月よみ -inner independence-

慌ただしい食事が続くこの時期、月のサイクル+食べる瞑想で、心と身体のリズムを自分に取り戻す!

心がワサワサしている時の食事って、何を食べたかわからないうちに終わっていたりしませんか?
食事の時間になったからなんとなく食べているけれど、いつのまにかお皿は空になっていて、でも、なにを食べたのか、どんな味だったのか、まったく記憶にないことありませんか?

こんにちは。山下です。
早いものでもう12月。今年も残り1か月をきりました。
これからの季節、クリスマス、忘年会、大晦日、お正月、とイベントが盛りだくさんですね!イベントがたくさんで楽しいのは嬉しいのですが、ついつい食べ過ぎてしまったり、いつもの食事のペースとは違ってしまいバランスがくずれがちです
そんな時でも自分の心や体調や生活リズムは自分で整えていきたいですね。そこで、この時期を元気に健康に過ごすための自分の心と生活の整え方のご提案です。
それは 「食べる瞑想」

月のサイクルとしては満月期にやるとよいとされています。
今は新月に向かう新月期です。

ただちょうど12月で一番慌ただしい時期に満月期を迎えますので、ぜひその前に実際に試してご自身の身体や心がどう感じるか、感じてみましょう。

月のサイクルについては一番最後にお伝えしますね。

食べる瞑想、ポイントはたったの3つ!詳しいやり方もご紹介。

ポイントは簡単
・初めの一口は30回以上嚙む
・20分以上かけて食べる
・できれば60分以上かけてゆっくりと

ただでさえ忙しいのにそんな時間ないわ!
そう思ったあなたにこそやってほしいです。

普段の食事を1時間くらいかけて食べるイメージでしょうか。
テレビなどつけず、一人もくもくと食べる。。
えーっ 暗そう つまらなそう 美味しくなくなりそう・・・そう思ってしまいますよね。
ですが、そんなことないんです。

自分のお口の中と頭の中で食とイメージのハーモニー。
今までに味わったことのない世界が広がります。

ではやり方です。
まずは一口・・・の前に、1時間はながいですからね。まずは目の前にあるお食事を眺めてみましょう。
どんな食材が並んでいますか。
どんな器に入ってどんな盛り付けでしょうか。
どんな味がするでしょうか。インスタに上げるときにも、どうやったらきれいに撮れるか美味しそうに見えるか観察しますよね。
それを自分の目でしっかりと味わいます。
香りもしていますか。

そしていよいよパクっとひとくち。
口に入れたら、なくなるまでもぐもぐします。
最低でも30回は嚙む。

本当になくなるまでとなると100回くらい嚙むかもしれません。
ちょうど今年の流行語にもありました「もぐもぐタイム」。
そんな今年を振り返りながらももぐもぐ。

もぐもぐしながらいろんなことを感じていきます。
一口ごとに30回もぐもぐしていると、いろいろなことが浮かんできます。

食器の模様に引きつけられたり、この味つけはなにでされているんだろう、この野菜はどこ産かな。
野菜畑のイメージまで浮かんできて、周りの畑や山まで見えてくるかもしれません。
どんな人が作ったのだろうと作りての顔が浮かんでくるかもしれません。
この魚はどんな海を泳いでいたんだろう。
海の青や空の青が広がって、潮の香りのする心地よい風が吹いてくるかもしれません。どうでしょうか。
最初の薄暗い部屋で一人暗~く食べているイメージから、広くてゆったりとした明るい気持ちに変わっていませんか?

よく噛んで楽しく食べることは体の健康だけではなく、人間関係の健康にもつながる秘訣なのです。

忙しいのに食べる瞑想!?そんなあなたに忙しない毎日での活かし方

人間関係の健康といえば、食べる瞑想、上級編。

気が乗らない会社の忘年会や、年末年始の気の進まない親戚の集まりなどにも使えます。
会社の忘年会では、なかなか共通の話題を見つけにくい上司と隣になってしまうこともありますよね。
普段交流のない年末年始くらいしか会わない親戚とは何を話せばいいのか悩んでしまうときありますよね。
そういったときに、先ほどのような食材や器や味つけなどを話題にすると思わぬ話に花が咲くかもしれません。

また、小さいお子様のいるお母さんからは、時間がなくて子供に早く食べてほしいと思うときほど子供は食べてくれない。

一方で、自分もゆったりした気持ちでいると子供ももすんなり食べてくれたりという事、ありませんか?
実際食べる瞑想をして、食材の話や子供は手ざわりも楽しんで、親子で楽しい食事になりましたと伺ったこともあります。

日々の忙しい生活の中で、ゆっくりとした時間を持つことは何よりも贅沢な時間だと思いませんか。
慌ただしい日々の中で、自分のためにこういった時間を作ってあげることは、自分を大切にすることにつながります。

2018年12月は15日の上弦の月、23日の満月、29日の下弦の月が食べる瞑想のベストポイント!

さて最後になってしまいましたが本来の月のお話。
食べる瞑想は 満月マイナス期にお勧めで、心臓に月のエネルギーが入りやすい時期です。一口30回嚙んで20分以上かけて食べるのは、満月プラス期にお勧め。
この時期は肝臓に月のエネルギーが入りやすいとされています。上弦の月から満月までが満月プラス期、満月から下弦の月までが満月マイナス期で、どちらも満月期です。
この12月でいうと、12月15日に上弦の月を迎え、その後12月23日の満月までの時期が満月プラス期。
その満月の12月23日から下弦の月は29日、そこまでが満月マイナス期ですね。

ちょうど、様々な人に会ったりクリスマス会、忘年会が入り出したりという時期ではないでしょうか?

五臓六腑のうちの五臓(脾臓・心臓・腎臓・肺・肝臓)は月のエネルギーを受けて働きます。
五臓が元気な体には大病なしともいわれますので、月を中心とした生活は体の中心である五臓にもエネルギーを与える生活になります。

慌ただしいこの時期も月を味方につけて、元気にお過ごしください。

ライタープロフィール

山下純子 月よみ師®
月よみ師®
すうじつかい®︎
フラワーエッセンスプラクティショナー

20代前半にパニック障害を発症。車や電車にも乗れず、人ごみも苦手で限られた範囲で生活する。
家族ともっと行動したいと一念発起。
フラワーエッセンスやヒプノセラピーなどでかなり改善する。
その後、やりたい時にやりたい事をする!をモットーに行動範囲を広げ、月に導かれ月よみ師となる。
これらの出来事を経て、誰もが幸せになれるのだと実感。
自分に隠された強みを知り、納得して幸せを掴むセッションを行っている。

横浜生まれ横浜育ち。
癒し系 怒らない ように見えるらしい。
座右の銘 転んでもただでは起きない。
パンとスイーツと海が好き。
Return Top