月よみ -inner independence-

朝岡せんの月よみ薬膳 月相10:もずくの天ぷら

材料
オクラ 4本
生もずく 150g
小麦粉  大4
水   適量
揚げ油   適量

作り方
生もずくは洗い、よく水気を切っておく。
オクラはヘタ、ガクを取り、塩(分量外)でこすりうぶ毛を落とし、水でサッと洗い1cmの輪切りにし、もずくと合わせる。
小麦粉を全体にまぶし(もずくの中にもまぶさるようにかき分けながら万遍なく)、まとまる程度に少し水を加える。
180℃の揚げ油に4−5cmほどの球状にしてカラリと揚げる。お好みで、塩、天つゆ(共に分量外)をつける。

月は段々と力強さを重ね
安定感を感じるようにも。

今まで感じていた不安も
あちこちから流れくる迷いも
他人の目に気弱になる臆病さも
空に向かって上げてみて。

優しい月光が、包んでくれる。

水雲(もずく):清熱 潤腸 カラダの熱を冷まし便秘の解消に。がん予防。

ライタープロフィール

朝岡 せん 月よみ師®
月よみ師®
薬膳コンシェルジュ
国際中医薬膳師

家族が体調を崩した時に食材や食事から健康を調える重要性を痛感。
2008年より「野菜と薬膳」をテーマにし、カフェにて薬膳ランチの提供、
ケータリング、講演、講座と活動を広げその魅力を伝える。
現在は、名古屋市内の昭和初期に建てられた歴史あるビルにて
アトリエキッチン「MIL.」を構え、薬膳料理教室をはじめ、
イベントやレンタルルームを主宰。
そのなかでの女性のための薬膳講座にて、オリジナルコンテンツである
「月よみ薬膳」も取り入れ好評を得ている。
Return Top