月よみ -inner independence-

慌ただしい年末年始、エネルギーの出入り口・チャクラに注目!自分でできる簡単チェック&ケアで乗り切るには?

運とツキを味方につけて、望む未来を手に入れる、九星氣学鑑定士&月よみ師 大竹由起子です。

師走に入り、7日には旧暦でいうところの節季、大雪を迎え、年末に向けて季節も街の様子も慌ただしくなってきましたね。
仕事や家事も、いつもよりやることも多く、なのにお付き合いで参加しなければならない忘新年会。
プライベートではクリスマスやホームパーティーのお呼ばれ、年に数回しか会わない親戚への対応など…

人間関係も活発に動くこの時期、肉体的にも精神的にもいっぱいいっぱい。

「慌ただしい」の文字の如く、心が荒ぶっていませんか。
人付き合いってなんだか面倒、なんて声も。
そう思っているあなたは、人間関係がチャクラへ作用し、よわっている状態かもしれません。

チャクラってご存知ですか?
後ほど詳しく解説しますが、簡単にいうと「人間にあるエネルギーの出入り口」。
月よみwebでもたびだび取り上げられている宿曜(月花)占星術でも、取り上げている重要ポイントなんです。
今日は、現在の心と身体の状態で、どのチャクラがよわっているのか判断するセルフチェックをご提案
そして、日常の中で誰にでもできるセルフケアでチャクラを整えて、この慌ただしい年末年始を乗り切る方法をお伝えします。

チャクラとは~チャクラの意味と働き~

私達は、生きている限り、命を維持する活動や、精神的なバランスを取る活動が行われています。
私達の意思に関係なく、細胞やエネルギーが無意識に働き続けているのです。

人間に限らず、地球上に生きる全ての動物の体に、エネルギーが流れています。東洋では「氣」と表現されます。
そのエネルギーの出入り口が『チャクラ』です。

チャクラという言葉は、インドのサンスクリット語で「車輪」「廻る」という意味を持っています。
取り入れたエネルギーが廻る、回転することによって、心身が支えられていると考えられているからです。
チャクラは健康な状態であれば開いています。
チャクラに何らかの問題があるときには、心身にも問題があるということです。

主要なチャクラは7つあり、肉眼では見えませんが7色で構成されています。
7つのチャクラは、それぞれ脳の特定部位と直結していると考えられています。
いわば、エネルギーを脳へ流すセンサー、スイッチの役割を果たしているといえます。
東洋の「氣」の世界では、ツボと表現されます。

チャクラはそれぞれ異なった速度で回転しているので、色はその速度に対応した波長の色になると言われています。
波長の長いものから下から上に順番に並び「第1チャクラ」の赤が一番波長が長く、回転は遅いということです。

チャクラがよい状態、活性化されているときは、時計回りに適度なスピードで回転しています。
不活性化している時は、回転が止まっていたり、エネルギーが弱っている状態。
活性化し過ぎても、回転速度が早すぎたり、回転が不安定になる、逆回転になるなど、よくないのです。
また、チャクラ全体のバランスも大切です。チャクラを整えることによって、心身のバランスも整っていきます。

第1~第4チャクラが基盤となる肉体のチャクラです。ここをまずは整えて、五感を磨いていきましょう。
自分の今の心身の状態が、どれに当てはまるかで、よわっているチャクラの場所を読み取ることができます。
1つ1つ見ていきましょう。

不安定な感覚がある時にチェックしたい・・【第一チャクラ】

<セルフチェック!第1チャクラに問題のあるとき>
・地に足がついていない感覚、不安定
・自己否定感が強い
・常に不安感がある
・足、性器、肛門の病気
・骨盤のズレによる内蔵機能の低下
・身体の冷え

第1チャクラは、すべてのチャクラの基盤となる大事なチャクラ(ベースチャクラ)です。
生命力、生活力を表していると言われています。

第一チャクラを表す色は赤色。
生まれたときにある程度、完成状態。
幼児期にかけて成長します。
場所は生殖器と肛門の間にあり、生命力やパワー情熱に関係します。
内臓の、腎臓、副腎、腸、骨、骨格にも関係するチャクラです。

<日常でできるセルフケア>
外に出る、太陽の光を浴びる、木々や草花などの自然を感じることで整いやすくなります。
おすすめは、通勤や外出の際、街路樹や公園など自然を感じられる道を、早足で大股で歩く!
地面を大きく蹴って、汗をかくくらいに歩けるといいですね。

また、ファッションや下着に第1チャクラが象徴する赤色を取り入れてもいいでしょう。

大地と繋がっていることに感謝し、今ここにしっかり根をはることをイメージして歩いてみましょう。

イライラしたり疲れたり、そんな時にチェックしたい・・・【第二チャクラ】

<セルフチェック!第2チャクラに問題のあるとき>
・イライラしやすい、キレやすい
・今が楽しく感じられない
・人と会うと疲れる
・過食、拒食
・買い物依存、他者依存
・腰痛(ヘルニアなど)
・大腸・子宮の病気
・便秘
・生理不順

第2チャクラを表す色は橙色、肉体的欲求と感受性を司るチャクラです。
おへその下10センチくらいのところにあるチャクラで、東洋ではこの位置を「丹田」と呼びます。

幼児期(幼稚園くらい)に確立されます。
感受性、精神バランス、欲求(特に物欲、性欲)に関係します。
生殖器に関係するチャクラです。
第2チャクラで消化しきれなった感情(憎しみなど)は1.5チャクラにたまります。

<日常でできるセルフケア>
気のおけない仲間とおしゃべりして大笑いする、自分にちょっと贅沢なご褒美をあげる、とにかくやりたいと思うことをしてみるなど、自分の居場所を作ると、整いやすくなります。
また、ファッションや下着に第2チャクラが象徴する色のオレンジを取り入れてもいいでしょう。

この時期のおすすめは、捨てること!
大掃除の季節でもあります、不要なものは手放し、快適な自分のスペースを確保しましょう。
また、毎日のバスタイムにお気に入りの入浴剤を入れて湯船にゆっくりと浸かり、ボーっと天井を眺めるだけでも効果ありです。

好き嫌いの境界線、自然な感情を取り戻し、自分を認める力、居場所を作り、楽しいと思えることをしてみましょう。

自分に自信が出ない、そんな時にチェックしたい・・・【第3チャクラ】

<セルフチェック!第3チャクラに問題のあるとき>
・いつも人目を気にしてしまう。
・自分に自信がない。
・プライドが高い、見栄っ張り。
・便秘
・胃の痛み
・肌トラブル、アトピー性皮膚炎
・膵臓・腎臓・肝臓のトラブル

第3チャクラを表す色は黄色、自分を信じる、意志のチャクラです。
みぞおちの下5センチくらいのところにあるチャクラで、不安や自信、個性、理性、エゴに関係します。
小学校高学年~中学生くらいに育ちます。
また、肝臓、膵臓、脾臓、胃腸に関係するチャクラです。

<日常でできるセルフケア>
自分自身を認めてあげること、わかってもらうことで整いやすくなります。

腹筋など、直接お腹を動かすアプローチでも整います。
また、ファッションや下着に第3チャクラが象徴する色のイエローを取り入れてもいいでしょう。
おすすめは、食べる最初の1口を、30回ゆっくりとよく噛んで、唾液の分泌を促してから食事してみましょう。
その際、できるだけ自然からのエネルギーを取り入れた食事を心がけること。
インスタント、肉類の取り過ぎにも気をつけましょう。

自分の軸を作り、人生を自分の意志で選んでいくことに意識を向けてみましょう。

他人が信じられない、人間関係が面倒な時にチェックしたい・・・【第4チャクラ】

<セルフチェック!第4チャクラに問題のあるとき>
・人が信じられない
・素の自分が出せない
・自己評価が低い
・人間関係が面倒
・風邪を引きやすい
・貧血
・喘息、肺の病気
・心臓病、不整脈、
・肩甲骨の痛み

第4チャクラを表す色は緑色。
愛や情のバランスを司るチャクラです。
左胸と右胸のちょうど真ん中にあるチャクラで、愛情、信頼、喜怒哀楽の感情に関係しています。
思春期に育ちます。
心臓、肺、循環器に関係するチャクラです。
第4チャクラで処理できなかった感情はみぞおち(3.5チャクラ)にたまります。

<日常でできるセルフケア>
頭で考えすぎず、ただ感じてみること。

そこに分析も解釈もいらない、ただ感じるままに感じてみると整いやすくなります。
ファッションや下着に第4チャクラが象徴するグリーンを取り入れてもいいでしょう。

おすすめは、寝入る前、横になったときに、腹式呼吸でゆっくりと20回ほど、呼吸してみましょう。
そのとき息の数を数えるだけで、深い瞑想状態に入り、深いアルファ波も出てきます。
睡眠時間の確保も大切なところです。

また、瞑想状態を作り出すのに、毛筆書きのような、集中する行動も整いやすくなります。
年賀状も、本文はパソコンで作ったとしても、表書きくらいは毛筆書きにしてみるのもいいでしょう。

人を許し信頼すること、無条件の愛を感じてみましょう。
以上、4つのチャクラのセルフチェックと、セルフケアの方法をお伝えしました。

時間に追われる今の時期は特に、基本の第1、第2チャクラがよわりがちです。
バランスを整えようと思うときには、できるだけ肩の力を抜いて、リラックス。
そして、整えようと思っているチャクラがある位置を意識して、そこが温かくなるイメージを。

そして最初に紹介しましたが、チャクラは7つあります。
残りの3つのチャクラのお話はまた次回の記事に紹介させていただきますね。
また次回の記事には月よみwebでもたびだび取り上げられている宿曜(月花)占星術もご紹介します。

人間関係に有効であるというのはご存知の方も多いはず。東洋のホロスコープ「宿曜(月花)占星術」は人間関係の見直しに最適!~6つのパターンを知れば思った以上に付き合いが楽になる~その6つのパターンの宿曜関係は、チャクラにも作用しているのです。
人間関係さえうまくいけばもっと楽に生きられるのに・・・そんな方もいらっしゃるはず。

各パターンのチャクラへの作用は、次の回にじっくりとお伝えします。

折しも、本日の夕方、南西の低い空で細い月と土星が大接近して見える天体ショーが。
土星は今後、太陽に近づき来年2月ごろまで見えなくなるので、今年はこれで見納め。

夕方の忙しい時間帯ではありますが、心を亡くしてしまわないよう、南西の空を見上げて宇宙を、自然をかんじてみましょう。
チャクラが整うのを五感で感じられるかもしれませんよ。

ライタープロフィール

大竹由起子 月よみ師®
静岡県浜松市在住。
身内の相次ぐ死、家業の鉄工場を継いだ夫のサポート、家事、育児、祖母の介護を経験。
不安とストレスでいっぱいな時、九星氣学に出会い、仕事や私生活に活かしていこうと学ぶうち、鑑定士資格取得。
同じように思い悩む方の力に少しでもなれたら、と個人鑑定・イベント出店などの活動開始。
さらにインストラクター資格取得、講師としても活動を広げている。

様々なお悩みをきくうちに、ココロとカラダは繋がっていることを実感、特に女性と月との関係性に注目し、月よみ師資格取得。
今後は、運とツキを味方につけてハッピーライフを送れるよう、さらに多角的なアプローチで、アドバイス活動を行う。
Return Top