月よみ

なぜココロが揺れる?満月期の不思議

なんだか些細なことがすごく悲しく感じたり。
抑えよう抑えようと思っても怒りが収まらなかったり。
自分でもびっくりしてしまうくらいハイテンションになったり。
気づけばそれは満月の付近だった。

身に覚え、ありませんか??

もしくは言われて振り返ってみたら実は私も・・・ということは
ありませんか?

月相15


新月(0の月)から数えて15番目の顔を持つ月です。
満月を示す14から下弦の月の前日20までの期間を
月よみでは満月(-)期と呼んでいます。

きょうはこの満月(-)期に訪れてしまう
“ココロの揺れ”についてお話しましょう。

月のパワフルさに隠せないココロ


満月は月と地球と太陽が180°の角度で一直線に
並んだ状態です。
太陽の光を全身で受け止める月が、その反射光をすべて
地球に届けてくれる、大変なパワフルさを持っています。

お天気の日の夜空の満月。
なんともココロ奪われる美しさですよね。

一方で、すべてが光の元にさらされます。
そして地球をはさんで月と太陽が引っ張り合うポジションに。

それゆえ、隠しておきたかった問題も表面化しやすく、
意識を現わす太陽と無意識を表現する月にはさまれて、
わたしたちのココロは怪しく揺さぶられるのです。

満月の余韻が残るこの1週間は、
喜怒哀楽が激しくなるかもしれません。
それも月のしわざ。


とはいえ、満たされた歓びにも浸れる時なのです。
これまで積み上げてきたものを成就させたことに歓びを見いだし、
誰かに分け与えることでこの期間の月の役割が果たされます。

揺れることは決して悪いことではありません。

自分の軸、真ん中を知るには前後左右の幅を
知る必要があるからです。

自分の真ん中を意識して“歩く”

自分の真ん中、カラダの中では心臓にあたります。
満月(-)期の月のエネルギー、は血液循環を通してカラダ中に
愛を注ぎ込むように、心臓の働きを後押しします。

カラダの隅々にまで温かい血液を送り届け
また戻ってきたものを迎え入れる循環がなによりの
心臓の歓び。

さあ、体感してみませんか。
それにはいつもにもまして丁寧に“歩く”ことです。

カラダの軸を意識し、お腹に少し力を入れながら
“歩く”ことで、血液循環がよくなり
ツキにも恵まれます。

リズミカルな運動によって
幸せホルモンが活性化することも知られています。
この時期ぴったりの運動ですよ。

心地よい範囲で足を運びましょう。
カカトから着地して
つま先でしっかり蹴り出します。
自然に膝が伸びて、股関節も滑らかに動くことで
お腹の引き締まり感や、ヒップアップ効果も望めます。

月に感謝しながら“歩く”を行ってみましょう。

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top