月よみ -inner independence-

朝岡せんの月よみ薬膳 月相3:柑橘とホタテのセビーチェ

材料
刺身用のホタテ(タコや魚でも) 2人分
紫玉ねぎ   1/4個 
セロリ    1/2個  
オレンジ   1個
レモン汁(ライムでも) 1/2個 
(その他、夏みかん、グレープフルーツなどお好みのもの) 
オリーブオイル 大2 
おろしにんにく 小1/4
塩       適量  

作り方
刺身用の魚介は食べやすい大きさに切る。
紫玉ねぎ、セロリは薄切りにして水にさらす。柑橘も食べやすい大きさに切る。
すべての材料を合わせ30分〜1時間ほど冷蔵庫で冷やしておく。

新月より活発になっている細胞。
ココロもカラダも緩まっていく時期に、
全身に気を巡らせ血を巡らせる。

繊細な三日月には
繊細なココロが映るから

静かにその声を捉え
温かく育んでいく

柑橘:健脾 止渇 気を巡らせ、胃腸を整え食欲を増す。

ライタープロフィール

朝岡 せん 月よみ師®
月よみ師®
薬膳コンシェルジュ
国際中医薬膳師

家族が体調を崩した時に食材や食事から健康を調える重要性を痛感。
2008年より「野菜と薬膳」をテーマにし、カフェにて薬膳ランチの提供、
ケータリング、講演、講座と活動を広げその魅力を伝える。
現在は、名古屋市内の昭和初期に建てられた歴史あるビルにて
アトリエキッチン「MIL.」を構え、薬膳料理教室をはじめ、
イベントやレンタルルームを主宰。
そのなかでの女性のための薬膳講座にて、オリジナルコンテンツである
「月よみ薬膳」も取り入れ好評を得ている。
Return Top