月よみ

月のリズムの野菜作りで、ココロ満たされ自然と笑顔に♪

私事ですが、
この度北海道から淡路島へと
引越しを終えまして、
半月が過ぎました。その間、ご近所から
いろんなおすそ分けを頂いたのですが、
野菜がめーーーちゃくちゃ美・味・し・い☆無農薬や有機農法の
野菜ばかりを頂いておりまして、
今まで食べたものとは、
全く違う味のものが沢山!!
地域性もあるのかもしれませんが、
とにかく食べ物が美味しいです☆

その中でも今回は
月に関係する野菜について
お伝えしたいと思います。

野菜と月と何の関係が?
と思うかもですが、
野菜の育て方で、
バイオダイナミック農法というものがあります。バイオダイナミック農法では、
月の満ち欠けの周期を基にした
太陰暦をもとにして
種まき、苗植え、施肥、収穫
などの作業時期を選択します。
月の星座の位置によって下記のように
暦が分類されます。葉の日(水の星座/蟹座・蠍座・魚座)
実の日(火の星座/牡羊座・獅子座・射手座)
根の日(土の星座/牡牛座・乙女座・山羊座)
花の日(風の星座/双子座・天秤座・水瓶座)それぞれの日には、
そこに合う野菜の作業を行います。

葉の日:キャベツ類、サラダ菜、レタス、ほうれん草、パセリ等
実の日:米、穀類、インゲン、エンドウ、大豆、とうもろこし、トマト、かぼちゃ類、きゅうり、イチゴ、果樹等
根の日:大根、ニンジン、ごぼう、じゃがいも、玉ねぎ、ニンニク、しょうが等
花の日:ブロッコリー、すべての花類、花を利用するハーブ、薬草

ヨーロッパでは、
このダイナミック農法で、
すばらしい野菜や果物が栽培されています。

バイオダイナミック農法を
されている方を何人か知っておりますが、
皆さん、本当ーーーに
自然と笑顔でいらっしゃる
素敵な人たちなのです。
土に触れ、月と野菜と会話し、
自然と満たされているその笑顔は
周りの人をも笑顔にしてくれます。

3月も終わりに近づき、
家庭菜園の準備にも良い時期。
ぜひ月とともに野菜作りをされてみませんか?
ハーブなんかは強いので
とても育てやすいですし、
葉の日に摘むだけで、
香りがとても変化します。

あなたのココロが満たされ、
自然と笑顔になるよう、
月を味方につけてくださいね。

ライタープロフィール

高橋 恭子 月よみ師
北海道函館市にて、株式会社リード不動産を経営。
経営の傍ら、人との繋がり、地球との繋がりを意識し、
本来の自分へと還ることを目的としたイベント、
ガイア・ヴィレッジを主催。
公私ともに、
人と自然との繋がりから全てが生まれ、流れている
ということを経験し、
今までの社会、ピラミッド型の支配構造ではなく、
輪になる横繋がりの大切さ、
自然と共に暮らすライフスタイルを
仕事やイベントを通して伝えている。

ガイア・ヴィレッジのイベントでは
参加者全員が同じ目線でひとつの輪になること、
全員が自分自身を表現すること、
助け合い、与え合うという関係を表現し、
感動を呼び起こした。

月よみ師®
魔法の質問カードマスター
2級エクステリアプランナー
北海道ガーデニングマイスター
宅地建物取引主任士

ブログ:ガイア・ヴィレッジブログ
Return Top