月よみ -inner independence-

双子座の下弦の月に、 デジタルデトックス のすすめ

台風や突然の雨が過ぎた後は、空気も綺麗になり、月がより一層輝きを増して見えますね。

9月3日は双子座の下弦の月
ここからどんどん月は細くシェイプれてシャープになっていきます。

下弦の月のキーワードは「手放し」や「浄化」
双子座のキーワードは、多様性・社交性・学び・インターネット・好奇心・情報・コミュニケーション

このタイミングで行なって頂きたいこと。
それは「デジタルデトックス」です。

私達が一日に与えられる情報は、
平安時代の一生分、
江戸時代の一年分、
とも言われています。

今の時代欲しい知識はググればすぐ膨大な量の情報が手に入ります
その膨大な情報の中で自分に合ったものを取り入れる。
取り入れるにしてもその前に精査したり、振り分け、記憶せたり常に私達は頭をフル回転せています。

人との出会いも然り。
都会に住んでいる人なら毎日何万人とすれ違うのでしょう。
都会でなくとも、外に出たなら、
学校や職場で挨拶を交わし仕事をしたり授業や講義を受けたりどれだけ情報が入って来ているのか計り知れません。

目からの情報もそうですが、瞬時に私達はその場の空気を読み、人を気遣い、心を配り、行動を起こしています。
兎に角、膨大な情報を呼吸するかの様に取り入れたり吐き出したり、常に頭と感覚、五感全てをフル回転せているのです。

コミュニケーション

この世は全てがコミュニケーションで始まりコミュニケーションで終わる、そう私は思います。
家族や友達、ペットや花、庭の草木とも、
仕事も学校も遊びも生活全てがコミュニケーションであり、生きる事こそコミュニケーションであり、愛だと思うのです。

だからこそ、手放しのこの時期は、外とのコミュニケーション、情報量を減らして、
自分とのコミュニケーションをはかる為にあえての
「デジタルデトックス」をしていきましょう。

貴女はどれだけデジタル依存していますか?

スマホを手にすればSNSやブログをチェックしたり、
観ていなくても付けっ放しにしてしまいがちなテレビだったり、
仕事でデスクに着いたらパソコンを立ち上げ、帰りまでずっと画面とにらめっこ。

頭も目も心も疲れないはずありません。

「テレビやゲームは1日1時間」
小学生の頃、私達は親にそう言われて夜8時にはお布団に入って寝ていました。
それが当たり前でしたが、それは成長ホルモンを活性化せるのにも最適だったのです。
「寝る子は育つ」事を身体や感覚で自然と分かっていたのです。

て今はどうでしょう?
「スマホは1日1時間」
そんな事を伝えている親御んいらっしゃいますか?

これだけインターネットや情報社会なのに1日1時間は自分だって難しいのに、子供にはそれを躾として言うことは出来にくいものです。
もしかしたらその考え自体がもう無くなっているのかも知れませんね。

デジタルデトックスはメンタルデトックス

脳を休ませる事は心を休ませる事に繋がります。
何故なら心は脳で作り鍛える事が出来るからです。
習慣は意図せずに外す事はできません。

双子座下弦の月のこの時期は、
外からの情報、自分以外とのコミュニケーションを手放し、
寝る前の1時間はスマホに触らない、
テレビも音の出る全てを消して、外からの情報をシャットアウトし自分と向き合う時間にしましょう

自分と向き合う時間は
「自己革新」をもたらします。

self-innovation 「自己革新」を
するために
五感全部で感じ
自分の頭で考え
自発的に行動する
先ずは「自分を知る事」から
「自己革新」へ。

様々な切り口でお伝えする自己革新祭り
self innovation festival

ここで自分に合った革新方法がきっと見つかります。

私も会場で、貴女のself innovationをポートします。
https://naturalhealing-school.org/archives/11197

小林 純子   きゃりん@45

ライタープロフィール

きゃさりん 月よみ師®
スピリチュアル・コンシェルジェ、月よみ師®︎
数多あるスピリチュアル・占術などからその方の「人生の基本設計」を読み解き最適なものをキャッチアップしご案内しています。
1972年4月、福島県会津に、アルビノ(先天性白皮症)として 金髪、真っ白な肌、ブルーグレーな瞳という個性を持って生まれる。
2016年それまで全く興味のなかったスピリチュアルな世界に引き寄せられ、 気がつけば、森羅万象のソウルと繋がる修業に入る。
月よみ、やまと式数霊術、ソウルリーディングの他に リフレクソロジストとして15年以上キャリアを持ち、クライアントの身体の声を聞き取る特徴をもつ。
太陽星座:牡牛座 月星座:蟹座 上弦当日生まれの好奇心旺盛 変態好き
Return Top