月よみ -inner independence-

月よみ -inner independence-

月よみ師とは・・・

女性ならではのカラダの悩み…。
あなたは、だれに相談し、どのように対処していますか?

子宮内膜症、卵巣機能障害、卵巣のう腫、乳腺症、子宮筋腫

さらには、

乳がん、子宮頸管ポリープ、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん…

などであれば医療機関にも相談できますが、

毎月の生理痛、頭痛、腹痛…、デリケートなかゆみ
月経不順、PMS、月経困難症、過多月経、

あるいは

便秘、肌荒れ、ダイエット

から始まって、

腟炎、膀胱炎、STI(性感染症)

ホルモンバランスの不調がもたらす更年期障害
こういった疾患への予防対策・・・、

女性疾患の予防や検査についてはどう考えるべきなのか?
そもそも女性特有の症状や疾患に、共通する生活習慣とは?

リラクゼーションやセラピーを取り入れる具体的な方法って?

***

アメリカでは、エグゼクティブなビジネスマンには
専属のカウンセラーやコーチがいるそうです。

日本においてもそういったセルフケア文化が必要だな~と思うのです。

特に女性に。働く女性にです。

職場における仕事のリズムは、
まだまだ20世紀型の男性テストステロンリズム、

納期まで、契約満期まで、締め切りまで頑張れ。
そのあとは休んでよーし。

というのは、直線型テストステロンリズムなのです。

女性は、エストロゲンとプロゲステロンの交叉曲線リズムですので、

男性リズムの職場では活躍すればするほど
どうしても、自分のホルモンリズムを犠牲にしなけてはならなくなります。

現在これだけ、
子宮がん、乳がん、子宮内膜症、卵巣嚢腫が
多いのも、

自分のカラダのリズムを犠牲にして、
誰かのリズムの中で、
生活を営んでいる現代女性の姿の結果、といえなくもありません。

月よみ師は
女性のカラダのメンター

上から目線でなく、対等な立場で、
特にカラダの悩みについて相談にのり、
ナチュラルライフスタイルおよびコーディネートを行なう人。

月についての あらゆる知識に通じ、
現代女性のカラダとココロのサポートを行なうプロなのです。



月よみ師2期生を募集スタート!

Return Top