月よみ -inner independence-

新月から始めよう。揺れるオンナ心はこうして整える。

カラダとともに心を整える習慣はありますか?
月のサイクルを上手に使って、生活習慣を組み立てようというのが『月よみ生活』です。

ジャストの新月は昨日9日でしたが、
1日過ぎたとは言え、まだまだ天空は新月ムードなんですよ。

新月からの1週間は、新月(+)期。どんどん+のエネルギーが働いて、何かのスタートにはふさわしい時期なのです。

今日は揺れやすい秋のオンナ心を『月』を使って整える方法をお伝えして参ります。

何で揺れるのこの心・・・

深まる秋とはいえ、今年は天候不順も相まってより一層、
心が揺れるという方も多いかも知れません。

なぜ秋に揺れやすくなるのでしょう。
季節が変わり、気候の変化にカラダの準備が整わないことも、原因のひとつだと言われています。

カラダのバランスの崩れは、本来わたしたちの中に備わっている自動的にカラダを調節する機能が、低下してしまうことがあります。
その影響は様々に心にも及び、つい食べ過ぎたり、不安が気持ちを支配したり、氣持ちが下向いてしまうループへと陥ることもあります。

月よみ生活で整える4つのポイント

月よみ生活では、整えるために有効な方法として、
ピックアップしたいのが以下の4つです。

①呼吸⇒新月(+)期
10月9日~16日

②食べ方⇒満月(+)期
10月17日~24日

③運動⇒満月(-)期
10月25日~31日

④代謝を促す姿勢の意識⇒新月(-)期
11月1日~7日

今まさに新月(+)期に入ったところ。
揺れるココロを整えるのに、呼吸がカギになります。
氣持ちが落ち込んだ時、カラダを動かすと自然に上向きになるのは経験されたこともおありでしょう。

なかなか運動する氣になれない時には、どうしたらいいでしょう。
そんな時にはぜひ『月』のエネルギーを取り入れてみましょう。

てんびん座の太陽、てんびん座の月

太陽の通り道を12個のエリアに分け、そこにおひつじ座から12個の星座が配置されています。
テレビや雑誌によく登場するお誕生日の星座は、お馴染みですね。これは太陽星座のことを指します。

地球から見た太陽の向こうに、どんな星座があるかで決まります。今はてんびん座がその位置に。
一方地球を巡る月にも同様に、星座があてがうことができ、今日の13:08まではやはりてんびん座にあり、その後やぎ座へと移っていきます。

てんびん座とはその名の通り、バランスと取るのにとてもよいエネルギーを送ってくれます。

太陽と月は、わたしたちの暮らしの中でも、特に重要視される天体です。

心とカラダ
内と外
誰かと自分

偏り過ぎていないかを見直してみてください。

さらに月からのメッセージをお届けしましょう。

今、すべての繋がりを統合するときです。
意識と思考、カラダのバランスが取れていると、強くあなたは輝きます。

人にはいろいろなものの見方があるんだということを認識しましょう。あらゆる観点を持つことを心がけてみると、とらわれのない在り方を得る事ができます。

物事の本当の美しさ、豊かさは、決して見かけだけのものではなく、もっと奥深くにあるものです。
自分の表面的なことにこだわりすぎることなく、自在になろうとすることは自らの心のみならず、周囲の人の心をも愉しませることになるでしょう。
本質を見抜くための様々な視点を持つことを、心掛けてみましょう。自分が感じたままを信じつつ、目の前の現象に惑わされないことです。

時間の動きは、自分次第です。
未来への焦燥感は、まだ起こっていない事への恐れに過ぎません。過去への後悔は、自分を成長させてくれる視点を与えてくれる経験へと変換することができます。

未来へも過去へも偏ることなく『今』に集中してみましょう。まさにてんびん座の月を使うのです。
ゆっくりと呼吸を行います。
今の自分を見つめてみましょう。
起こってくることを止めず、感情や思考を見つめてみましょう。

10月17日やぎ座上弦の月までの1週間、ぜひ呼吸とともに、その呼吸に集中し味わってみる時間をとってみてください。
自然に背骨もスッキリとしてきます。
神経のめぐりも良くなり、体調や心の調子も整ってくることを体感されるかもしれません。

どうぞ『月よみ生活』でお気に入りの時間を創ってみてくださいね。

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top