月よみ -inner independence-

12星座一の調整上手の乙女座新月当日 今日やるだけでぐんぐんツキを引き寄せる シンプルな3つのポイント

寺嫁月よみ師®︎YUKIです。

はじめに。
先日、北海道で起きた地震で被災された皆様に。
一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に早く戻れるよう、お祈り申し上げます。

そして、月が一旦リセットして新しいスタートを迎えるこの乙女座新月の力と共に心強く、力強く前に進んで頂ける事を願っております。

新月と満月に起こっていること

日付がかわり、今朝方の3:02に月は乙女座で新月を迎えました。
新月は旧暦では一ヶ月のはじまりでした。

新月を経て月が暗闇の中から一筋の光を放ちだし上弦の月(半月)へ向かうまでは、
物事のはじまりを意味し、新しい事業のスタートや契約書の作成や、企画や工事のスタートや自分の中での新しい挑戦のスタートに適しています。

それは暗闇から徐々に満ちてゆく月の光のパワーで、現実世界の出来事も同調しやすくなるからです。

現に私達の体も新月から満月に向け、月が膨らむ過程では“吸収・蓄える・満たす”エネルギーで太りやすくなります。

反対に満ちた光の満月から、月が欠けてゆく新月までは、体も“手放し・削ぎ落とす・引き締まる”エネルギーで食べたものが、吸収されにくくなるのです。

新月は潜在意識のあなたの目標を具現化するとき

 
満月が表舞台だとしたら、新月はバックステージの裏方仕事です。一見地味のようですが、どちらにとってもなくてはならない存在。

物事の成就に時間は必要です。そして満月の顕在意識(普段私達が理性的に考えていること)の目標は、必ず新月の潜在意識(無意識の領域の自分の思考)からのメッセージが込められているのです。

ですから、新月は自分の奥深い願いや欲求を実現するには格好のスタート日。
よーく自分自身の本質が求めるものをじっくり向き合う事に適しています。

何もかも失った時本当に自分が求めたものはなんでしょう。
真っ白なキャンバスに理想を描くとしたら、真っ先にどんな事が浮かびますか。

ポイント1
願い事を紙に全て書き出す


新月には是非自分自身の願望を洗いざらい書き出してみて下さい。書き出す行為というのはひとつの新月にはじめた立派な『行動』です。
どんな小さな事でも書き出してみましょう。

イメージや思考だけだとまだ、頭の中のストーリーですが、書くという行為はすでに目標への具現化への一歩です。(ちなみにYUKIは願い事を夢とは言いません。本物は必ず叶うので目標と呼びます)

言霊と言って発した言葉に、エネルギーが宿るように文字にも立派に宿ります。
その具現化された文字は、その願いがあなたの本質を表しているならいつか現実を引き寄せてくれます。

それだけで目標に一歩近づくならば、そんな簡単なことはありませんね。

以前の記事で願い事の書き方を書いてます。気になる方はコチラをクリック。
https://tsukiyomi-magazine.com/2017/11/17/post-3176/

一年に一度の乙女座の新月が得意な分野

乙女座は12星座のなかでダントツ秘書向きの星座です。敏腕秘書あっての経営者は、成功により近くなるのは当然ですよね。

乙女座は、得意なことに
“調整力・健康管理・断捨離・リズムを整える・生活習慣・医療・ダイエット・浄化・消化器・治療”

など他の星座では、あまりみない極めて現実的な日常生活を整えるのが得意なのです。


ですから、新月の願いに少なからずこの分野のことを織り交ぜておくと叶いやすくなります。

そして同時に乙女座領域の開運アクションを併用することで、ますます乙女座新月の願いが具現化されやすくなります。

ポイント2
家の引き出しを整理整頓する

乙女座は12星座の6番目、現実世界の調整や浄化が得意。変わって12番目の魚座は意識の世界やスピリチュアルな癒しの浄化が得意。

12星座の1周の旅を生きている私達は、中間の乙女座にて現実の調整を、最後に魚座にて小宇宙としての私達の魂レベルでの浄化が行われます。

乙女座以降の星座別得意分野を知りたい方は以前のコチラの記事をスクロールして参照してみてね。
https://tsukiyomi-magazine.com/2018/06/13/post-7432/

今日あなたの願った目標が具現化するために一番してほしいことは、お家のデトックス

しかし、この記事を今日初めて読んだあなた。
そんな時間ないよ〜!って方はご自身のパーソナルスペースの引き出しだけでも整理整頓してみましょう。

乙女座新月には、自分が普段生活する“場”の環境を整えることはとっても重要。

整った家はあなたと同じく“ツキ呼ぶ家”となりお家からも良い波動がでると引き寄せるものが変わります。

今日一気にできないわ、というあなたは一番お家でくつろげる場所または、日常のルーティンに欠かせないパーソナルスペースの引き出し(私達が表舞台に立つためのバックステージ)の中身を片付けましょう。

整理整頓のコツは、
ゴミ袋を持ってきて

①一旦中身を全部出す
②要るもの要らないものに分ける
③要らないと判断されたら処分
④要るものを仕分けして用途別に保管
⑤よく使うものは取り出しやすい高さと位置に
⑥余裕のスペースができたらよりGood

現代の私達は沢山ものを蓄えなくても、生活していける生き物です。
本当に必要なものは案外すぐ手に入ります。

お店を自分のストック置き場と考えて手元には最小限にしておきましょう。

余ったスペースは、何よりもの心の余裕をもたらすとともに、整った波動は自分自身が快適にシンプルに物事が運びやすくなります。

乙女座の新月に描いた目標は、乙女座的開運アクションをとることによって月のフローに乗ると自動的に具現化へ近づきます。

月が満ちてゆくのと自分の目標も満ちるイメージをして、それから?

ポイント3
日常で目標に繋がる行動に移すこと


新月の願いを書き出すという行為で1アクションをとっているので、次は2アクションを起こす事が目標への具現化へスピードアップのコツ。

引き寄せがうまく行く人は、待っていると向こうからやってくるパターンではありません。
磁力を高めつつも何か“行動”に移した人から叶っていくのです。

騙されたと思って実行してみてくださいね。

かくいう長年実行している私、YUKIは、先月の7月の蟹座新月の朝、赤ちゃんを抱いている夢を見ました。蟹座は家族を表す代表的な星座。
普段夢はすぐ忘れてしまう事も多いのですが、とてもインパクトある夢で“蟹座新月に見た夢”としてずっと印象に濃く残っていました。

当日夕方のこと。当寺から望むいつもの山の景色がそれまでの曇り空から一気にピンクの空になり子宮のような愛の色に世界が染まりました。

(↓写真参照)

空を駆け抜ける飛行機までがメタルピンクに反射して通過していきました。
蟹座新月のテーマ家族の愛を祝福しているようでした。

そして翌8月の魚座満月にて、私のお腹に新しい命が宿っている事がわかりました。
私の長らくの願いはまたひとつ成就されたのです。

信じた人から奇跡は起こります。
いや、奇跡を起こすという確信と行動が現実を引き寄せるのです。
あなたにもあなたが望む奇跡が降り注ぎます。

月の力是非活用してみて下さいね。

ライタープロフィール

YUKI 月よみ師®
大手ボディワーク企業で3年のセラピスト勤務後。
関西展開のメディカルエステサロンに7年勤務。
5店舗の勤務と2店舗の店長を務め退職後も技術力を信頼されお客様が県をまたいで通ってくれるほどの身体のメカニズムマニア。

実父の脳の悪性リンパ腫の発症と同時に、会社を退職。個人でサロンを立ち上げるなか、自然治癒力学校にておのころ心平に師事。
月よみ師®︎となる。

心と身体と月が密接にあると知り、月よみライフを探求していくと、運命の伴侶に出逢い満月の夜は、家の前の山頂から月が昇る“月寺”のような大自然のお寺に嫁ぐ。旦那様は住職。

家の前には、天文台もありまさに宇宙に導かれるような自然と共に生きるスローライフを満喫中。

2018.7月蟹座新月の奇跡のあと8月の魚座満月にて新しい命を宿していることが判明。

現在第一子を妊娠中。

将来は大人も子供も大自然に癒されるリトリート月よみ寺“MOON TERRACE”を計画中。

Instagram 検索 寺嫁月よみ師®︎
Return Top