月よみ

月に宿した無意識の記憶

無意識は
が支配しています。そしてまた
月は私たちの

本質
感受性
感情
心の安定
自分らしさ
ありのままの自分

を司ります。

だから生まれた時の
月を知ることは
とても大切なこと。

生まれた時の月の形。

生まれた時の
月の後ろにあった星座。

生まれた時の月の宿命。

そこに宿した
無意識の記憶。

月は記憶の貯蔵庫。

前世の記憶も。

魂の歴史も。

神様との約束も。

自分が決めてきた
今世で果たしたいことも。

全てを手放して
ゼロになって私たちは
生まれて来ました。

でも私たちは
前世の記憶を
魂の記憶を
月に宿してきました。

迷子にならないように。

なにもかも
忘れてしまわないように。

なんとか
生きていけるように。


そして
大人になった私たちは
さらに力強く生きていくために
時が来たら羅針盤を手に入れる。

それは
私だけの地図になる。

地図を片手に
また未来を切り開いていく。

それが生まれた時の
惑星の配置が印された
ホロスコープ。

私たちは
地球に生まれる日と
生まれる時間を決めて来た。

ある時ふと
無意識に思い出す。

そういえば
あれがあったって。


満月に近づいていく
月を眺めながら。

私はどこまでも月を
目印に歩いていた頃の
記憶を思い出しました。

どこまでも
どこまでも。

でも
何も手に入れることは
できなかった。

悲しく寂しい
無意識な感情の記憶。

だからきっと
月の見えない月相
の日に生まれたんだ。

そして今でも
月を追いかけている。

何かを手に入れたいんだ。

何かを取り戻したいんだ。

だから
宇宙を知りたいと
月星座に記憶してきた。

そして
絶対にあきらめないと
月の宿命に宿してきた。

月は思い出させてくれた。

そしてホロスコープは
答えをくれた。


ライタープロフィール

松岡 純子 月よみ師®
月よみカウンセラー。
ヘアスタイリスト、理美容室経営者からの転身。

ヘアスタイリスト・セラピストとして18年間のべ3万人以上の
髪や肌や体に触れるうちに、体調の変化や心の変化を
敏感に感じ取ることができるようになる。

東日本大震災をきっかけにさらに心の学びを深め
さらに、心と体を追求したら「月」に辿りつき「月よみ師®️」となる。

また、ボランティア活動やイベント企画運営などを精力的に行い、
イベント主催では最大約5000人を集客する。

そして、自身のこれまでの様々な学びや経験を生かし
独自のカウンセリング技術を構築。

現在では「月よみカウンセラー」として個人セッションや講座、
オンラインサロンなどをメインに活動中。
Return Top