月よみ

1/31はblue moon&皆既月食!スペシャルなタイミングで改めて毎日の生活に『月』を意識する

2018年になって、もう少しでひと月。

1月31日には、今月、2度目の満月を迎えようとしています。
2度目の満月はblue moonとも呼ばれています。

blue moonと呼ばれるようになったかは諸説ありますが…

★「Double Moon」2度の満月が変化した
★「once in a blue moon」とても稀なことを表す慣用句から
などとはっきりしないようです。


しかも次の満月は「皆既月食」という、さらに稀な満月!!
月は青いどころか赤銅色。

前回の皆既月食は2015年4月4日。
それもわずか12分という短さでした。

これは見逃せません!
(比較的観察しやすい時間帯に起こり、
日本全国どこで見ても時刻は変わらないとのこと。)

部分食の始め : 20時48分
皆既食の始め : 21時51分
食の最大   : 22時29分
皆既食の終わり : 23時08分
部分食の終わり : 2月1日 0時11分

・国立天文台 webサイトより
皆既月食(2018年1月31日)

満月といえば『満ちる』タイミング。
そして完全に『満ちる』までは引き寄せる時間。

先日、誘われるまま とある場所へ出かけました。
ある満月の前日のことです。

《「女性性の開花」というテーマの神社・寺巡り》という、何とも魅力的なテーマに惹かれてしまったのは言うまでもありません。

◇天岩戸立岩神社

◇上一宮大粟神社 上一宮大粟神社(Wikipedia)
◇悲願寺 悲願寺(Wikipedia)

どの場所も静寂につつまれ
どこか世界と切り離されたような
神秘的な空間でした。

そのおかげかどうかはわかりませんがー
約5年ぶりに月経、つまり生理が来たのは
その約1週間後、ちょうど「下弦の月」翌日でした。
私自身、ビックリです(笑)!!

「月」を意識すること。
「月」を意識した「生活」をすること。
「月」を通して自分自身と向き合うこと。
イメージすること。
直感やワクワク感に従うということ。
ありのままを受け止めること。
今、ここを感じること。

そんなふうに過ごしていくうちに
昨日よりも今日。
今日より明日。
ずっと、もっとご機嫌な毎日が過ごせる!
と、思いませんか?

 

ライタープロフィール

成田雅美 月よみ師
15年間、臨床看護師として総合病院(浜松市)・診療所(徳島)に勤務。

子供の進学を機に臨床を離れ

自分探しの旅に出る。


記憶力の低下と闘いながら

大学の聴講生・科目履修生を経験後、

女性起業家支援活動に関わる。

同時期に『月よみ師養成講座』に通い始め

月よみ師®ツキヨミコーディネーターの認定を受ける。

自分でも驚くほど思考も行動範囲も変化したが

根本は「カラダとココロに寄り添いたい」と気付く。


月よみを取り入れたヘルスケアや

医療とのかかわり方を提案する

個人セッションやセミナーを計画中。


守備範囲は広く

匂いフェチでアロマアドバイザー(2団体)を持っている。

なかなか上達しない二胡をこよなく愛している。

部屋の中の積ん読は更新中。

ブログ:まあにゃんのポジティ部でいこう。。。
Return Top