお送りいたします。

まずは、ご自分とお子さんの太陽星座、月星座を確認してみましょう。
確認方法はこちらから

確認できましたか?
それではまずは、月星座しし座の親の特徴から!

月星座しし座の親の特徴

・華やかである
・人生を楽しむ天才
・ドラマチックなことが大好き
・なぜかいつもみんなの中心にいる
・でも意外と寂しがりや
・人からどう見られているか気になる

では今月の月星座が教えてくれる子供も私もご機嫌で過ごす秘訣を!

しし座の親×てんびん座の子

しし座の親とてんびん座の子供。この二人は火と風ですが、とてもよく似ています。
二人の共通点は、「相手を喜ばせたいと思う気持ちが強い」ということ。
「人からどう見られているかということをとても気にする」ということです。
共通点の多いしし座の親とてんびん座の子ども。

しかも、火と風ですから、お互いのバランスが合えば、申し分ないほど仲が良い組み合わせとなります。
しし座の親の安定した火のエネルギー(愛情)で風のてんびん座の子は安定した状態で、自由に飛び回ることができます。
また、てんびん座の子供が持ってくる新しい情報、人間関係はしし座の親の火を燃え立たせる格好の燃料となり、火をずっと燃やし続けることができるのです。

とっても仲の良い、しし座の親とてんびん座の子。
二人の違いは人間関係をどう調整しているかということ。
しし座の親はみんなのリーダーとなり、引っ張っていくことで、人間関係をうまく保とうとします。
それに対して、てんびん座の子供は、周りの人の意見をよく聞いて、自分の気持ちは押し殺してでも、人間関係を良くしようとしていきます。

しし座の親は自分の気持ちを押し殺すということがあまりないので、てんびん座の子供が自分の気持ちを押し殺してまで、親に合わせようとしていることに気が付かない時があります。
自分が我慢することが続きすぎるとさすがのてんびん座の子も感情が爆発してしまうので、そうなる前に。
「うちの子、私と仲良しだけど、本当の気持ちをちゃんと出せているかしら?大丈夫?本当の気持ちを聞かせて」と腹を割って、話をする機会をできるだけもうけましょう。
仲良しの親子がさらに仲良くなっていきますよ。

しし座の親×さそり座のこども

火と水の組み合わせの親子です。
火は水によって消されてしまうし、水は火によって蒸発させられてしまう。
よい親子関係を築くにはほどほどの「距離感」が大事になってきます。

月星座さそり座の子供の特徴は、感情をあまり表に出さないこと。
一人の人と何も言わなくてもわかりあえるような関係を築くこと。
こうと決めたら、ひたむきにやり続けること。
明るくて、感情が表に出やすい、しし座の親からすると、感情を表に出さにさそり座の子どもは「何を考えているかよくわからないわ」とちょっと扱いが難しいなと感じるところがあるかもしれません。

でも、大丈夫。
先に述べたさそり座の子供の特徴をいつも、心において接しましょう。
特にさそり座の子には「あなたが一番大事」というメッセージを送り続けることがとても重要です。
伝えるときは、言葉だけでなく、ぎゅっと抱きしめるというほうがもっと効果があります。
さそり座の子は「あなただけが大事」というメッセージをいつもいつも待っているのです。

さらに付け加えるならば、一つのことをやり遂げるのが得意なしし座の親とさそり座の子。
同じ習い事などをして、一緒に頑張るという体験をたくさん積み重ねていくとよいでしょう。
「一緒に時間を過ごす」「一緒にいる」ここのポイントをしっかり押さえて、なおかつ適度な距離。
「干渉し過ぎない」等を心がければ、よい関係が築けるはずです。
「もっと、外に出て、いっぱいの友人を作らないと!」と追い詰めないでくださいね。
さそり座の子にとって必要なのはたった一人の人との密な関係なのです。

しし座の親×いて座の子供

人生は楽しまなきゃ損!やるからには一番を取りたい!
共通部分が多く、とても相性の良い組み合わせです。
しし座の親の提案したことを、果敢にしかも楽しそうにチャレンジしていくいて座の子。

子どもが楽しそうにしている。
喜んでいる姿を見る。
親にとってこんなにうれしいことはありません。
普通の子だったら、プレッシャーに感じるようなことも嬉々として1番を目指していくでしょう。
しし座の親にとっては頼もしい限りですよね!

ただ、いて座の子供は飽きっぽいのが難点。しし座の親のポリシーとして、自立を目指す。助けを求められるまでは手を出さないという人が多いのですが、相手がいて座の子の場合。
そのポリシーには目をつぶりましょう。
いて座の子には,伴走して、応援してくれる人が必要なのです。
自主性に任せているとせっかくの能力も花が開かないので、むしろ積極的にかかわっていくほうが、いて座の子の能力を伸ばせます。

この夏は少し遠くの場所へ。
知らないことを学びに行く、冒険に行く。
そんな過ごし方をすると、二人のきずなはもっともっと深まります。

しし座の親×やぎ座の子供

しし座の親とやぎ座の子。
火と土の関係。思い付きでも行動できる親と、しっかり地盤が出来上がっていて、予測ができていないと動けないやぎ座の子。
一見、かかわりが少なそうな関係ですが、どう、仲良くするポイントを見つけていけばよいのでしょうか?

ヒントは年中行事です。
やぎ座の子は年中行事のように毎年決まった行事、お誕生日会などなど。やることが決まっていたり、ルーティンワークのようなものがあるとホッとします。
そして、しし座の親はイベントが大好き。ちょっと味気ない年中行事も、しし座の親得意のイベントを楽しむという特技で、ぐっと楽しいものにしていきましょう。
子どもが少し大きくなったら、基本の計画等は子どもに任せ、細かい部分の楽しむところはしし座の親が引き受けると、お互いの共通の話題も増えて、ぐっと関係が深まります。

気を付けなければいけないのは、イベントだからと言って、普段のスケジュールを変えてしまうこと。
特に起床時刻や睡眠時刻をずらしすぎたりしないこと。
時間通りに過ごすことが必要なやぎ座の子にとってはものすごく大きなストレスになります。
「いやならいやだって言って、駄々とかこねてよ!」と思うかもしれませんが、親や目上の人には言い出せないのがやぎ座の子。

言わないから大丈夫と思っていると、実はものすごいストレス。
終わったころに体調を崩してねこんでしまったなどどいうこともあるかもしれません。
しし座の親はついつい羽目を外して、「ちょっと時間がずれてもいいか!」と思いたくなりますが、そこは自重して、やぎ座の子のペースに合わせてあげてください。
自分のことを考えてもらえているという安心感が、信頼へとつながっていきます。

しし座の親×みずがめ座の子供

仲良しの火と風の関係の親子です。ちょっと変わった子扱いを受ける月星座みずがめ座の子。
でも、しし座の親にとって、みずがめ座の子独特の、ほかの人とちょっと違った考え方やアイディアはとても新鮮。
自分では、とても思いつかないアイディアばかりが出てくるので、「この子は天才じゃないかしら?」とすら思えてきます。

子どもにとっての幸せは親に「いい子だね。すごいね」と評価されること。
褒められすぎるとダメになってしまうタイプの子もいますが、みずがめ座の子は大丈夫。
いつも、一歩俯瞰した目で見ることができるので、親が過大評価してしまっても、冷静に受け止めることができます。

褒めすぎるのはよくないと思って、控えてしまうことが一番よくありません。
みずがめ座の子は「自分らしさを受け止めてもらえない」と自己評価が低くなります。
思いっきりほめてあげてください。
褒めてもらって自己評価の上がったみずがめ座の子供は、大きくなったら、自分の意思をしっかり持つ、素晴らしい大人になるでしょう。

気を付けてほしいのは、しし座の親もみずがめ座の子も1番が大好き。
でも、その1番は種類が違うということ。しし座の親はみんなの中での1番「ナンバーワン」を目指しますが、みずがめ座の子の考える1番は「オンリーワン」。
人と違って個性的なことなのです。考え方が違うということを受け入れて、「ナンバーワン」を強制しないようにしましょう。

しし座の親×うお座の子供

火と水の関係。見事に逆のタイプです。
でも、安心してください。
思ったより相性は悪くないんですよ。

いつもお布団のなかでぬくぬく。
大好きな幻想の世界に浸ってぼーーとしていたいうお座の子。
そんなうお座の子にとって、太陽とともに起き、元気よく外で活動して、動き回っているしし座の親のことは「びっくり」としか、言いようがありません。

でも、ここで、月星座しし座の親が、「自分のように活発に外で動き回りなさい。
「子供は風の子、太陽の子」などと、うお座の子に強制したりしなければ大丈夫。
過度にうお座の子のペースに合わせる必要性は全くありません。
「この子は、ゆっくりさんなのね」と個性を認めてあげて尊重してあげるだけで十分です。
うお座の子は受け入れることがとても上手なので、しし座の親の活動的な部分も情熱的な部分も「すごいな」と思って受け入れてくれています。

なので、あなたも、子供のうお座さんらしさを受け入れてあげてください。
子供にとっては、親がニコニコご機嫌に過ごしてくれることが一番うれしいこと。
なので、人生の楽しみ方を知っているしし座の親はそのままで大丈夫。
自分らしく生きていることが、うお座の子供の刺激になり、とても良いお手本になります。

こんな真逆のタイプのしし座の親とうお座の子ですが、実は残念なところに共通点が。
それは、「いやなことは何でも後回しにしてしまうところ」。
しし座の親は楽しいことを優先しがちなので、最後にはしっかりやり遂げるにしろ、面倒なことや嫌なことはついつい後回しにしがち。
でも、これはうお座の子に「いやなことは後回しにしてもいい。もしくはやらなくてもいい」という間違ったメッセージを伝えてしまうことになるのです。
しかも、うお座さんは12星座一、いやなことは後回しにしたがる星座です。

ということは・・・もうおわかりですね。
しし座の親は子供が小さいうちから、つい後回しになっちゃう癖を出さないように気を付けましょう。
そして、うお座の子供に「ぼーっとする時間も大事だけれど、メリハリのある生活も大事だよ」ということをしっかり伝えていくあげてください。

いかがでしたでしょうか?
これからやってくる夏休みが親子ともに楽しいものになるように心から願っています。
次回は月星座おとめ座の親と月星座おひつじ座の子供から月星座おとめ座の子供まで。親子関係をうまくいかせるコツをご紹介します。

ライタープロフィール

IKI(いき) 月よみ師®
ムナイ・キ マスター、アースキーパー
JAA認定アロマコーディネーター
キッチン蒸留ATRホームケアアドバイザー
小学校児童英語講師

女の子2人の母。毎日子育てと仕事に奮闘中。
子育ての試行錯誤の中、月星座に出会う。学ぶうちに、違和感を感じ続けていた両親との関係、更に自身が感じてきた生きづらさにも月星座が関係していた事を知る。
月星座を知ることで、「大事な家族とよりリラックスした関係を築き」、何より自身が月星座を知ることで「しがらみから解放された」事を実感する日々。
現在は、月星座を使ったインナーチャイルドのリリースイメージワーク、親子関係アドバイスなどを行っている。

好きなもの:鳥、満天の星空、神社へ行くこと、ホストファミリーをすること
Return Top