月よみ

あなたも、あの人も悪くない! 空海が教える宿曜経から2人の関係性を知るだけで気持ちが軽くなる!

あなたは、世の中の常識にとらわれて、つらくなることってありませんか?

例えば「家族」
「家族は仲良く助け合わねばならない」とかね。


仲良いことはいいことです。
助け合うのもいいことです。
でも、それって絶対なの?
「ねばならない」の?

そもそも、家族の中に好きになれない人がいるってありえないことなの?
そんなこと言っちゃいけないの?
思ってもいけないの?

そんなこと1ミリも思ったことも、考えがよぎったこともない方は、このあとスルーでお願いします(笑)

「自分の子供だけど可愛く思えない時がある」
「旦那がゴロゴロしてて邪魔」
「母親が重い」
「父親が生理的にむり」
「親の面倒見てるの私だけじゃん!」
「お姉ちゃんだからっていつも偉そうにして!」
などなど‥。

そんなこと言っちゃいけない。
思ってもいけない。
こんなこと思うなんて、私ってなんてダメな人間なんだろう。
もっと優しく素晴らしい人間にならなければ‥。
って、自分を責める方向にいっちゃったりしませんか?

でも、こんなこと思ってる人、わりとたくさんいますよー
(みえこ調べ)

ただ、言わないだけー
天使の皮をかぶってるだけー
周りに合わせてるだけー


必ずしも口に出す必要は無いけど、どんなこと思うかは自分の自由です。

自分の心の中まで否定することはありません!
(キッパリ)

自分の中から、こんなダークな声が聞こえて来たら、耳をふさいで、なかった事にしたくなる気持ちもわかります。

わーわー
なにも聞こえませーん
ってね。

だけどそのパターン。
あなたが悪いわけでも、相手が悪いわけでも無くて、ただただ考え方の違いによる相性なのかもしれませんよ。

約1200年前に、あの弘法大師「空海」が中国から持ち帰った密教の中にある「宿曜経」では、月の運行をもとに生まれた日を27の宿に分けて、その教えを説いています。
その宿曜経は相性についても伝えられていて抜群の的中率をほこっているんです。

なぜかこの人の態度が気に触る。
とか、逆にこの人の言うことはすんなり聞ける。
ということがあると思いますが、それはもしかしたら、あなたと相手の相性が関係するのかもしれません。

例えは家族でしたが、それ以外の人間関係全般についても、気になる相手がいるとしたら、いちどあなたと相手の「宿」をこちらで調べて関係を知っておくのもいいかもしれません。
http://kosei-do.com/free_fortune_telling/select_uranai_type.php?select_type

あなたと、気になるあの人との相性はいかがでしたか?
相性の関係性は6種類ありますので、説明しますね。

宿曜経が教える6つの人間関係とは?

「命の関係」
6種類の相性の関係の中で最も出会う確率が低く、わずか27分の1となります。
ひとクラスに1人いるか?いないか?という確率ですね。
似た者同士ですので出会えば運命的なものを感じ互いにひかれあいます。
でも、自分の嫌な部分も似ているためにだんだんと嫌悪感を感じることがあるかもしれません。
近親憎悪を抱いたり、同じポイントで怒ったりしやすい関係だという事を理解し、距離感を大切にするとうまくいくでしょう。

「業胎関係」
人生のターニングポイントで必ず現れ、重要な人や場所に導いてくれるソウルメイト的な存在です。
感情が伝わりやすく、自分のことをわかってもらう為の努力を必要としないので、一緒にいて楽な相手です。
また無条件でこの人の力になりたいと思える精神性の高い関係ともいえます。
この人と別れるという事は、魂の成長の為だと言われていますので、辛くても前を向いていく必要があります。

「栄親関係」
出会いのインパクトは薄いのですが、日々を重ねるごとに信頼関係を築くことができて、かけがえの無い存在になります。
ともに栄え親しむ事ができ、現実的な富(お金や仕事や生活レベルの向上)を生み出せるということが最大の特徴です。
ただし、出会うタイミングが大切です。
徳レベルが一緒、または人生経験や審美眼を磨いていないと、出会っても意味がない関係になってしまうので、日々自分を成長させる必要があります。

「友衰関係」
趣味やセンスが似ていて、一緒にいて楽しく、とても癒される存在です。
恋愛関係、友達関係においては最高の相性ですが、結婚や仕事など利害関係が絡んでくると、楽しいだけの関係性を持続するのが難しそうです。
良い関係を保つためには、現実的な計画をきちんと立てる必要があります。

「危成関係」
え!こんな人いるんだ!という、自分とは違う性質の人です。
良くも悪くも自分に衝撃を与えてくれ、自分の凝り固まった考え方を壊してくれる、人間としての器を広げ成長し合える相手です。
仕事で絡むと力になってくれるでしょう。
一緒にいる為に大事なのは、お互いの違いを尊重すること。相手への依存心を捨て去ること。です。

「安壊関係」
最も波乱に富んだ関係ですが、非常に縁が深く、関わらずにはいられない腐れ縁的な関係です。
自分に自信がないときに出会うと、自分に足りない何かを持っている感じがして強く惹かれてしまいます。
でも、考え方や求めるものが違いすぎて、しだいにわかり合えないストレスが溜まります。
長時間一緒にいるのではなく、自分の時間も大切にしつつ、会えば感謝の言葉を伝えることを意識すると良いでしょう。

あなたとあの人との関係は、どうだったでしょうか?
人間関係にどちらがいいとか、悪いとかは無いのかもしれませんが、辛く感じたり、楽しく感じたりするのは事実。

それをどう受け止めて、どう行動していくのかは、自分で決める事が出来ますよね。

自分と違う考え方をする相手と関わるという事は、自分の価値観も相手の価値観も否定しないで折り合いをつける事が大切になります

もしかしたら、相手の気持ちに思いを馳せるという事は、自分を成長させるための、この人生で与えられたゲームのような事なのかもしれないと私は考えたりします。

争う気持ちを手放して、お互いに違うゴールを目指すのなら、それぞれの人生を心から楽しめるのではないでしょうか?

ライタープロフィール

星野未詠子(みえこ) 月よみ師®
新潟市 からだリラ主宰(2015.4より)
リラクセンスボディセラピー リラクゼーションセラピスト
月の自分が腑に落ちる経験をした事で他者への理解が深まり、人間関係においても楽な考え方を選択できるようになった事をきっかけに月よみの世界に。

20年以上事務の仕事をしながら家事、育児、介護に追われる中
30代後半で卵巣嚢腫、甲状腺がんを経験。
そこで初めて、今まで我慢をし続けていた事に気付く。

この経験から
体と心を緩めることの大切さを知りセラピストとしての活動を開始。
1人何役もこなしながら頑張る女性にもっと楽に、幸せを感じて欲しい
との願いを込めて活動中。
公園、足湯で本を読むのがお気に入り
Return Top