月よみ -inner independence-

朝岡せんの月よみ薬膳 月相13:緑豆となつめのおにぎり

材料
緑豆(水に一晩つけてもどす)50g
なつめ  2個
米    2合
水    400cc
塩    小1

作り方
米を洗い、分量の水、水で戻した緑豆、なつめを4つほどに切り、塩を入れて炊く。

光は十分に満ち、陽と代わり陰となるバランス。

一つ一つ、欠片を集め
一本一本、糸を撚り
大事に大事に、育んできた。

手に降りてくる 月光一筋。
瞳を閉じ肺胞の一つひとつへ深く、
息を継ぐ。
命を継ぐ。

緑豆:清熱解毒 消暑 カラダの熱を取り口のかわきをいやす。夏バテ防止。利尿効果。 

ライタープロフィール

朝岡 せん 月よみ師®
月よみ師®
薬膳コンシェルジュ
国際中医薬膳師

家族が体調を崩した時に食材や食事から健康を調える重要性を痛感。
2008年より「野菜と薬膳」をテーマにし、カフェにて薬膳ランチの提供、
ケータリング、講演、講座と活動を広げその魅力を伝える。
現在は、名古屋市内の昭和初期に建てられた歴史あるビルにて
アトリエキッチン「MIL.」を構え、薬膳料理教室をはじめ、
イベントやレンタルルームを主宰。
そのなかでの女性のための薬膳講座にて、オリジナルコンテンツである
「月よみ薬膳」も取り入れ好評を得ている。
Return Top