月よみ -inner independence-

しし座新月の日食パワーで「今日は私が主役!」 姿勢と呼吸を整えて、ちょっと特別な一日を。

猛暑を超える酷暑、というニュースも聞き飽きた感がある毎日ですが、いかがお過ごしですか?

暑さに体力だけでなく気力も奪われそうな夏。
天候は変えられませんが、何とか気分転換したいところです。


新月には願いを 満月には感謝を
といいますが、今回は「特別な一ヶ月」最後の新月。

「願いごと」を先取りして「私が主役!」な時間を過ごしてみませんか?
明日8/11の「しし座新月の日食」が大きなパワーで応援してくれそうですよ。

この時期、カラダからサポートする簡単セルフケアもご紹介します。

みえなくても私たちに影響を与え続ける月のパワー「日食・月食」はさらに強力

明日8/11の18:58に月はしし座で新月の瞬間を迎えます。

今回は部分日食を伴う新月で、残念ながら日本では観ることができませんが、北ヨーロッパ・ロシア・モンゴル等で観測できるそうです。


7/13 蟹座新月(日食)
7/28 水瓶座満月(月食)

そして明日の
8/11 獅子座新月(日食)で
新月・満月に3回連続で「食」がある、という特別な一ヶ月が終わります。

唯一、日本でも観測できる7/28の月食は、天候に恵まれた九州など一部でしかお目にかかれず残念でしたね。
でも、観ることはできなくても食のエネルギーは私たちに降り注ぎます。

8/11の月食に降り注ぐ「しし座」のパワーは12星座イチ「派手な誇り高き主役!?」

 「しし座の性質」というのは星座に詳しくない方にもわかりやすいかもしれません。
獅子=百獣の王、のイメージそのものです。

誇り高い
寛大
派手
華やか
個性的
主役願望
自己中心的
横柄
楽しいものなら何でも追い求める
いつもまとめ役で中心にいる
責任感が強い
自分なしでは世界は回らないと思いたい
無茶している自分が好き
うぬぼれが強くなる

 「自分にはそういうところはないなぁ…」
と思われた方が多いのではないでしょうか。

もしかしたら「私は月星座がしし座だけれど、あんまり当てはまらないわ」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、明日はしし座新月でしかも日食。
何年に一度あるかわからない、しし座のパワーが強力に降り注ぐ日。
たまには「華やかで個性的で誇り高き主役」になってみませんか。
そのままの勢いで「新月の願いごと」もちょっと強気に。

思い切って人前で主役になりきっちゃえ!という方は、もちろん。
「それはちょっと…」「そんなのムリ!」という方はこっそり、密かにでもOK、
なんたって日食パワーが後押ししてくれています!

 

普段「自分を後回し」にしがちな女性たちにしし座新月の日食パワーがくれる「私が主役!」な時間

普段なら無理そうなこと、ちょっとチャレンジしてみたかったけどためらっていたこと。
何でもいいと想います。

*素敵だと思っていたけど自分には派手すぎるかなぁ…と手を伸ばせなかった口紅
*憧れるけど試着するのもちょっと恥ずかしくて遠目に眺めるだけだった洋服
*一度行ってみたいと思っていたけれど敷居が高くて行けずじまいのレストランでの食事

などなど、自分の気持ちはもちろん予算的な問題も、今ならクリアして手に入れることができるかもしれません。

また、日頃はお願いしにくくて実行できないようなことも、思い切って切り出してみるチャンスです。

*普段はなかなかできないけれど、家族に子供を預けて出かける
→パパに…一人でor友達とショッピングや食事
→祖父母に…パートナーと二人きりでお姫様気分のデートを楽しむ


今回は「私が主役」ですから罪悪感はナシですよ。

お金も他の人の協力も、ちょっとムリそう(>_<)
そんな時は「自分史上最大の妄想」を!
したい放題です(笑)

ただし、【自分史上最大】にするのをお忘れなく。

月がパワーをくれる、といっても調子に乗り過ぎると「自分勝過ぎる」「横柄だ」と周囲から反発を買ってしまいかねないので、妄想以外は実行する時にご注意くださいね。

そうそう、最後になりましたが「自分はしし座らしく、いつでも主役だと思ってるよ!」という方。
そんなあなたは素晴らしいです。
自信なさげで弱気な姿はあなたらしくありません。

とはいえ、度が過ぎて周りの方々に迷惑をかけていないか、客観的に見直してみてはいかがでしょう。
たまには普段脇役に徹してくれている身近な方を主役になってもらういい機会です。

しし座の寛大さを発揮してくださいね。

あなたが主役の1日にふさわしいのは「スッキリ姿勢」。すぐにできる簡単pointをご紹介。

新月~上弦の月のパワーが影響を与える臓器は「肺」。
呼吸がカギとなる期間です。
そしてしし座に対応するのは「背中」。

明日の新月に主役になりきり、そのパワーを持続させるためには…
「背筋を伸ばして深い呼吸をする」

そもそも姿勢が悪いと「華やかで誇り高き主役」には見えないですよね。

今回、肺の機能UPにオススメなのは二つ。
「鎖骨に蒸しタオル」「親指の付け根を揉む」です。

呼吸が浅くなる時は鎖骨の周りが硬直しています。
夏バテは呼吸器の疲労、といわれることもあるくらいなので特にこの時期は要注意!

そんな時は「鎖骨に蒸しタオル」
左右片方5分間ずつ蒸しタオルを当てるだけ、と簡単で即効性がありオススメです。

蒸しタオルは電子レンジでチン、ではなく熱いお湯を使って作ってくださいね(火傷に気をつけて!)
鎖骨近辺の硬直が解け、呼吸がラクになっていませんか。

親指の付け根は腕から胸に直結しているのですが、普段あまり意識しないところかと思います。
親指の下のふくらみをちょっと揉んでみてください。

意外とイタい!という方が多いのではないでしょうか。
何事もやり過ぎは禁物ですので「イタ氣持ちいい」「ほぐれてスッキリ」という程度にしてください。
親指周りだけでなく腕から胸のあたりまで緩んだ感じになるといいですね。

暦の上では秋になりましたが、まだまだ暑い日が続きそうです。
心身共に健康な毎日のために、月のチカラをぜひ活用してくださいね。

こちらのwebマガジンには毎日1~2記事、いろいろな視点からの月にまつわるコラムが掲載されていますのでご参考になさってください!

ライタープロフィール

朋子 月よみ師®
1968年 東京生まれの千葉育ち。

バブルを経験したベテランOL。



三十代後半、残業やストレスが多い仕事中心の生活でセルフケアが必要だと気づく。たどり着いたストレッチ教室で「

カラダが変わればココロも変わる」を数年がかりで実感。人生の転機となる。

偶然目にしたツキヨミ塾(現月よみ塾)から始まり、月とココロとカラダのつながり、図星だらけの月からのメッセージを知れば知るほど、

<月よみ>で本来の自分を知り、受け容れることで生きやすくなるとの想いを深め、月よみ師に。



好きなことは、散歩・高いところから景色を眺めること。
Return Top