月よみ -inner independence-

下弦の月の今日、下弦の月って、どんな月?がわかる!月からの「少しだけゆっくり」のメッセージ

みなさま、はじめまして
熊本のベリーダンサー、上村葉子です。

女性はこの世の全ての源。
その女性の魂を開放して、世界平和を目指すべく、カラダとこころの両方からアプローチ出来たらいいなと、月よみ師®も始めました。
どうぞ、末永くお付き合いくださいませ。

今日は下弦の月、そもそも「いったい、下弦(かげん)の月って(・・?」

今日01時40分、月は下弦の月を迎えました。
本日の夜中、もし月を見上げるその姿を見ることができたら、月は半月が少しだけ欠けていく姿をみせてくれるはずです。

さて、満月と新月は、わかるけど・・・
上弦(じょうげん)と下弦の月ってさぁ、半月がどっちか向いてるやつよね?ね?

っていう方も多数いらしゃるのでは、と思います。
だって、私もそうでした!

満月や新月の時は、生命の誕生の瞬間・出産の件数が増えるというお話聞いたことありませんか?
月はその姿を刻々とかえ、その姿ごとに変化するエネルギー・メッセージを地球に送り届けていると言われています。

下弦の月であった本日、このタイミングで今日は「下弦の月ってどんなものか、下弦の月が発するエネルギーについて」そんな情報をみなさんにお届けします。

夜空に浮かぶ月の姿から下弦の月を見分けるには?

月は、およそ1カ月弱で満ち欠けします。
真っ暗な新月から、真ん丸満月までになり、また真っ暗な新月へ。

新月は、
月-地球-太陽と並んで、地球を挟んで180度拮抗した状態。

満月は、
地球から見て、月と太陽が同じ方向にあるとき。

その、新月から満月、満月から新月へと変わっていくときの半月のとき。
その月が、上弦と下弦の月です。

じゃあ、どっちがどっち?

新月から満月へ変わっていくときの半月が、上弦の月
満月から新月へ変わっていくときの半月が、下弦の月

簡単に言うと、月に向かって右側に弧をえがいているのが、上弦の月
同じく、左側に弧を描いているのが、下弦の月

おおざっぱすぎましたか?(笑)

まずは、月と自分の距離を縮める。
月のことを少しずつ知って、味方につけていきましょ。

是非、今宵の夜空で今夜のお月さまを確認してみてくださいね。
毎日、月はあなたにメッセージとパワーを送ってくれてますよ。

月のサイクルとそのエネルギー
毎日、その表情を変える月
その時々で、私たちに送ってくれるエネルギーが違います。

月のサイクルは、新月→上弦→満月→下弦、と続いていくのですが、

その持つ意味を端的に説明すると、

「新月での願いが」

「上弦で具体的な材料を引き寄せ」

「満月で形作り」

「下弦で微調整され」

また次のステージへの土台となる


ということになるかと思います。

下弦の月の時、地球にいる私たちが何を受け取り、どう動くか。

では、下弦の月の本日。
月は、どんなメッセージとエネルギーを送ってくれているのでしょうか?

上弦→満月→下弦の時期=「満月期」は、いっぱいに膨らんだ、満ちた月に象徴されるように、行動しながら考える時期。

それに対して、下弦→新月→上弦の「新月期」は、だんだんとその姿を隠していく月に象徴されるように、イメージングしたり、計画したりする時期。

下弦の月の本日から、新月に向かうこのとき。
ちょっと心を配って欲しいことを一つ。

日々の忙しい中、少しだけ時間をゆっくり巻いてみませんか?


今日一日の出来事、今週は、どう過ごしたんだっけ。
欲しい物、あったっけ。
私の気持ちって、いまどうなんだろう。

ほんの少しだけ、立ち止まって
ほんの少しだけ、視点を高く
ほんの少しだけ、遠くから

「わたし」を眺めてみませんか?

新月で願った想い、下弦の今夜。

是非、俯瞰してまとめてみて。
無理やり、まとめなくても大丈夫。
心に浮かんだことは、実現可能なことだから。

月は、いつもあなたと共にそこにあります。

大切なパートナーの月
優しく眺めるときは、左目でね!

【 関連記事】
月の満ち欠けによって変化するエネルギーについて、月よみ師による連載記事執筆中!
満月ってこんな月
満月〜下弦の月まで

今後の月の満ち欠けもそのフェーズ別に随時更新してまいります。

ライタープロフィール

上村葉子 月よみ師®
「ベリーダンスは魂の解放」
「愛は惜しみなく与える」
この2つを軸に、世界平和実現の為に舞うベリーダンサー上村葉子です。

もえもえちゃん(主に乳幼児)ともふもふちゃん(主に犬)に萌える、熊本をこよなく愛する肥後もっこす。
身体と心、つながる双方からあなたの魂を解き放ちます。
キラキラ☆と人生という広い空で、あなたに輝く魔法をかけてあげます。
Return Top