月よみ

筑波山神社と月読神社

戸外でも過ごしやすい、さわやかな季節になりました。
自然の中へ出かけたくなってきますね(^^)。

今回は茨城県つくば市の
「筑波山(筑波山神社)」と市内にある「月読神社」についてご紹介します。

男女和合の筑波山神社

筑波山神社は、山そのものが御神体という、山岳信仰の形を残しています。
人間が関東に住み始めた頃から霊場として、山岳信仰、磐座信仰、修験道、妙見信仰などの大切なスポットとされてきました。

神道での主祭神は、伊邪那岐命と伊邪那美命。
この二柱の神さまは、日本の聖なる父母神。
日本そのものを男性性と女性性に分け体現させた神さまです。

男性性とは、陽、外に向かう、能動的、活動的なエネルギー。
女性性とは、陰、内に向かう、受動的、受容的なエネルギー。

この二柱の神さまがまぐわって、国生みや八百万の神々を生みだしたように、私たちも男性性と女性性のバランスがとれた時、創造性が花ひらきます。
筑波山では男体山を伊邪那岐命、女体山を伊邪那美命になぞらえて祀っています。

女性的なエネルギーの月読神社

「月読神社」の主祭神は、「月読命」です。

関東においては、江戸時代には「月待信仰」が盛んで、地域ごとにたくさんの「月待講」というグループがありました。
講ごとに「月待塔」なるものが建てられ、その塔の建てられた場所に、やがて月を信仰する寺社が建てられたといいます。
なので、関東の月読神社は、月待信仰と関わりが深いのです。

「月待信仰」とは、月齢ごとに特定の神仏と関連付け、月そのものや神仏に、安産や子宝祈願、五穀豊穣、無病息災や子供の健やかな成長を願った信仰です。
ある一定の月齢の日に地域の人が集まり、月が昇るのを飲み食いしながら眺めつつ、月に祈ったといわれています。

こちらの月読神社さんは、二十三夜に講が立ち、特に安産や子宝、子育てに関する祈願をしていたそうなので、とても女性的で優しいエネルギーをもっています。
筑波山にも「小原木神社」という摂社にて月読命が祀られています。

こちらは月だけでなく、北斗七星や北極星のエネルギーと習合した壮大な感じなので、ぜひ違いを感じていただきたいです(^^)。

お出かけしやすくなったこの季節に
月を感じながら神社への参拝をしてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

Euphix(ゆうひ) 月よみ師®
自然界の叡智と歓びの光をつなぐ

ナチュラルプリースト

本来の自分自神を取り戻し

人生の主役に

自然界とのつながりを再覚醒し

無限の可能性と創造性を

恐れを愛に

ピンチをチャンスに

臨床心理や既存のスピリチュアルの枠を超え

活動する竜のライトワーカー
Return Top