月よみ -inner independence-

この秋、月と目指す“ボディ美”。そのポイントとは

段々と日の入りの時間が早くなって、夜長の秋へと向かっています。
お月さまの時間帯が増えているってことですね。
お月さまとの対面の時間が増えると、心身ともに癒やしが進みやすくなります。忙しい現代女性にとっては、願ってもない自分取り戻しの時間です。

今日は、お月さまとともに行う秋の『ボディ美』造りの秘訣を第1弾としてお伝えしてまいりましょう。

『ボディ美』とは

見た目の美しさはさることながら、内面から湧き出る美しさにより引き立てられて、自分らしく輝かしい毎日を送れる状態、
これがわたしの言う『ボディ美』。

ボディって言ってはいますが、カラダのことだけではないのでした。

どんなにおしゃれしてみても、疲れていたり、悩み事にのしかかられていては、表情もさえません。それに、悩み事を抱えたままの状態では、ボディメイクもうまく行きにくいんです。

嬉しいのは、カラダの状態が良くなっていくと、ココロの状態もよくなるケースがとても多く見受けられることが、わかっているんですね。

ココロがスッキリすればカラダもシャッキとするし
またカラダに元氣がみなぎっていれば、少々何があってもへこたれないメンタルが手に入ることも。
まずはカラダを動かしちゃう方が早いかもしれませんよ。

女性と月

お月さまは、毎日形を変えていきます。
こんな巡りの中に、わたしたちの暮らしもあるのですね。

女性と月の間に、とても密接な関係があるという事を、耳にする機会も増えてきたように想います。
月経や出産など、月のサイクルの影響は多岐に渡ります。

実際に月を意識するようになって、
・月経リズムが整いました。
・氣持ちが安定してきました。
・やせました。
・彼氏と出逢いました。

もちろん個人差はありますが、そんなお声がたくさん届いています。

カラダの機能がキチンと働いて、ココロとの調和を取り戻し、美しさが外へとあふれ出てきた証拠と言えましょう。

普段わたしたちは、1日24時間という『太陽時間』で過ごしていますから『月の時間』を意識することは少ないでしょう。
『ボディ美』を目指すなら、月の巡りを新月からのタイムラインで見ていくと、ビューティープランも立てやすくなってきます。

9月の月のタイムライン

9月10日新月~ 新月(+)期 肺

赤い丸が今日の月の形

9
月17日上弦の月~ 満月(+)期 肝臓

9月25日満月~ 満月(-)期 心臓

となっています。

肺、肝臓、心臓とあるのは、その期間に月のエネルギーが注がれやすく、活性化しやすい時期だということを指しています。

ちなみに10月2日からは新月(-)期に入り、腎臓へ移行していきます。

この週末はぜひ【肺】が歓ぶことをなさってみてください。

はい?【肺】が歓ぶこと?とは。

この夏のひどい暑さで内も外もダメージをたくさん受けました。
修復するには、活発な代謝が望まれます。

呼吸により新鮮な酸素をたっぷり肺にたずさえると、心臓から送られて来る血液に乗ります。肺と心臓がタッグを組んで、血管の塊とも言える肝臓の働きを活発にします。そうなれば、10月2日からの新月(-)期でフォーカスされる腎臓のお掃除機能の負担が減ることに。

月のサイクルを活かした暮らしは、必然的にカラダの機能を高め、
結果的に『ボディ美』の実現へと向かうのです。

なんかお月さまと一緒に暮らしを整えるって、ワクワクしてきませんか?

新月(+)期(~9月16日)の肺が歓ぶボディ美チャレンジ

端的に言うと、肺が動きやすくなるために、肋骨周囲の筋肉が動きやすくなるといいのです。
無理なく日常の生活に取り入れて、習慣化して頂くことが『月よみ生活』の目指すところですから、最初はえっ?これでいいの?というとことから始まります。

まずは
お月さまを感じる⇒呼吸を整える⇒心地よい入眠。

こんな流れです。

まずはお月さまを見つけてくださいね。

とはいえ、実際に眼に出来ない事もありましょう。カレンダーにある月の形を参考にイメージしてみてください。
イメージ出来たら平らなところに寝転んで、手足を伸ばします。

床に面した背中の状態を確認します。

肩の浮き具合、左右差はありませんか?
腰の張りなどはいかがでしょう。
お尻の接地面から骨盤の傾きが感じ取れるかもしれません。

膝の伸び具合は?
脚は重たくないですか?

まずはご自身のカラダの状態を知ること。
ここからです。

そして膝を抱えて丸くなってみましょう。
出来るだけ、胸に膝を引き寄せられるとよいでしょう。
20呼吸くらい(目安)おいたら、再び手足を伸ばして寝転びます。

背中の接地面の感覚は変わりましたか?
呼吸の感覚も確認してみましょう。

ゆっくり呼吸が整えられたら、眠りの質もよくなりそうです。
どうぞよい夢を。

続きはブログ等でまたお伝えしますね。
どうぞ『月よみ生活』でお気に入りの時間を創ってみてくださいね。

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top