月よみ -inner independence-

今日の月星座はうお座から牡羊座へ。月は明日から下弦の月へ。 頭痛を起こしやすい人は、起こしやすくなるので気を付けて。

月星座から見ると
今、月星座はうお座。

うお座が支配するのはくるぶしより下の足。
足のつかれている人は、今日中にフットマッサージがおすすめ。
足の疲れが残っている人には、疲れがとりやすくなります。


今日は牡羊座に入っていきますが、
月星座牡羊座が支配するのは、
頭・目・鼻。

体調が悪い人は、頭痛を起こしやすかったり
目をしっかり使っている方は、
疲れ目がますますひどくなったり、
鼻炎や蓄膿症などを持っている人は、
症状が悪化しやすくなります。

逆に、牡羊座の時期に
しっかり身体を休めたり、
積極的に治療すると
治りが早くなります。

月の影響

月は明日下弦の月に入っていきますので、
月の影響は腎臓に。

湿気の多いこの時期、うまく汗がかけなくて、
むくみや体がだるかったりしやすくなります。
頭重感を感じる人もいらっしゃいます。

新月(―)期は、腎臓の味方。
特にむくみの原因、
リンパ液の排泄をスムーズにしてくれます。

腎臓を味方につけるためにも
良質の水を少しづつこまめに摂る。
腰湯等でうまく汗をかくようにする。

アイスクリームやケーキ
クッキーやチョコレート等を
避ける。
豆類をしっかりとる。
プチ断食も効果的です。

この時期から新月にかけて掃除をすると
汚れが落ちやすかったりすることもあるそうです。

ココロのリフレッシュにも効果的ですよ。

ライタープロフィール

わかば 月よみ師®
短期大学を卒業し、保育士を経て、結婚を機に薬業界に入る。
25年前より生駒市で薬店を夫婦で開業。
自分がココロのバランスを崩したことをきっかけに、
故 小林正観氏のもとで『見方道アドバイザー』を取得。
女性と月のリズムが深く関わっていることを知り,
月よみ師®を取得。
月よみを交えながら、ココロもカラダも元気になるような
セルフケアも交えた健康アドバイスができる
健康アドバイザーとして、店頭に立っている。
特に更年期に月よみを取り入れ、楽しく乗り切れる方法を
自分も含め模索中。

月よみ師®、温灸療術師、見方道アドバイザー。
Return Top