月よみ -inner independence-

朝岡せんの月よみ薬膳 月相18:プルーンと白きくらげのコンポート

朝岡せんの月よみ薬膳 月相18:プルーンと白きくらげのコンポート
材料
プルーン  4個
白きくらげ 5g(水で戻しておく)
シナモンスティック 1本(5センチほどに折る)
はちみつ  大3
砂糖    大1
白ワイン  100cc
水     100cc

作り方
プルーンは6等分にカットし種を取る。
残りの材料を全て鍋に入れて中弱火で煮立てる。
2−3分煮たらプルーンのみ取り出し、
白きくらげはさらに10分以上、
汁気が無くなりそうな場合は水を足しながら弱火で煮て、
とろみがついたら火を止め、プルーンと合わせて冷ます。

花は尽き
雫は落つ

ただその芯には
まだ堅く
ただ遠く
羽なきままの希望のたね

削がれても
落としても
守っていくもの。

プルーン:補血 活血 血を補い全身を潤す。老化防止にも。

ライタープロフィール

朝岡 せん 月よみ師®
月よみ師®
薬膳コンシェルジュ
国際中医薬膳師

家族が体調を崩した時に食材や食事から健康を調える重要性を痛感。
2008年より「野菜と薬膳」をテーマにし、カフェにて薬膳ランチの提供、
ケータリング、講演、講座と活動を広げその魅力を伝える。
現在は、名古屋市内の昭和初期に建てられた歴史あるビルにて
アトリエキッチン「MIL.」を構え、薬膳料理教室をはじめ、
イベントやレンタルルームを主宰。
そのなかでの女性のための薬膳講座にて、オリジナルコンテンツである
「月よみ薬膳」も取り入れ好評を得ている。
Return Top