月よみ -inner independence-

<近い存在だからこそ、うまくいかない。そんな時、月星座で知る親子関係をうまくいかせる方法vol.11> 月星座おとめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子までの場合

この前夏休みになったと思ったら、あっという間に8月に!

最初に立てた計画通りに早寝早起きができてないわ。
毎日ダラダラしてるけど大丈夫?
子どもの夏休みの宿題。本当に終わるのかしら?
などなどやきもきしている親御さんも多いと思います。

ところで、皆さんの子供時代はいかがでしたか?

夏休みの宿題はきっちり計画的にできたタイプ?
それとも、最後の週になって大慌てで宿題を始めたタイプ?
どちらでしょう?

今月の親の月星座は、最終日にバタバタとは無縁のタイプ。
計画通りに物事を進めるのはこの人にお任せ。
月星座おとめ座さんです。

それでは、今月の月星座で見る親子関係アドバイスです!

これまでの月ウェブマガジンでは
Vol.1月星座おひつじ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座かに座まで
Vol.2月星座おひつじ座の親×月星座しし座の子~月星座うお座まで
Vol.3月星座おうし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.4月星座おうし座の親×月星座しし座の子~月星座うお座の子まで
Vol.5月星座ふたご座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.6月星座ふたご座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.7月星座かに座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.8月星座かに座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.9月星座しし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.10月星座しし座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
をご紹介いたしました。

今日は第11回 月星座おとめ座の親の場合前半です。今回は
月星座おとめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子までの場合>をお送りいたします。

まずは、ご自分とお子さんの太陽星座、月星座を確認してみましょう。
確認方法はこちらから

確認できましたか?
それではまずは、月星座おとめ座の親の特徴から!

月星座おとめ座の親の特徴

・計画通りにきっちり進めるのが好き
・整理整頓が得意
・物事の分析能力が高い
・細部にまで気が付いてしまうので、皮肉を言ってしまうことがある
・とても繊細
・誰のことも見捨てない。全員のケアをきっちりする
・一言でいうなら 有能な秘書

では今月の月星座が教えてくれる子供も私もご機嫌で過ごす秘訣を!

おとめ座の親×おひつじ座の子

何事もきっちり、計画を立てて進めたいおとめ座の親。
それに対して、思い立ったら、すぐ行動に移す、おひつじ座の子。

素直でまっすぐな子供らしいおひつじ座の子がおとめ座の親は大好きです。
しかし、生活習慣をきちっとつけさせよう。
計画的に物事を進められるちゃんとした子に育てようとすると、とたんに手を焼いてしまうかもしれません。

「計画的に物事を進められる子供に育てたい」とても素晴らしいことです。
でも、残念ながら、それではおひつじ座の子の良さを奪ってしまうかもしれません。

おひつじ座の良さは、「瞬発力」「すぐに実行に移せる勇敢さ」。

このおひつじ座の良さを認めてあげることができないと、「計画的にはできるけれど、自分から動くことができない。」そんな大人になってしまうことも。
ただし、きちんとした生活習慣をつけることは大事です。
きっちりできていなくても大枠のところができていればO K!
それぐらいゆったり構えていきましょう。

みんなが大好きな旅行。おとめ座の親はきっちり分刻みでスケジュールを立てたほうが、気持ちいいですよね?
でも、そこはおひつじ座の子の良さを伸ばすチャンス。
おひつじ座の子が、「あ、あれは何だろう?」と思った時に、その好奇心が満たせるようにできるだけ柔軟なスケジュールを組んであげてください。

おひつじ座の子が大きくなった時に「あの時の旅行は本当に楽しかった。どうもありがとう」と言ってくれること間違いなしです。

おとめ座の親×おうし座のこども

整理整頓が大好きなおとめ座の親。
それに対して、生まれながらのコレクター。
自分の好きなものは常に全部、身の回りに置きたいおうし座の子。

おうし座の子が小さい時は、際限なく集めてくる、小石や虫の抜け殻や、なんだかわけのわからないもの。
そんなもので家じゅうがあふれかえっているかもしれません。
家を常にきちんとしておきたいおとめ座の親にとって大きなストレスですよね?

でも、おとめ座の親が「邪魔だから」「役に立ちそうにないから」といった理由で、おうし座の子のものを捨ててしまうと、さあ大変。
おうし座の子は物にまつわる感情やその時の思い出をとても大切にしています。

そして、それが身の回りにあることで安心をするのです。
そんな大事な宝物を勝手に捨てる親? 信用を無くすどころか、恐怖の対象になってしまいます。

じゃあ、いつまでも、そんなしっちゃかめっちゃかな状態を我慢しなくてはいけないの?
そんなことはありません。

おうし座の子もきちんと整った美しい家が大好き。
おとめ座の親は、整理整頓された美しい家の見本を、おうし座の子に見せ続けてください。

美しいもの、居心地が良いものが大好きなおうし座の子。
おとめ座の親が作る住空間をすてき!と思ったら、マネして整理整頓をしだします。

その時がチャンス!「大事な宝物はだしっぱなしにしないで、このなかにしまってね。そのほうが宝物さんも喜ぶよ」そう言って、お片付けの極意を伝えましょう。
美しく、整理整頓するすべを教えることができるのはおとめ座の親です。

おとめ座の親×ふたご座の子供

ふたご座の子がいる家はちょっとした嵐の後。
見えるところにすべてを置きたい。
一つのことにこだわらず、いろいろ組み合わせて新しい方法を編み出したい。
いつも、そんなことを考えているふたご座の子。

常に新しいこと、違ったものを探しているふたご座の子にとって、すべて出しっぱなしにしておくというのは、新しいアイデアを生み出すために必要なことなのです。

そうはいっても、きっちりしたいおとめ座の親にとっては、ものすごいストレスですよね。
でも、いくら一生懸命言い聞かせても、ふたご座の子には全然意味なし。
親の言っていることはわかるけれど、ふたご座の子は常に新しいこと、新しいものの方に、どうしても意識が向いてしまうのです。

残念ですが、タイプが全く違うので、おとめ座の親の思うようにするのはちょっと難しそうです。
けれど、家は、おとめ座の親にとって大切なお城。

お城が壊されるよりは、いっそ、思い切って、外に出かけてみるのはどうでしょう?
広いのっぱらや、川べり、森の中。
遊びに行く場所のポイントは、おとめ座の親が「自分の力だけではどうしようもない」と思うところを選ぶこと。
デパートや、みんなで使う遊具があるところに遊びに行くと、おとめ座の親は周りの目がどうしても気になってしまいます。奇想天外な行動をとるふたご座の子にハラハラドキドキ。

つい、「そんなことはやめなさい」と言ってしまって、ふたご座の子の独創性が磨かれるチャンスがなくなってしまいます。

情報を集めて、分析するのが得意なおとめ座の親。
すべての知識を総動員して、「そんなことはやめなさい」と言わずに済む、そして、「ふたご座の良さ。独創性、想像力が培える」そんな遊び場、ふたご座の知的好奇心を満たす方法を探し出しましょう。

おとめ座の親×かに座の子供

家の中を快適にしたいもの同士。
お互いの趣味や嗜好が一致すれば、親子で生活の細部まで気持ちよく過ごせる家庭が築けます。
特に、かに座の子の心地よいおうちに住みたいという、こだわりと適応力は素晴らしく、親の方針がぶれず、しかも居心地が良ければ、かに座の子は親の趣味にピタッと合わせてきます。

ここでひとつ大事なポイントが。
家を快適にしたい。
この目標は一致しているのですが、快適を感じるポイントが違うのです。

おとめ座の親は機能的であることに快適さを求めますが、かに座の子は感情や快いと思う物たちに快適さを求めます。
おとめ座の親が、かに座の子と好みがほとんど同じということに安心して、「機能的ではない」という理由で、かに座の子の大事にしているものを「いらないもの」扱いすると、どうなるでしょう。
かに座の子の心の中に「私の大事なものを捨てる人」という大きな不信感が生まれてしまいます。

おすすめなのは家のインテリアの大枠や雰囲気を「こんな感じ」とおとめ座の親が決め、細部や子供のスペースと決めた部分はかに座の子供に任せること。
かに座の子の選ぶものがちょっと違うなと感じたら、「こっちのほうが素敵じゃない」とアドバイスをしてあげましょう。
よいものがわかる、かに座の子は親のアドバイスを素直に聞き入れます。

ここで、子供の意見に左右されすぎないように気を付けてください。
親のポリシーをぶれずにきちんと伝えていくことができれば、かに座の子にしっかりした生活習慣がついていきます。

おとめ座の親×しし座の子供

いつも、みんなの注目の的でいたい、ヒーローでいたい。
ヒロインでいたい。
そんなしし座の子供。

でも、何の努力もなしにみんなの一番でいることは難しいですよね。
頑張って、努力する。そのことが実を結ぶということを一番よく知っているおとめ座の親。
まじめなことをし続けるのはカッコ悪いと思っているしし座の子に、努力をし続ける大切さをしっかり伝えてあげられるのはおとめ座の親です。

何が一番大事かをしっかりと向き合って伝えれば、王者の星座、しし座の子。
きちんと受け止めることができます。
ただし、どんなに努力が大事と分かっていても、おとめ座の親が教えるひたすら地道な努力だけでは、しし座の子の良さは育ちません。

しし座の火を燃え立たせるのは、サプライズ!
非日常的な出来事や華やかな体験。そんな出来事が、しし座の子の良さをどんどん引き出していきます。
派手すぎること、大げさなことはおとめ座の親は苦手ですが、目的がはっきりしていたり、何のためにするかがわかっていれば、しし座の子の好むにぎやかで華やかなことも受け入れることができるはずです。

しし座の子をよりよく育てるためには、たくさんの、さまざまな種類の体験が必要です。
地道なこと。
華やかなこと。
静かに感じるもの。
高揚感が味わえるもの。
たくさんの経験をしし座の子に与えてあげてください。

おとめ座の親×おとめ座の子供

とても繊細なおとめ座の親。
潔癖すぎるおとめ座の子。
親子二人とも、好むものは一緒なので、大きな問題は起きにくいでしょう。

ただし、似た者同士と言っても別の人格。
子供が小さいうちは、一緒にお掃除したり、お料理したり、きれいに飾ったり。楽しく毎日を過ごすことができます。
しかし、大きくなってこだわりポイントが違ってくると、口論になりがち。

親子ともに、細かいところに気が付くので、ついつい相手に「なんでちゃんとやらないの?」と言ってしまいます。
しかも、気づくポイントが、微妙に違うので、お互い「どっちが片付けるか」論争になりがちです。
また、親子ともに口が達者なので、皮肉や意地悪な言い方の応酬に・・・

解決方法はただ一つ。
相手のことにこだわらない。
こだわりが強いおとめ座さんなので、お互いに大変かとは思います。

でも、話し合って、お互いのことに口を出さないとしたらどうでしょう?
基本的な生活習慣はきちっと身についているのですから、まずは自分の気が付いたポイントをどんどん片づけていきましょう。
お互い気づいていなかったところを掃除しあったり、フォローしあったりができる関係に自然になっていきます。

また、繊細でこだわりが強いおとめ座の子。
口が達者になってくるにつれて、どんどん口げんかが多くなってくるかもしれません。
でも、おとめ座の子が伝えたがっているポイントは感情的な部分が多いので、白黒つけるということが難しいのです。
逆に、白黒つけられることならば、おとめ座の子は感情的になって、口げんかをしたりしません。

自分でも、うまく伝えられなくて、かんしゃくを起こしてしまうこともあるかもしれません。
お互いに自分の論理が正しいと一歩も引けなくなってしまうときもあるかもしれません。

でも、そこは「親だから!親の言うことを聞きなさい!」と親の論理を押し付けるのではなく、一歩引いて、おとめ座の子の心に寄り添ってほしいのです。
繊細な心のおとめ座の子。
寄り添ってくれた親の愛情にきちんと答えてくれます。

いかがでしたでしょうか?

次回は月星座おとめ座の親と月星座てんびん座の子供から月星座うお座の子供まで。
親子関係をうまくいかせるコツをご紹介します。

ライタープロフィール

IKI(いき) 月よみ師®
ムナイ・キ マスター、アースキーパー
JAA認定アロマコーディネーター
キッチン蒸留ATRホームケアアドバイザー
小学校児童英語講師

女の子2人の母。毎日子育てと仕事に奮闘中。
子育ての試行錯誤の中、月星座に出会う。学ぶうちに、違和感を感じ続けていた両親との関係、更に自身が感じてきた生きづらさにも月星座が関係していた事を知る。
月星座を知ることで、「大事な家族とよりリラックスした関係を築き」、何より自身が月星座を知ることで「しがらみから解放された」事を実感する日々。
現在は、月星座を使ったインナーチャイルドのリリースイメージワーク、親子関係アドバイスなどを行っている。

好きなもの:鳥、満天の星空、神社へ行くこと、ホストファミリーをすること
Return Top