月よみ -inner independence-

月は満月に向かっています。今日の月星座はやぎ座エリアに。 夏の疲れをとるのに、意識してみること・・・

先週中ごろより、夜に虫の音が聞こえだしてきました。
少しずつ暑さが和らぎだしましたね。

暦の上では今日は処暑。
暑さが収まってくる頃と言われています。

今年の夏はとても暑く、暑さで食欲が落ちたり、
冷たいものを摂りすぎて
胃腸がバテている人が多いようです。

満月に向かっているこの時期は、
栄養をカラダが吸収しやすい時。

こういう時だからこそ、
たくさん食べるのではなく、
食べるもの選んで、
よく噛んで食べることが夏バテ解消のコツです。

お味噌汁・塩(天然塩)・ゴマ塩・梅干しや海藻や旬の野菜などを
意識的にとって行くことで、
胃腸にあまり負担をかけず、
夏の暑さでバテたカラダを元に戻していけますよ。


特に体温が35℃台のあなた、
貧血気味のあなた、
夏バテを自覚するあなた、
満月に向かっているこの時に、実行あるのみです。
それに加えて、冷たいもの、甘いものを控えていくことも大事です。

今、月星座はやぎ座エリアに。
ここのところ、夏ばてで肌の調子が良くないって、
そんなあなた。

今日はお肌のお手入れを念入りに、
早めに休んでみてくださいね。
いつもより肌の復活度が早いです。

そして、スポーツや仕事絡みで、
関節の調子が悪い人も今日は無理せず、
休めてあげることを意識してみてくださいね。

月星座がやぎ座に入っている時は、
肌や関節・骨等を無理すると悪化しやすく、
手当や休めてあげると早く良くなると言われています。

血液循環もよい時なので、
カラダの冷えや肩こり・だるさを感じるときは
ぬるめのお風呂にゆっくりとつかると
いつもよりすっきりするかも。

この暑さも、早く収まるといいですね。
9月も暑いようですが、
やっぱり、7月・8月に比べると少しづつ楽になっていくでしょう。

夏の疲れを少しでも残さないようにするためにも
自分のカラダの声を聴いて
体調を整えていってくださいね。

≪ 参考図書 『月の癒し』ヨハンナ・バウガー  トーマス・ポッペ ≫

ライタープロフィール

わかば 月よみ師®
短期大学を卒業し、保育士を経て、結婚を機に薬業界に入る。
25年前より生駒市で薬店を夫婦で開業。
自分がココロのバランスを崩したことをきっかけに、
故 小林正観氏のもとで『見方道アドバイザー』を取得。
女性と月のリズムが深く関わっていることを知り,
月よみ師®を取得。
月よみを交えながら、ココロもカラダも元気になるような
セルフケアも交えた健康アドバイスができる
健康アドバイザーとして、店頭に立っている。
特に更年期に月よみを取り入れ、楽しく乗り切れる方法を
自分も含め模索中。

月よみ師®、温灸療術師、見方道アドバイザー。
Return Top