月よみ -inner independence-

願いが叶う満月を迎えるため、2回ある上弦の月をこう活かしていこう

7月は、上弦の月が2回ある珍しいmonthです。

ここで、上弦の月について、
おさらいしてみましょう。

上弦の月は、
日中に東の空からのぼり、太陽が沈むころ、
南の空に高くあがり、真夜中に西にしずみます。
月は、半分の形をしています。

では、7月は2回迎えることになる
この上弦の月を効果的に過ごすには
どうしたらいいのでしょうか?

願いを叶える攻めの上弦

月は、新月から、少しづつ、少しづつ膨らみ、
三日月、上弦、満月へと、どんどんまるく
膨らんでいきます。

願いの新月
攻めの上弦
願望達成の満月

上弦から満月にかけての月のタームを、このサイトでは、
満月(+)期とも言います。

この時期は、人々の氣も高まりやすく、
活気に満ち、明るく、楽しい空気が溢れやすいです。


たくさんの情報が飛び、世界が動いていきます。

あなたの欲しい情報が見つかりやすく、
あなたの発信する情報が、相手に届きやすいのです。

この満月+(プラス)期は、目標や、願いを叶えるために、
人と会い、情報を受け取り、どんどん吸収していきましょう♪

新月の願いを叶えるため、
あなたの兼ねてからの目標を叶えるため、
沢山の情報から、あなたの望む情報をキャッチしてください。

あなたが、目標とする人、
以前から、気になっていた人、
直接会いに行くのは、この時期、とってもおすすめです。

膨らましたい分野や、活躍していきたい分野の、
書籍、映画、テレビ番組、雑誌を、意識してみるのも、お勧めです

身体に優しい、美味しいものを、選んで、大地の恵みを
身体に吸収させるのも、おすすめ。

お肌に必要な、栄養を、吸収させると、ぷりぷりお肌になります。

あなたにとって欲しい情報をチョイスするために必要なこと

たくさんの情報が入って来やすいということは、
逆に言うと、たくさんの情報にうもれて、
意識が拡散しやすくなる時期でもあります。

むやみやたらに、あれもこれも、
次から次へとくる情報に、目移りするのではなく、
意識を集中して、あなたが必要とするものだけを、
チョイスできるセンスを身につけましょう。

あなたは、今、何を望んでいますか?

たまに、何が望みなのか、わからないという人もいます。
自分が何が好きなのか、何が合っているのか、
どうしたらいいのかわからない。

そんな時は、そっと胸に手をあて、
あなたの内側にいるリトルの気持ちを感じていきましょう。


リトル・・・
すなわち、小さい頃のあなたの感情は、
あなたの考えの奥深いベースになっているものです。
リトルの記事は、こちら

あなたが、何を望んでいるか、
あなたが、何を目標にしているのか、
あなたが、何が好きなのか、

今、何をし、何を選択するべきなのか、
五感をとぎすまし、アンテナをはっていると、
今、誰とあうべきか、今、どんな情報をうけとればいいのか、
何をすればいいのか、わかります。

自身を信じて、行動するあなたに、
上弦の月明かりは、
優しく、力強く、たくさんの応援の気持ちをこめて、
あなたの進むべき道を、やさしく照らし出してくれます。

願いを叶える攻めの上弦。
今月は、7月1日、31日と、2回も上弦の月がある
あなたの願いを叶えるスペシャル攻めmonth!

さあ、目標達成の、満月(FULL MOON)に向けて、
スキップしながら、会いたい人に会いに行き、
願いを叶えて行きましょう♪

ライタープロフィール

三月 もも 月よみ師®
はじめまして♪
恋愛心理カウンセラー、講師
月よみ師® 三月ももです。

月と引き寄せのパワーで、運命のダーリンと電撃的に出会い、
たった半年で結婚し、今は、兵庫県明石市に住んでいます。

ラブラブで幸せなおじいちゃんおばあちゃんに溢れる日本にしたい!

そのために、今、恋愛や自分に自信がない女性へ幸せマインドを手に入れるためのカウンセリングやワークショップを開催しています。

実は、恋愛も自分に対する自信もなかったわたしです。
スポーツクラブが大好きで明るい自分と、子宮内膜症や子宮筋腫、コンプレックスを抱える不安なわたしを持っていました。
そんなわたしが、運命のダーリンを引寄せ幸せを手に入れることができたのは、月を意識したからでした。
月は、あなたのリトル(インナーチャイルド)と深いつながりがあります。

幸せになるのは、いくつからでも、遅くなりません。
あなたは、いつでも愛に包まれています。その愛を受け取るだけです。
愛を受け取り幸せになる方法を、いろんな角度からお伝え出来たらいいなと思っています。
愛を受け取り、一緒にHAPPYになりましょうね♪

ブログ:ムーンパワーでミラクル恋愛 素直リトルで願いを叶える
Return Top