月よみ -inner independence-

朝岡せんの月よみ薬膳 月相19:鱧と紫キャベツの素揚げ

朝岡せんの月よみ薬膳 月相19:鱧と紫キャベツの素揚げ
材料
鱧(開き骨切り済みのもの) 150g
紫キャベツ         3−4枚
米粉(片栗粉でも)     適量
揚げ油           適量
塩             適量

作り方
鱧は3−4cm程度に切り、
紫キャベツは手で食べやすい大きさにちぎる。
それぞれをうっすらと米粉をふり、
180℃に熱した揚げ油でカリッと揚げる。
こんがりと色がついたらしっかり油を切って、塩をふる。

いままで
目に映したもの
耳に残したもの
手に握ったもの

それは私の欠片

躰を一周させて
風になれ
水になれ
月光となれ

どこまでもワンネス
終わりのない環

キャベツ:健胃 補五臓 五臓六腑を整え血流をよくし、胃腸を丈夫にして痛みを解消。

ライタープロフィール

朝岡 せん 月よみ師®
月よみ師®
薬膳コンシェルジュ
国際中医薬膳師

家族が体調を崩した時に食材や食事から健康を調える重要性を痛感。
2008年より「野菜と薬膳」をテーマにし、カフェにて薬膳ランチの提供、
ケータリング、講演、講座と活動を広げその魅力を伝える。
現在は、名古屋市内の昭和初期に建てられた歴史あるビルにて
アトリエキッチン「MIL.」を構え、薬膳料理教室をはじめ、
イベントやレンタルルームを主宰。
そのなかでの女性のための薬膳講座にて、オリジナルコンテンツである
「月よみ薬膳」も取り入れ好評を得ている。
Return Top