月よみ -inner independence-

逃れられない猛暑の負担、疲れに負けないカラダ」、月の引き寄せ力をちゃっかり使って手に入れるには?

今年は早々に梅雨も明け、一気に夏本番になりましたね。

連日の猛暑でカラダが溶けそう…いや、もうすでにバテてしまいそう。
ここまで暑くなるとセルフケアをする気力さえなくなりそうですね

でもこういう時こそケアしておくと、後々の季節に疲れが持ち越されずに済みますよ。

満月(+)期は、引き寄せパワーをたっぷり受け取る絶好のチャンス

明日20日は、てんびん座上弦の月です。
28日(土)のみずがめ座満月に向けて、どんどん引き寄せ力が高まっていく、満月(+)期に入ります。


​満月(+)期はお月様がだんだんとまん丸く、エネルギーをたっぷり吸収していく引き寄せ期です。
必要なエネルギーを吸収できるように、まずはカラダのスペースを空けていきましょう。

てんびん座のカラダの支配部位は「腎臓と腰」です。

腎臓は生活の中でピンとこないかもしれませんが、腰は何かしら不調を抱えている方も多いのでは?

座りっぱなしでも、立ちっぱなしでも、何なら動いていても、体勢によっては疲れを感じることがあります。
腰は上半身と下半身をつなぐ部分です。
上半身が疲れていても負担がかかるし、下半身が疲れていても負担がかかるカラダの中心部分です。

クーラーなどで腰が冷えると、さらにダルさや重さがのしかかってきます。
そんな時、ちょっとしたケアで腰まわりがラクになると嬉しいですよね?

オフィスでもこっそりできる、足裏セルフケア

あらためまして、てんびん座のカラダの支配部位は「腎臓と腰」。

カラダの中でも腎臓と腰はほぼ同じ位置です。
なので足裏の腎臓の反射区を刺激すると、腰の疲れもラクになってきますよ。


このあたりをグ〜ッとねじ込むように押すと痛いですが、じんわりカラダが温かくなって、クーラーで冷えた腰の血流が良くなっていきます。

重た~い腰の状態から解放されると、カラダ全体が軽くなり、新しいエネルギーもたくさん入ってきます。
こっそりできるケアなので、ゴルフボールやスーパーボールをオフィスに1つ用意しておくと良いですよ。
それを転がしながらでもお仕事できますよね^ ^

ランチ後はちょうど眠たくなる時間帯でもあるので、強めの刺激で転がすと目もぱっちり、シャキッとできます。
ただし、食後30分は必ず空けてくださいね。

それと、満月(+)期は肝臓にエネルギーが入りやすい期間です。


肝臓はカラダの代謝を助けてくれたり、解毒をしてくれたり、消化吸収を助ける胆汁も生成されるので、ここもしっかり刺激しておきましょう。

もちろん、食事はよく噛むことも大切ですし、たっぷりの睡眠もお忘れなく!

てんびん座は調和を大事にする星座です。
ココロとカラダのバランスを取るためにも、ぜひやってみてくださいね。

そして満月に向けて、たくさんの素敵なもの・こと・出逢いを引き寄せましょう。

ライタープロフィール

野崎順子 月よみ師®︎
大阪市出身、1977年9月生まれ。

大阪を中心にヨガ・ピラティスのインストラクター、おまたぢから®︎生理トレーニング®︎講座、自宅で足つぼサロン・セルフケアセミナーなど、
女性の不調を生活習慣を見直すことから意識する活動をしている。

ヨガを通してココロとカラダの繋がり、陰と陽、月と女性の繋がりを実感する中、おのころ心平に出会い、月よみ師®︎に。
月のリズムを知り月を味方にすることで、女性が女性らしく、本来の優しさや美しさ輝きを素直に自由に表現できる世の中になることを目指している。

趣味は学びを深めること、ヨガ・ピラティス・太極拳などでココロとカラダを清めること。
和風モダンな雰囲気が大好き。
Return Top