月よみ -inner independence-

愛情深いかに座の月の時『自分とゆっくり向きあうバスタイム』でいらない感情も水に流そう。

MOONLIFE クリエイター
月よみ師® 今井久美子です。

生活に月を、人生にも月を
そんなメッセージをおとどけしています。

昨日、10月2日㈫ 18:46 かに座で下弦の月でした。
欠けていく半分のお月様、今日も引き続き月はかに座に滞在しています。

暑い長い今年の夏も9月秋分の日を越えたあたりから、
秋へとシフトを変え始めて10月は実りの秋となります。

ちょうど次の新月(10/9)前日は、体育の日。

日頃忙しくしている人ほど、
月のリズムを上手に活用出来ると自分の身体への愛が深まり感謝が深まります。

自分と向い合うにもカラダは優れたパートナーです。

今日はそんな身体をいたわる日常に取り入れて欲しい方法をご紹介します。

からだが喜ぶ!嬉しい!気持ちいい!を実感する秋。
かに座のテーマから見えてくるとっておきのセルフケア!

今年の夏は『暑さ』にからだも心も
かなりダメージを受けた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

秋を楽しむためにもここでスッキリして秋を満喫出来るセルフケア
今日はご紹介していきたいと思います。

おさらい!月の満ち欠けリズムは大きく4つのタームに分かれる。

今日は、かに座に月が滞在しています。
そして下弦の月を過ぎていますので、新月(-)期となります。

〇新月(+)期  新月から上弦の月までの時期 スタート 願い
〇満月(+)期  上弦の月から満月までの時期 引き寄せ
〇満月(-)期  満月から下弦の月までの時期 感謝
〇新月(-)期  下弦の月から次の新月までの時期 手放し

月の満ち欠けをこのように4つに分類すると
その時期のエネルギーの特徴やテーマがあり
より月のリズムを感じられやすいと思います。

この流れに当てはまるのが今日は、新月(-)期となるわけです。

『かに座の月でデドックス?』キーワードは、『愛情、温める、流す』

①  デコルテすっきりマッサージ

・まず片手の人さし指と中指で鎖骨をなぞるようにして、左右に10回ずつ動かします。
反対も同様に行います。

・両手で鎖骨を下に10秒押しましょう。これを5回繰り返します

・ポイントは、自分に触れることで自分の体温を直に感じ、
自分の体の温度差をなくすようにすること。


かに座はとても愛情深い星座と言われています。
かに座と聞くと『家庭的』『母性』というキーワードがでてくるのも納得です。

かに座の感情は時には波のように揺れ動く時もあるでしょう。
蟹の甲羅の内側に秘めていて、その感情は外からは見ることができません。

自分の内側にある我慢している思いや、
自己犠牲があっても誰かのために尽くそうとする。

そんなことがないためにも、
日頃からそして月が欠ける今だからこそ
かに座のエレメントである『水』を体内から調整していくと、
本来の愛情にあふれた かに座でいることができます。

かに座の月が支配しているカラダの部位は、
肺~胆のう(胃、胸、胆のう、肝臓、肺)

なので女性らしさを象徴する胸元のケアを行なうことで
女性性が刺激され自分自身で癒される時間こそがデトックスになると思います。

代謝をよくしてつるつるピカピカ!いらない老廃物を水に流そう。

寒くなってきたな。。。と私たちのカラダは夏の疲れを持ち越しながら感じています。
お風呂が恋しい季節です。

ならば、お風呂タイムを充実させてカラダぽかぽか、
お月様とおんなじにカラダに溜まった老廃物をだしてすっきりした気持ちで次の新月を向かいましょう。

①  腰湯
少しだけ熱めの設定の温度(人にもよるけど43~45度くらい)に腰まで浸かります。
お湯の量はおへそが隠れる程度です。
5分~10分、上半身は冷えないように長袖Tシャツ、首にタオルをかけて冷やさないように。
きちんと汗を出すことで毛穴も開き老廃物もすてて肌がピカピカに

②  腰湯のあとにタラソテラピー
腰湯のあとにお湯を足して今度は首までゆっくり浸かりましょう。
海水成分配合の入浴剤を入れることによって、、
海水の有効成分と体液濃度の差による浸透圧現象で更に老廃物をカラダから排出。
肌はなめらかに体はポカポカしてきます。

お風呂での過ごし方は、本当に人それぞれですよね。
シャワーしか浴びないなんていう人も増えていると聞きます。

~~しなくてはいけない。なんていうことはないけれど
こうした今、情報にあふれた中で少しでもピンときたものは、『まずは試す』

そこから続けるかはその時決めればいいんです。


大事なのは、この月よみWEBでの情報も目にしただけで終わってしまったら勿体ないなぁって思うんです。

この時期はなおさら断捨離の時。

自分のセンサーに自信を持って、必要なもの、あるいはもう手放す時がきたことを感じ取ってみましょう。

今日はカラダを通してご紹介しましたが、実はカラダと心は深く関わっています。
しかも、かに座はその感情と深く繋がっている星座のひとつ。

カラダからアプローチしても心に作用することも多いんです。
だからこそ、愛情深く、温かいお風呂でいらない老廃物と一緒にいらない不安定な感情も水に流してみることをおすすめしてみました。

秋が深まる最も実りの感じるこの季節、月の情報を上手に活用して
自分自身の生活に、人生を豊かに育んでまいりましょう。

運も呼び込みたかったら運動習慣見直してみてください。
ツキを呼ぶ!そんな応援をさせてくださいね。

ライタープロフィール

今井久美子 月よみ師®
フィットネスインストラクター歴33年

1987年エアロビクス日本一

「エアロビクス」に魅了され、当時社長秘書だった仕事も辞め、以降33年フィットネスの道へ。

1987年にはエアロビクス日本一に。
実績を買われ、その後フィットネス普及のため全国行脚。
子供から高齢者、障がいのある方々などありとあらゆる皆様とともに指導経験を重ねる。
月との出会いによって、ドンドン自分が統合され 月(ツキ)を味方につけて人生の流れにのるコツを発見。
【生活に月を、人生にも月を】
今後はMoon LIFE クリエーターとして月の在りかたを伝えていく。

月と同時期に興味を持ち出したフラダンスは家族三人(夫と娘)との共通の趣味。
Return Top