月よみ -inner independence-

月星座みずがめ座の自由と改革パワーを追い風に、「わたし革命」スイッチ ON !

蠍座新月から 6 日がたちました。
みなさん新月のお願い事はされましたか?
しっかりとノートに書き出された方、うっかり忘れてしまった方、え?新月の願い事って?という方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

新月に限らず、月は形を変えながらも、とぎれることなく私たちにその時々のパワーを降り注ぎ続けてくれています。


そして、月は形を変えるだけではありません。
月は地球の周りを移動しています。
その時の12星座との配置によって、そのパワーの性質も変化していくのです。

毎日仕事に、家事に、育児に 忙しくがんばっているあなた
周りの誰かを優先してばかりで、自分の時間がなかなかとれないあなた
いろいろと変わりたい、変えたいけれどきっかけがつかめないあなた

今回のタイミングはそんなあなたにこそ知っていただきたいタイミング。
今、月はみずがめ座の位置にあります。
月星座みずがめ座のパワーが降り注ぐこのタイミングから、豊かな月のエネルギーを受け取って「わたし革命」のスイッチを押してみませんか。

今日から月はみずがめ座へ。みずがめ座ってどんなパワーをもっているの?

月は、さそり座新月から いて座、やぎ座へとその座を移動、本日0時45分 みずがめ座へ入りました。
明日の半月・・・上弦の月をはさんで16日の 1 3時41分にうお座に移るまで、約2日と半日、月はみずがめ座のパワーをまとって輝いています。

今、この時に降り注ぐ月星座みずがめ座のパワー。そのサインにはどのような意味があるのでしょうか。

まず12星座全体からみた時、みずがめ座をどう捉えるか。
12星座を3通りの分類で見たときのみずがめ座をみてみましょう。

大きく 2 つに分けると、男性サイン。
意志や関心が外側に向かう、積極的に働きかける、閉じ込められたり同じ状況に留まることが苦手、(スペース削除)変化を好む…など。

動き方の区分(活動宮・不動宮・柔軟宮)では、不動宮。
頑固な面も含みつつ、物事を安定させたり維持していくことが得意で、特に自分の「生活」を維持・安定させます。

そして、宇宙を構成する4つのエレメント(火・地・風・水)では、風のグループ に属します。
理性・思考を使って論理的、合理的にものごとを進めることができます。

ここまでは12星座の中の分類を見てきました。
一方で、みずがめ座固有のキーワードというものもあります。

「博愛主義」で 誰に対しても平等
しがらみのない精神的・感情的な 「自由 」
「 柔軟な発想」「改革」「オリジナリティ」

加えてみずがめ座は、「自由 」と「改革」を象徴する 天王星を守護星に持つため、「改革」と「革命」のパワーは揺るぎないものとなります。

これらからみえてくる、月星座みずがめ座のパワーとは・・・
風のエレメントらしく、空気が一掃されるように、固定観念や古い慣習を打ち破り、物事を突き動かす、改革のパワー。
一方で不動宮でもあることから自らのこだわりは貫き、オリジナリティあふれる、自由なライフスタイルを確立するパワー。

何ともしなやかで、クールビューティな魅力に満ちあふれていませんか。


さあ、そんなみずがめ座のエネルギーを借りて、今日から約 3 日間は、思い切ったチャレンジを!
「わたし革命」のチャンスです。

とはいっても、あなたができるところから、どんな小さな所からでもよいのです。

ついでてしまう、いつもの口癖を変えてみる。
通勤や買い物への道、いつもと違う道を選んでみる。
朝 10分早く家を出てみる。…どうですか?今すぐできそうなことからでいいんです。

あとは、
いつかやろう、と先延ばしにしていたことに手をつけてみる。
やめたいけれど、気持ちをごまかしながら続けていたことをきっぱりやめてみる。
いつもならのみこんでしまう自分の気持ちを、思い切って伝えてみる、
などなど。

月のパワーに少し背中を押してもらうのもいいかもしれません。

ぜひ何かひとつでも良いので、いつもとはちがう「チャレンジ」をしてみましょう。
みずがめ座のパワーが、新しい風を吹かせて、あなたにまだ見ぬ景色を運んでくれるかもしれません。

月星座のエネルギーは、 身体にも。ふくらはぎのマッサージで滞った循環をよみがえらせましょう!

みずがめ座が支配するカラダのパーツは、
ふくらはぎ
血液循環
といわれています。

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれるくらい大切な場所。
二酸化炭素や老廃物など余分な水分を回収しつつ、心臓に血液を戻すポンプの役目を果たしてくれています。
重力によって下半身に溜まってしまう血液を心臓に戻そうとしてくれているのですね。


そんな大事な働きに感謝しつつ、この時期は、ふくらはぎを中心に膝から下、足首までの部分のお手入れを念入りに。

具体的におすすめなポイントを3つほどご紹介します。
①膝下の三里のツボ※を押す。
( ※膝下外側にあるツボ。簡単に探す方法は、親指と他の 4 本の指で L 字を作り、親指を膝頭の上側にひっかけた時に中指の先辺りがあたる場所。 )
②お風呂あがりや入浴中にふくらはぎのマッサージする。
それによって血液やリンパの流れをよくして、ムクミを解消、引き締まった脚を目指しましょう。
③足首まわしや、アキレス拳を優しくもみほぐす。

むくみが解消された軽やかな足取りは、「わたし革命」をますます加速させてくれることでしょう。

最後に、そんなケアしたくない、何もしたくない。そんな時のとっておき「わたし革命」

今日は、月星座がみずがめ座の今できる チャレンジについて お話しさせていただきました。

でもそうは言っても「何もしたくない」「何もできない、動けない」なんていう時もありますよね。
そんなときは、そんな自分をただ感じて、寄り添って、暖かくして ゆっくり休みましょう。
じっくりゆっくり休むことが 「 わたし革命」になることもあるのです。

月は、いつでもあなたの味方です。
お月さまのパワーを受け取って、あなたの日々がより輝きますように。

【 関連記事】
全12星座について各月よみ師による連載記事執筆中!
おひつじ座
おうし座
ふたご座
かに座
しし座
おとめ座
てんびん座
さそり座
いて座
やぎ座

ライタープロフィール

葉子 月よみ師®
大学では心理学専攻。
カウンセリング、箱庭療法、乳児期の母子関係など広く学ぶ。
温め続けたカウンセラーへの想いは、不動産会社への就職で一時封印し、営業職として多忙な会社員生活を送る。
その後、結婚を機に専業主婦の道へ。
妻、母となり、その枠組みの中で迷走を深め、常に悩みを抱え過ごす。 
子育ての悩みから思春期のバトル、家族や自身の病気の体験・・・
さまざまなお題に翻弄されつつ、今は遠回りの全ての体験こそギフトであったと実感する日々。
かつての自身のように、行く道に迷う方の足元を少しでも明るく照らせる人となるべく月よみ師に。

封印していていたカウンセラーへの想いを開放、サロン開業準備中。
Return Top