月よみ -inner independence-

月からのメッセージを意識しながら、より自分らしくより幸せに生きる時間の探し方

ジリジリと焼け付くような暑さもやわらぎ
朝晩は少しずつ過ごしやすくなりました。
月よみ師®成田雅美です。

暑い夏の終わりに
私の中でかなりホットなテーマの講演会に行ってまいりました。

人生100年時代を幸せに生きるチカラ

みなさんは『人生時計』ってご存知ですか?
『人生時計』とは人の一生を24時間に置き換えたときの時間のことです。

計算の方法はとても簡単です!
◆人生80年とするならば年齢を3で割る。
◆現在では人生100年時代ともいわれているため、その場合は年齢を4で割る。
(自動で計算してくれるアプリやサイトもあります。
その一例 → http://s-deck.jp/lifeclock/ )

ここで出た数字が人生における今の時間となります。
さて、あなたの人生時間は何時ですか?

人生100年として30歳なら午前8時前。
起床後、活動を始める時間帯です。

女性にとって様々なライフイベントが集中するのは
10代後半から30代が多いと言われていますが、
全てのイベントをみんなが同じように体験するわけではありません

生き方は人それぞれ。
何を選択し、どんな決断をいつするのかは自分次第です。

女性のエンパワーメント専門家の大崎麻子氏は
著書「エンパワーメント」の中で
ー『エンパワーメント』は生きていくための総合力。
自分の意思を持ち
自分で決めながら
自分らしくいきていこうー
と述べています。

私たちを取り巻く世界は日々変化しています。
これまで男性中心の社会から

「女性活躍推進」
「ジェンダー平等社会」
「ワークライフバランス」
「働き方改革」

などのキーワードにインスパイアされ
女性があらゆる枠から抜け出して
より自分らしく、より幸せに生きていけるような流れを感じることができます。

WORK=LIFE

より自分らしく、より幸せな生き方は
月よみのライフスタイルそのものなのではないかと私は感じています。

月を意識した時間を過ごすことで自分を知り、
どのような生き方が自分らしいのかを考えます。
自分らしい生き方をするためにアクションを起こします。

アクションは経済活動であったり家事や育児、さらには地域活動・ボランティアや創造的な活動として表れてきます。

(『エンパワーメント』大崎麻子 著より)

このワークシートはWORKを単に「職業」や「収入源」といった「経済活動」として限定的に捉えるのではなく、人間が幸せに生きていくために必要な活動」として、幅広く捉えようというものだと大崎麻子氏は語っています。

実際に私もワークシートに
現在のそれぞれの割合と10年前の割合を書き込み比較してみました。

確かに!

仕事(work)と生活(life)を切り離して考えるのは無理があり、どこに分類するのか迷ってしまう活動がでてきます。

ここに《月からのメッセージ》がたくさん詰まっているのではないでしょうか⁉︎

ココロとカラダ・WORKとLIFEは繋がっているのだと思わずにはいられません

繰り返される日々の時間を丁寧に過ごすと
月単位・年単位で新しいステージへの扉=変化・成長が見えてきます。

迷った時、今の自分を見つめ直したいと思ったら…
月からのメッセージを意識しながらワークシートを活用してみるのもひとつの
セルフケアとなるのではないでしょうか。

引用・参考文献
ー働くミレニアル女子が身につけたい力ー
エンパワーメント

著者 大崎麻子
発行所 経済界

ライタープロフィール

成田雅美 月よみ師®
15年間、臨床看護師として総合病院(浜松市)・診療所(徳島)に勤務。

子供の進学を機に臨床を離れ

自分探しの旅に出る。


記憶力の低下と闘いながら

大学の聴講生・科目履修生を経験後、

女性起業家支援活動に関わる。

同時期に『月よみ師養成講座』に通い始め

月よみ師®ツキヨミコーディネーターの認定を受ける。

自分でも驚くほど思考も行動範囲も変化したが

根本は「カラダとココロに寄り添いたい」と気付く。


月よみを取り入れたヘルスケアや

医療とのかかわり方を提案する

個人セッションやセミナーを計画中。


守備範囲は広く

匂いフェチでアロマアドバイザー(2団体)を持っている。

なかなか上達しない二胡をこよなく愛している。

部屋の中の積ん読は更新中。

ブログ:まあにゃんのポジティ部でいこう。。。
Return Top