月よみ -inner independence-

近い存在だからこそ、うまくいかない。そんな時、月星座で知る親子関係をうまくいかせる方法vol.12> 月星座おとめ座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子までの場合

新学期が始まりました!
子どもたちが学校へ行ってほっとする半面。寂しい気も…

だけれど、一番心配なのは
「夏休み中に乱れてしまった生活習慣をうまく戻せているかどうか」かもしれませんね。

先月、今月と紹介をさせていただいている月星座おとめ座の親は、そんな生活習慣を立て直すのがとても上手!
身近に月星座おとめ座の人がいたら、コツを聞いてみるとよいかもしれません

それでは、今月の月星座で見る親子関係アドバイスです!

これまでの月ウェブマガジンでは
Vol.1月星座おひつじ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座かに座まで
Vol.2月星座おひつじ座の親×月星座しし座の子~月星座うお座まで
Vol.3月星座おうし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.4月星座おうし座の親×月星座しし座の子~月星座うお座の子まで
Vol.5月星座ふたご座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.6月星座ふたご座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.7月星座かに座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.8月星座かに座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.9月星座しし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.10月星座しし座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.11月星座おとめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
をご紹介いたしました。

今日は第12回 月星座おとめ座の親の場合後半です。今回は
月星座おとめ座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子までの場合>をお送りいたします。

まずは、ご自分とお子さんの太陽星座、月星座を確認してみましょう。
確認方法はこちらから

確認できましたか?
それではまずは、月星座おとめ座の親の特徴から!

月星座おとめ座の親の特徴

・計画通りにきっちり進めるのが好き
・整理整頓が得意
・物事の分析能力が高い
・細部にまで気が付いてしまうので、皮肉を言ってしまうことがある
・とても繊細
・誰のことも見捨てない。全員のケアをきっちりする
・一言でいうなら 有能な秘書

では今月の月星座が教えてくれる子供も私もご機嫌で過ごす秘訣を!

おとめ座の親×てんびん座の子

月星座おとめ座と月星座てんびん座の共通点は、身ぎれいでいることが好きなこと。社会性を大切にするところ。

ただ、違うのは月星座おとめ座の親は自分の身の回りを心地よくすることが大好き。月星座てんびん座の子は大勢の人に囲まれて、みんなと仲良く、仲間といる空間を心地よくすることが大好きということ。

月星座おとめ座の特徴は奉仕の精神。周りの人に尽くしすぎてしまうため、自分のお城、自分の家に戻ってきたときは、自分だけのお気に入りの空間でほっとリラックスしたいと思っています。

そんな月星座おとめ座の親にとって脅威なのは、少し大きくなった月星座てんびん座の子。

学校帰りに大勢のお友達を引き連れて戻ってきます。しかも約束もなしに連れ帰ってくるので、月星座おとめ座の親は、リラックス空間を荒らされてしまって、イライライライラ。
てんびん座のこどもについ、「お友達を連れてこないで!」と言ってしまうかもしれません。

でも、それでは月星座てんびん座の子の良さや、いいところ。
てんびん座の子が「自分らしく生きる」という力を育てることが難しくなります。
月星座てんびん座の子は大勢の仲間といることで、その良さを伸ばすことができるのですから。

解決方法は、お友達を連れてくるときは必ず事前に連絡をする。入っていいのは子ども部屋だけ。時間も何時まで。などとルールをしっかり決めることです。
賢いてんびん座の子は、ルールをしっかり守ることができますし、自分の希望を叶えてくれる親に感謝をするでしょう。

おとめ座の親は、他にも細かいことをいろいろ言いたくなってしまうかもしれませんが、大枠はしっかり厳しく守らせて、後の細かいところは多少目をつぶる。そのような覚悟でいるとお互い楽な気分で過ごすことができます。

おとめ座の親×さそり座のこども

すべての物事をコントロールしたい月星座おとめ座の親にとって、月星座さそり座の子供は手ごわい相手です。
どんなになだめたり、すかしたり、あの手この手を変えても、さそり座の子の一度「こう!」と決めたことを覆すことはできません。

そして、月星座さそり座の子はとても賢いので、「お母さん(お父さん)はまた、私をコントロールしようとしてる!」と、警戒心をどんどん強くしていってしまうでしょう。
月星座さそり座の子は12星座一「自分の意思が強い」「自分のことは自分で決めたい!」という気持ちが強いのです。

では、こんな子にはどう対処したらいいのでしょう。

一番は「子供は思い通りにならないもの!」とあきらめてしまうこと。最低限のルールは決めますが、さそり座の子の自主性に任せてしまうというのも一つの手です。

そんなこと言っても…全部さそり座の子に任せてたら大変!と思うかもしれません。

その時は、「さそり座の子に選ばせる!」
月星座おとめ座の親は「こう!」と思い込んで決めつけてしまう傾向があります。
なので、月星座さそり座の子に2つないしは3つの提案をして、選ばせるのです。

選択肢はもちろん親が望むものを選んで構いません。
さそり座の子にとって、「自分の意思で決めた」というプロセスが大事なのです。

でも、その前に大事なのはさそり座の子としっかり信頼関係を築いていること。さそり座の子が望むことは「自分で決める」「一人の人と密な信頼関係を築く」ということ。

おとめ座の親は人を癒す力があります。もし、さそり座の子が悩んだり、困ったりしていたら、原因を追究するのではなく、そばにいて、しっかり心に寄り添ってあげましょう。
その時にぎゅっと抱きしめてあげることをお忘れなく。

おとめ座の親×いて座の子供

月星座おとめ座の人は秩序やルールを大切にしています。そして、そのルールや秩序を守るように、自分だけでなく、自分以外の人にも強く望んでいます。
それに対して、月星座いて座の人を一言で表すならば「自由奔放。」特に子供時代は、その月星座いて座の自由奔放さをだれも止めることができません。

「月星座いて座の子はしつけることができない」それぐらいの覚悟をもって、向き合っていくほうがよいくらいです。
そんな、月星座いて座の子に「なんとか躾て見せよう!」と腕まくりをして頑張ってしまうのが、月星座おとめ座の親。

一生懸命、頑張るのですが、常識にとらわれてしまうおとめ座の親の予想をはるかに超えたことをするのが、いて座の子なのです。

逆に、「あら、うちの子月星座いて座だけどそんなことないわ。きちんとしてるわ。ああ、よかった。」そういうこともあるかもしれません。

でも、その時は要注意。それは月星座おとめ座の親が、強く締め付けすぎて、いて座の子の良さを伸ばせていないサインだからです。

いて座の子の予想外の言動に、柔軟力や応用力を鍛えてもらおう。それぐらいのスタンスで子育てをしたほうが、いて座の子の良さは伸びますし、自立できる大人となっていきます。

ルールは守れても、自立できない大人。最近増えてきていますよね。
そんな大人にしないためにも、いて座の子の自由奔放さを認めてあげましょう

おとめ座の親×やぎ座の子供

とても相性の良い組み合わせです。二つの星座ともに、ルールや秩序を守ることが大好き。

加えて、月星座やぎ座の子どもは、大人や目上の人を敬い、従うのが当然と思っています。月星座おとめ座の親の決めたルールがよっぽど理不尽なものでない限り、喜んで従いますし、しっかり守るでしょう。

一つ、気を付けてほしいことは、「ルールを決めるときは大枠で」ということ。
月星座おとめ座が見ているのは身の回りのこと。
特に身の回りの細かいところまで、細かくルールを決めたくてしかたがありません。

対して、月星座やぎ座の子が見ているのは社会。見ている範囲が広いのです。

特に、月星座やぎ座の子はルールを守ることやそれを認めてほめてもらうことに喜びを見出します。
それなのに、ルールが細かくなればなるほど、約束は守りにくくなりますし、ほめてもらえることが少なくなります。
そうなるとやぎ座の子はどんどん自信を失ってしまいます。

また、ルールを大枠で決めてもらったほうが、やぎ座の子も工夫や改良点をどんどん見つけることができるので、やぎ座の子の成長に役立ちます。
おとめ座の親からとは違う視点から見たルール。意外と良いものがたくさんあるかもしれません。

おとめ座の親×みずがめ座の子供

はたから見ていると「さっぱりした親子」とみられるかもしれません。
なぜなら、月星座おとめ座の親も月星座みずがめ座の子もスキンシップがちょっと苦手だから。

子どもが大きくなって言葉によるコミュニケーションに問題がなくできるようになると、理知的な会話ができる大人っぽい関係の親子となるでしょう。

月星座みずがめ座の子は風変りですが、とても賢いので、基本的に親の決めたルールは守ります。
しかし、そのルールが不公平であったり、理不尽なものであると納得することができません。

「親が決めたことだから」月星座みずがめ座の子には、このルールは通用しません。基本的に人間はみな平等であると考えているからです。

いつもはキチンということを聞くのに、きかない。
もしくは何度言っても約束を破る。
こんな時は、月星座みずがめ座の子はそのルールに納得をしていない可能性があります。

表立って、不平を言わないかもしれませんが、納得できていないので、どうしても行動に移すことができないのです。

そんな時はじっくり話し合いましょう。
頭の良い月星座みずがめ座の子。納得できれば素直に従います。

その時月星座おとめ座の親は「親が決めたんだから!」という理由に逃げないこと。
月星座みずがめ座の子はその時は従う素振りをしますが、親に対する信頼や尊敬をどんどん失くしていきます。

月星座みずがめ座の子がどんなに小さくても、一人の人間として扱い、とことん話し合ってください。意見を聞いて、認めてもらうということが親子の信頼関係をより良いものにしていきます

おとめ座の親×うお座の子供

お世話が大好きなおとめ座の親。甘えるのが好きな月星座うお座の子。
特にうお座の子はポーっとしていることが多いので、おとめ座の親は心配で手を焼きたくて仕方がありません。

月星座うお座の子のお世話をすることで、月星座おとめ座の親は、「親であることの喜び」を心ゆくまで楽しむことができるでしょう。
ただ、それが許されるのは小さい時まで。一歩間違うと、親離れ、子離れができない親子になる危険性があります。

子供が小さい時は何でも、お世話をしてあげていいのですが、大きくなってからはどうでしょう?

うお座の子はどんなに大きくなっても、ポーっとしている。
頼りないという傾向が12星座中一番強い星座です。
そして、12星座中一番奉仕精神が強いおとめ座の親はつい手伝ってあげてしまいたくなります。

でも、それはうお座の子にとって良いことでしょうか?
子どものためと言いつつも、うお座の子の成長や自立する力を奪うことになっていませんか。

お世話を放棄しろ、突き放せと言っているのではありません。
いつまでも空想の世界に漂っているうお座の子。
その子を規則正しい生活や、厳しくも愛情を持った態度で、現実世界に目を向けさせてあげましょう。

月星座うお座の子がきちんと、自立した大人になれるかはおとめ座の親の手腕にかかっています。

いかがでしたでしょうか?

次回は月星座てんびん座の親と月星座おひつじ座の子供から月星座おとめ座の子供まで。
親子関係をうまくいかせるコツをご紹介します。

ライタープロフィール

IKI(いき) 月よみ師®
ムナイ・キ マスター、アースキーパー
JAA認定アロマコーディネーター
キッチン蒸留ATRホームケアアドバイザー
小学校児童英語講師

女の子2人の母。毎日子育てと仕事に奮闘中。
子育ての試行錯誤の中、月星座に出会う。学ぶうちに、違和感を感じ続けていた両親との関係、更に自身が感じてきた生きづらさにも月星座が関係していた事を知る。
月星座を知ることで、「大事な家族とよりリラックスした関係を築き」、何より自身が月星座を知ることで「しがらみから解放された」事を実感する日々。
現在は、月星座を使ったインナーチャイルドのリリースイメージワーク、親子関係アドバイスなどを行っている。

好きなもの:鳥、満天の星空、神社へ行くこと、ホストファミリーをすること
Return Top