月よみ -inner independence-

さそり座上弦の月を越え、「引寄せエネルギー」で本来の自分にかえる時

タイミングは上手く使うもの

ライオンズゲートが開き、お盆も過ぎて、さそり座の上弦の月を越えたこの時期。
所謂「引寄せ」や「シンクロニシティ」が起きやすい、宇宙回りも後押しするように自分の本質へと還るタイミングです。

自分の中での「ざわざわ」「モヤモヤ」した欲求や希望を、具体的に取り組んでいく、行動に移していくにはこのタイミングを使わない手はありません。

手当たり次第や行き当たりばったりもそれはそれでその時のタイミング。
ですが、せっかくですから宇宙からの、上弦の月からの引き寄せ、シンクロニシティを起こしやすいこの宇宙に、対極に感じる自分の内側へとフォーカスしてみましょう。

引寄せとは自分のチューニング次第

そもそも引寄せるとは、良い物事が自分へと次々とこちらに向かってくる様に感じられますが実は逆です。
ラジオの周波数と同じ様に自分がチューニングして起きている事に視点、焦点を合わせるだけなのです。

そして現実に起きている事に意味を付けるのはいつでも自分です。

引寄せると言うと実は物事が都合よく自分の方向へと向かってくる集まってくるかの様に感じられますが実は現状起きる事は変わらないのです。

変わらないと言うのも少し言葉が足りないかも知れません。
自分がそれをどう感じるか?の視点観点が変わるだけなのだと、つまりは捉え方考え方次第だと思うのです。

人は何かに出会うことで本当の自分へと還る

お金が増える減るも、
仕事が楽しくなるのもやり甲斐を感じられるのも、
いまの場所に違和感を感じ自分の使命は別な場所にあるのかも?と感じる事も、

ワクワクする事、モヤモヤする事、
ラッキーな事もアンラッキーな事も、
愛も怒りも憎しみも愛おしさも
全ては自分と他の人や何かとの出会いからしか始まりません。

誰と出会うか?が大事と言われています。

それは何故かと言えば、自分にはない考え方や捉え方をして自分にはなかった行動をしている人から影響を受ける、自分の殻や枠を壊してくれるからなのだと私は思います。

同じ波長同士が共鳴するのも心地よいでしょう。
しかし影響を受け成長させてくれるのは必ず同じ波長同士とも限りません。

自分の中の可能性スイッチを入れてくれるのが出会いであり、価値観の違いがよりお互いの思考や好奇心スイッチを強く押すのです。

シンクロニシティのその後

「引寄せる」「シンクロニシティを起こすのは先ず自分が波動を上げる事。

波動を上げるって何?と思った貴女!
そう波動を上げる事とはつまり機嫌が良い、ごきげんで、feel goodな状態にある心です。

機嫌が良い人のごきげんな波動は見た目ですぐわかりやすく、惹きつける魅力は誰もが理屈抜きでわかりますね。
誰と出会うかが大事。
そして何をするかも大事。
でもそれをどんな心でするか?が1番大事。

ここ最近特に

「自分の本質とは何か?」
「私の役割とは何か?」
「どう生きたら、どう在ったら自分は幸せなのか?」

を考えさせられる事が多くはないでしょうか?

そして貴方は、
もう既に知っている、
手にしている。
ここにあった。
と胎の底で、女性なら特にさそり座の示す子宮で気付き始めているのではないでしょうか?

さぁ本来の自分へと還る、心の準備はもうできていますか?
大丈夫。
貴女ならきっと想い出すはず、そして貴女の本質を表現していく時へと突入していくのです。

全ては、愛という名の下に。

ライタープロフィール

きゃさりん 月よみ師®
スピリチュアル・コンシェルジェ、月よみ師®︎
数多あるスピリチュアル・占術などからその方の「人生の基本設計」を読み解き最適なものをキャッチアップしご案内しています。
1972年4月、福島県会津に、アルビノ(先天性白皮症)として 金髪、真っ白な肌、ブルーグレーな瞳という個性を持って生まれる。
2016年それまで全く興味のなかったスピリチュアルな世界に引き寄せられ、 気がつけば、森羅万象のソウルと繋がる修業に入る。
月よみ、やまと式数霊術、ソウルリーディングの他に リフレクソロジストとして15年以上キャリアを持ち、クライアントの身体の声を聞き取る特徴をもつ。
太陽星座:牡牛座 月星座:蟹座 上弦当日生まれの好奇心旺盛 変態好き
Return Top