月よみ

奇跡の巡り合わせ!今年2回目のブルームーンがもたらす月からのメッセージ。

生活に月を、
人生にも月を
そんなメッセージをお届けする月よみ師®今井久美子です。

3月31日の満月は、天秤座で起こります。

2018年は、年に2回(1月と3月)もブルームーンが見られる奇跡と言ってもいいほどの巡り合わせの年。
ちなみに次回は2020年10月まで待たなくてはなりません。
しかも、1年に2度もブルームーンが観測出来るのは今年を逃すと次は11年後だそうです。


月の話題の中でも、やはり満月は誰でも心ワクワクしませんか?
お天気が良ければ、月に特段興味がなくても目を奪われてしまいます。

満月の日は、感情が高ぶりやすく、衝動的な行動をとってしまうことから、事故や凶悪事件が多いといった話を聞くことがあります。
実は満月の日には、左脳と右脳の作用が入れ替わってしまい、左脳の論理と右脳の感性の優劣が逆転してしまうそうなんです。

そんな月の作用はどれも絶対ではないけれど、なにかしら私達に影響を与えていると考える方が自然に感じます。

月のリズムから例えると、満月は、『新月でスタートしたことが成長を遂げて、完成する瞬間』とされています。
まさに『完了』のタイミング。
何かが形になりやすい時でもあります。

バランスが得意なてんびん座の『かかわり』の橋をかける。

今回3月31日に満月が位置するてんびん座は、こんなエネルギーを感じる星座。

○恋愛や仕事が長続きするように調和する。
○人に振り回されず、自分を表現できる。
○社交性や魅力、親しみやすさを引き出してくれる。
○仕事の契約や結婚などの『約束事』に関わることが円満にまとまる。

てんびん座は、社交性がありバランス感覚にとんでいます。
『天秤にかける』という言葉がありますが、天秤自体がぐらついていたら使いものになりません。
天秤は確固たる軸をもっているとも言えます。
そんなてんびん座での満月です。

半年前の成長のメッセージに、感謝のこころで満たしてあげよう。

自身がてんびん座でなくても、自身の中にあるてんびん座の要素を活性化して先日のうお座新月に願ったことの変化、成長を確認してみましょう。

2週間ほどで叶う願いは身近なことくらいかもしれませんが、実は、もう一つ確認して欲しいことがあります。

そう、半年前の2017年10月20日㈮ てんびん座新月。
昨年の手帳を開いてこのてんびん座新月は、どんな状態だった自分がいたのか、そしてその時の自分はどんな新月に願いをしていたのかを思い出してみましょう。

もちろん、皆さんが新月に願いを書いているとは限らないでしょう。
それでもその頃の自分を振り返って見るとこの半年で成長した自分を発見できるのではないでしょうか。

新月に、願いを
満月に、感謝を。

このフレーズにはこんな月のリズムを確認してみる再発見の楽しみ方があります。

普段さりげなく新月の願いは書いたものの、そのままになっていたりしていませんか?
実際こうして振り返ると面白いことに、半年後には願いが実際叶っている確率が高くなっています。

事実私もここ数年願っている確率は面白いくらいに叶っています。
ここには一つからくりがあって、単純に新月に願いをするだけじゃなくて、その時の星座の得意とする分野を明確に力を借りるといいです。

その願いを具体的にすると行動も定まり一年もすると自分の太陽星座、月星座のみではなく自分の中の12星座が活性化されるようになります。
そうすると、成長を螺旋階段を昇るようにまんべんなく成長していけていると思えるのです。

なので、今回のブルームーンの効果はいつもよりも満月のパワーが強く降り注ぐので、その半年前の2017年10月20日てんびん座新月の振り返りオススメします。

てんびん座満月だからこそのメンテナンスの鍵は、腰!


最後にてんびん座のカラダを支配している場所は、腰、腎臓、膀胱 副腎。
腎臓は、血液を作り出し、身体中の体液量などを調整します。
副腎は血圧、血糖、水分、塩分量などを適切なバランスを保つためのホルモンを作ります。

てんびん座は秤(はかり)の一種で、身体のめぐる体液や栄養の量を『調整してバランスをとる』働きをする腎臓や副腎は、そういう意味でもてんびん座と関わりが深いのです。

満月当日できるだけ水分を摂るように心がけると、腎臓や膀胱を洗浄することにつながります。
そして、腰という場所はてんびん座らしいと思うのは私だけでしょうか。
上半身と下半身をつなぐ場所、それが『腰』まさにカラダのバランスを司るかなめの場所です。

肩幅に立ち、膝を緩めて腰に手を添えて骨盤を意識して8の字を描くように動かすのも
固まった腰、骨盤を緩めるエクササイズとしてオススメします。

なにより満月を過ぎた瞬間から、月は欠けるモードに入ります。
そうダイエットはこの瞬間からスタートが絶好のチャンス。

どうか月のリズムでも、満月は大きなターニングポイント。上手にブルームーンのパワーを自分に引き寄せ、受けとりながら4月をスタートさせましょう!‌

ライタープロフィール

今井久美子 月よみ師®
フィットネスインストラクター歴36年
秘書をしている時にエアロビクスと出会い人生が一気に変わる。
「もっと誰もが気軽に身体を動かす楽しさを伝えたい!」この情熱でエアロビクスの全国大
会でチャンピオンになる。
身体へのアプローチだけでないパーソナルに合わせた指導や
人生を豊かにするツールを求めていた時、「月」と出会う。
「月との繋がり」がどれほど私たちの生活に深く関わっているのか学ぶ程に多くの人にシェ
アしたくて月よみ師となる。
現在、フィットネスインストラクターと月よみ師の二足のわらじで活動。
そのオリジナルメソッドとして、【ムーンフィットネスルーティーン】を構築し
「運を動かす月よみ師」として月とフィットネスを融合させた活動を展開中。
東京在住、57才、既婚、娘一人。
Return Top