月よみ

大人の女性になってから知る本当の「自分らしさ」【月よみセルフイメージワーク〜水×風〜】

自分らしく生きたいという言葉があります。

さて、あなたにとって
「自分らしい」というのは何を指しますか?

・○○している時が一番落ち着く
・あなたって○○なところあるよね?
・やってみたいけど私どうせ○○だから、無理だよね。

いずれも今のあなたが実感したり、
周りの人から言われているうちに、
「自分ってこうなんだな」
と思うようになったりした「自分らしさ」です。

しかし、それは今この瞬間何かの
言葉に当てはめた時のあなたです。

あなたという人間を
無理に言葉だけに当てはめる必要はありません。

このワークは、
あなたが持っている性質を、
頭で思考し過ぎず、
イメージで自分を捉えるワークです。

イメージで捉えることにより
自分の性質をリアルに感じ視覚化できます。

第14回目のイメージングワークの対象は、
月星座が「水」(蟹座・蠍座・魚座)
太陽星座「風」(双子座・天秤座・水瓶座)
の「水×風」の方です。

ご自身の月星座を調べたい方はこちら

第13回「水」×「風」のイメージングワーク

イメージしてください。

あなたの内側であるカラダは
冷たい「水」が流れています。

あなたのカラダの外側には
「風」が吹いています。

その「水」は
「風」によって波立ちます。

その「風」によって
「水」は穏やかにもなれば
大荒れにもなります。

外側にある「風」は、
自由に快活にその「水」の上を
踊るように吹いています。

また、
内側の「水」と外側の「風」は
混ざり合うと炭酸水になります。

そんなあなたの
内側の「水」は、

感情豊かであり
情緒的であり
共感であり
融合的であり
優しさと思いやりであり
人と人を結びつける力であり
女性的な力の根源であり…

その「水」は、
一箇所に留まることなく
流れていきます。

「水」は流れていないと
腐ります。

常に流れていることが
大事なのです。

あなたの外側の「風」は
内側の「水」を抱えこみ
少し足取りは重くなります。

その「水」はあなたにとって
重すぎてはいませんか?

その「水」は感情です。

もし、自分が自由だと
感じられていないのであれば
感情のコントロールが
必要かもしれません。

分かり会えなかった悲しみ。

理解してもらえなかった
悲しみ。

あなたに必要なのは
悲しみを涙に流すこと。

一人で涙を流してもいい。

誰かと共に涙を流してもいい。

あなたにとって
気持ちを理解し合えることは
心の安定につながります。

そして、
あなたの目指す先に
あるものは自由で思考の世界。

感情をコントロール
することができた先に
本当の意味で羽ばたくことが
できるのです。

●蟹座のあなたは
大切な人を守りながら
お世話をしながら
人の感情に寄り添う水。

●蠍座のあなたは
一つのことを突き詰め
絆を深めながら
真実へと向かう
深海の水として。

●魚座のあなたは
身を委ねながら
人を信じ愛しながら
広い海のような水。

あなたという「水」は
今どのくらいの透明感ですか?

もし濁っているなら
周りと同調しすぎては
いませんか?

100%ピュアな「水」
になった時たくさんの人が
あなたを必要とするでしょう。

あなたは「水」。

人の心に寄り添い
人の心を癒す「水」。

でも時にあなたの
その優しさは
遠くまで飛んでいくのを
妨げてしまいます。

感情の「水」と
自由な「風」の
バランスをしっかりとって
穏やかな水面を作り出そう。

知的でクールなあなたも
感情的でウエットなあなたも
どちらもあなた。

心と心をつなぎながら
遠くまで広く伝えていく。

それがあなたなのです。

「水」の性質が、
あなたに常に影響を
与え続け、
「風」の性質を
目指して生きている。

それがあなたなのです。

さあ、
そんな「水」と「風」の自分で
他の誰でもない自分だけの
人生を歩いていきましょう。

ライタープロフィール

松岡 純子 月よみ師®
月よみカウンセラー。
ヘアスタイリスト、理美容室経営者からの転身。

ヘアスタイリスト・セラピストとして18年間のべ3万人以上の
髪や肌や体に触れるうちに、体調の変化や心の変化を
敏感に感じ取ることができるようになる。

東日本大震災をきっかけにさらに心の学びを深め
さらに、心と体を追求したら「月」に辿りつき「月よみ師®️」となる。

また、ボランティア活動やイベント企画運営などを精力的に行い、
イベント主催では最大約5000人を集客する。

そして、自身のこれまでの様々な学びや経験を生かし
独自のカウンセリング技術を構築。

現在では「月よみカウンセラー」として個人セッションや講座、
オンラインサロンなどをメインに活動中。
Return Top