月よみ -inner independence-

夏の終わりに月のエネルギーで私ケアを

今日から9月ですね。
土曜日なので、学校のスタートは来週から。
こども達は、夏休みが終わってしまう寂しさを感じているかもしれませんが、
長い夏休みが終わって、ほっとしているお母さん方も多いのではないでしょうか。月は今、満月から下弦に向かっている満月(-)期。
月のエネルギーが心臓に入りやすい時期です。
「私」と言うとき、心臓の辺りに手を当てますよね。
心臓は私を発見する場所です。
「私」をケアするための瞑想についてお伝えします。

自分をリラックスさせ、余分な緊張を取り除くために

マインドフルネス瞑想など瞑想に対する注目が高まっています。
瞑想というと、目をとじて雑念を払い、集中しなければならない、と難しく考えがちですが、例えばこんな簡単なことから初めてみませんか?

・自分の呼吸を意識してみる。
鼻から吸って、口から吐く、できるだけ長く細く吐いてみる。
深い呼吸は、副交感神経が優位になり、瞑想状態に入ることができます。
寝る前に、深い呼吸を意識するだけでも睡眠の質が変わってきます。寝る前におすすめなのがもう一つ。
心臓に手を当てて、自分の鼓動を感じること。
1分間、目をつぶり鼓動に意識を集中して、自分の鼓動と自分の意識を同調させてみましょう。

・ボーッとする時間を作る。
ちょっとした隙間時間にスマホを見るのではなく、ボーッとする。
目を閉じてリラックスするだけでも、思考がリセットされますよ。

シンギングボウルでの瞑想体験

先日、シンギングボウル倍音浴&瞑想講座に参加する機会がありました。

シンギングボウルはチベット密教の法具です。
紀元前から存在していたもので、チベットの高僧が瞑想される時などに、使われているそうです。
その長い歴史から伝えられてきた音の叡智が詰まっているシンギングボウルは、『音の曼荼羅』とも言われ、独特の振動と音色を奏でます。
その音色は倍音と言われる、もともと持っている音と同じ高さの周波の他に複数の音を持ち柔らかな優しい温かみと「ゆらぎ」を感じる音色が特徴です。

目を閉じながら、シンギングボウルを鳴らしていると、心と体がゆるみ、まるで宇宙の中に浮いているような感覚になりました。
その響きは細胞の隅々にまで届き、活力を与えると言われています。

この倍音が注目され始めたのは、ここ20-30年ほどのこと。
欧米を中心とする各種のセラピーやヒーリングに取り入れられ、日本にも入ってきました。
でも実は、最初に日本に持ち帰ったのは、空海。ただその時は、食器として使用されていたそうです。

シンギングボウルは 7つの金属(7メタル)からできています。
7メタルの合金には、金(太陽)、銀(月)、銅(火星)、水銀(水星)、すず(木星)、鉄(金星)、鉛(土星)の7つが、入っています。
一つのシンギングボウルの中に、宇宙がなりたっているということですね。

そして、その7つの音色は、7つのチャクラと対応しています。
C:第1チャクラ
D:第2チャクラ
E:第3チャクラ
F:第4チャクラ
G:第5チャクラ
A:第6チャクラ
B:第7チャクラ

今回の体験会でたくさんあったシンギングボウルの中から、ご縁を感じ私が選んだのは「G:第5チャクラ」のものでした。
ここ最近ずっと咳が続いていたので、喉のチャクラでもある第5チャクラの音を選んだのかもしれませんね。シンギングボウルの中には、満月の夜に作られるフルムーンボウルと呼ばれものがあります。
いつかフルムーンボウルを我が家に向かえたい、と思っています。

これから秋が深まり夜が長くなる季節。
月の光を浴びながら(イメージしながら)瞑想することを、日常に取り入れてみませんか?

ライタープロフィール

Emily 月よみ師®
NARD JAPAN認定アロマアドバイザー

埼玉県三郷市在住 小学生2児の母
育児休暇を経て短時間勤務で子育てをしながら働く経験をもつ。
自身の経験から、自分や家族の症状が酷くなる前に、ちょっとした不調をすぐにケアする方法や、いつも忙しいお母さんのホッとする癒しの時間の必要性を痛感。
20年以上勤務したIT企業を退職し、月よみとアロマテラピーを用いたセルフケア・自分や家族のホームケアをお伝えしていく活動を開始。

忙しい日々の中で、月を見上げ、月のリズムで生活することで
自分自身を満たし、笑みあふれる日々を提供したいと考えている。
現在、小学生2児の子育て真っ最中、週末はフラで癒やされる毎日。
Return Top