月よみ -inner independence-

朝岡せんの月よみ薬膳 月相1:豆苗とゴマダレ春雨和え麺

材料
豆苗    1/2袋(食べやすい長さに切る)
緑豆春雨  50g 
緑豆もやし 1/4袋
厚揚げ   1/2 袋(1センチ幅に切る)
黒木耳   2個(乾燥の場合は水で戻し千切り)
茹で小豆  大2
紫玉ねぎ  1/8個(繊維にそって2-3ミリの薄切り)
ライム   1/6個(くし切り)
(好みでナッツ、パクチー、紫キャベツなど 適量)
☆ゴマダレ(練りごま・醤油 各大1、砂糖・すりごま 各大1/2)
★合わせ調味料(生姜、にんにく(各すりおろす)1/2片/紹興酒 大1/黒砂糖・醤油 各小2 )
ごま油   大1

作り方
緑豆もやしはひげ根を取り数分水にさらしシャキッとさせ、水を切っておく。
切った厚揚げ、黒木耳、ゆであずきをごま油で炒めて★を合わせて入れて煮詰める。
春雨は熱湯で1分茹で、1分蒸らしておく。
春雨の水気を切り、その上に切った野菜、炒め煮した厚揚げと黒木耳の汁ごと、☆のゴマダレ、ライムのくし切りを添える。

まだ、夜空を見上げても
月の光の筋は密やかで。

手に受けようにも
掴めない…

でも大丈夫、
少しずつでも、一歩一歩確実に。
固い地から芽をだす双葉のように、
真っ直ぐに、力強く、大事な想いと共に伸びていこう。

豆苗(豌豆えんどう):気の流れを整え、胃腸を養い、余分な水分を出す。

ライタープロフィール

朝岡 せん 月よみ師®
月よみ師®
薬膳コンシェルジュ
国際中医薬膳師

家族が体調を崩した時に食材や食事から健康を調える重要性を痛感。
2008年より「野菜と薬膳」をテーマにし、カフェにて薬膳ランチの提供、
ケータリング、講演、講座と活動を広げその魅力を伝える。
現在は、名古屋市内の昭和初期に建てられた歴史あるビルにて
アトリエキッチン「MIL.」を構え、薬膳料理教室をはじめ、
イベントやレンタルルームを主宰。
そのなかでの女性のための薬膳講座にて、オリジナルコンテンツである
「月よみ薬膳」も取り入れ好評を得ている。
Return Top