月よみ -inner independence-

人生を輝かせるための最初のステップが、ご存知◯◯を知って活かすこと

人はいつ、感動を拍手で表現するようになったのだろう?
人はいつ、自分に向けられた拍手に喜びを感じるようになったのだろう?
太陽も月も【獅子座にある】今日の12:58まで。
あなたの中の魂の喜びはどこにあるのかに向き合ってみてほしい。

こんにちは、鹿児島の月よみ師®︎文海です。
わたしの住む家のベランダからは、毎朝【桜島と一緒に太陽】を拝むことができます。
そして、毎晩【桜島と一緒にお月さま】も拝むことができます。

月よみ師養成講座に通い始めた頃から換算すると、約1年半の間、朝のパワーチャージ、夜の月光浴を日課に、自分と向き合う時間を大切にし続けてきました。
今日は、自分の振り返りとしても、月よみ生活が、わたしの人生にどう影響してきたのかを書いていきます。

女性に特に知っていただきたい、「月は優しい」の所以

【「女心と秋の空」と言われるように「月が約2日半で次の星座に移るから」特に月の影響を受けやすい女性は、思考も感情もコロコロと変わるんだ!】
以前、おのころ心平氏が講演で言ったこの言葉を、私は忘れないようにメモにとりました。おひつじ座〜うお座まで約2日半で移りゆく、その12星座すべてのエネルギーを、月を介して受け取っている私たち。エネルギッシュな【火】おひつじ座、
快不快のセンサーが働く【地】おうし座、
伝えたい気持ちが高ぶる【風】ふたご座、
家族への思いが強まる【水】かに座…「変わって当たり前、ずっと同じでいられるはずがないよ」というのは、自己矛盾に苦しんでいた私のココロを解放してくれた、月よみの最初の【優しさ】でした。

それから、ホロスコープを少しずつ学び
「わたしたちの中には、12星座すべての要素があって、それぞれを成長させていくことで、人生を自分らしく生きていくことができるのだ」
と学びました。

その「星座を成長させる?どうやって?」の手っ取り早く1番簡単な方法こそが「月を介してエネルギーを受け取ること」つまりは「月のリズムに沿って行動すること」だと知ったのです。

そして、自分を知ると自己肯定感が上がります。
みんな違うんだってことを嫌でも知るから、これまでのジャッジが通用しなくなります。
月よみは、人をジャッジすることには使いません。
理解するため、育むためのツールとして使うんです。
それが、何よりの【月よみは優しい】の所以です。

人生の主役は自分自身。獅子(=わたし)の目覚め

ここで冒頭の問いかけに戻ります。
人はいつ、感動を拍手で表現するようになったのだろう?
人はいつ、自分に向けられた拍手に喜びを感じるようになったのだろう?

太陽も月も【獅子座にある】今日の12:58まで。あなたの中の魂の喜びはどこにあるのかに向き合ってみてほしい。

先日、夜空を彩る花火を見ていて、ふと思ったことがありました。

(花火って、まるでライオンみたいだ)これは、絵的に。
パァンと開く火のヒカリが、雄ライオンの鬣のようで、真っ暗な夜空に光り輝く姿は、いくつもの個性(=私たち)が、花開いているように見えました。

そして、音。
心臓にドーンと響く大きな大きな音は、魂が目覚めていくような...自分らしく輝くことに蓋をしている部分に、大きくノックするような音じゃないかと思いました。それはまさに、しし座のテーマである
●自分自身を肯定し、自信を持って生きること
●この人生の主役として、思いっきり楽しむこと
を「思い出せ!咲け!咲け!!目を覚ませ!!!」とたたみ掛けるように響くような音。しし座の支配パーツである【心臓】にバシバシ響いてくる音。

そして、大輪の花を咲かせて散ると、自然と拍手が沸き起こる。
わたしは、花火大会のこの拍手の瞬間がたまらなく好きなのです。

↑拍手喝采を浴びまくっていた頃(笑)

赤ちゃんが自分の足で一歩一歩ヨチヨチ歩きをはじめたときに、お父さんもお母さんも、こっちまでおいでと手を叩いて「注意を引く」。
そこまで辿り着けたとき、よくできたね!と拍手をされる。

初めて自分に向けられた拍手を浴びて嬉しかったのは、きっとそのときですね!だから、人は嬉しさや喜び、感動を拍手で表現するようになったのかもなぁ〜。なんて思います。

ホロスコープで観ると、わたしはドラゴンヘッドしし座。
ドラゴンヘッドとは魂の経験が少ない【今世で学ぶべきテーマ】だそうです。
それが「自分を生きる!」という、しし座にある。

だからなのか、夫を含め月星座しし座の人に惹かれます(笑)

しし座のクリエイティブさ、光り輝く姿、自分の存在に対しても他人の存在に対しても寛容であること、違いや個性を認めるチカラがあるところ。

そんなしし座パワーが私にも降り注ぐように、昨日の新月には願いを放ちました。

まずは、自分でこれまでの人生に拍手を。
そして、この人生をたくさんの拍手を送れる経験をして、思いっきり楽しむんだ!と宣言したのです。

自分の月を活かすこと。
そのために「月を知ること」このサイトでは、月についての膨大な情報を得ることができます。
各星座の特徴や、そのときに合った過ごし方、セルフケアの方法や、摂るといい食べ物やアロマなど、本当に盛りだくさん。まるで月の辞典みたい!月に興味を持ってこのサイトにお越しくださったなら、ぜひ過去の記事から、いろんなことを調べてみてくださいね!・いつもココロで葛藤していたのは、これが理由だったのかぁ。
・こんなこと人に言えないなぁと思ってたけど、なんだ、別に良かったんだ!きっと、自分を探求して紐解いていく「ベスト・オブ・ツール」は月よみだと思います。
まるで、自分だけを見てくれているような優しい月明かりの中で、どうぞ自分のココロと丁寧に向き合う時間を過ごしてみてください

月の要素が満たされると、太陽が輝き出します。この部分についても、いずれまた書いてみたいと思っています。

あ、あと桜島の写真をもっとご覧になりたい方、今後は是非私のInstagramもフォローしてくださいまし♡→ holoholo_ayami521

ブログはこちらです
https://ameblo.jp/holoholo-ayami/entry-12384992530.html

ライタープロフィール

文海(Ayami) 月よみ師®
セラピスト

接客業が好きで、JR九州で13年働くが、同じ接客業でももっと、一人一人とゆっくり向き合う接客をしたいと思い退職。
導かれた先はHawaii。
ロミロミマッサージを学びながら、ハワイの大自然に癒される内、本来の自分に還り、魂の再生を体験。
人のカラダに触れる事は、人の脳やココロに触れるのと同じ事。
自己探求を深める中で、おのころ心平氏のブログがきっかけで月よみ師に。
月よみで得た最大のメリットは、自己肯定感の底上げ。
毎朝、桜島を拝みながらパワーチャージ、毎夜、月光浴をしながらグラウンディングすることが日課。
月フェスinハワイを実現の為、新月の度にオーダー中。
口ぐせは「ハワイ行きたい」
Return Top