月よみ -inner independence-

『月を活用すること』は人生の望みを手にする事

こんにちは。月よみ師坂口ひろみです。
年末もいよいよ押し迫り、12月も半ばに向かいます。
今年もずっと『月を活用する』ということをお話ししてきました。

『月を活用する』ことは、人生の望みを手にする事。
年々、その実感が強くなっています。

ならば、実現したいと思いませんか。
今日は『月の活用法』のお話しです。

月に乗る

思い返せば、2017年12月12日、昨年の同日に
こちらの記事を担当させて頂きました。

2018年をもっとハッピーに!
【今日の月】のメッセージはあなたの【今日】を大切にして流れを加速する。

同じ日に執筆の順番が巡ってきたのは、まったくの偶然です。
が、また1年、月とともに過ごせたことにしみじみとした次第。

というのも、わたし自身がさらに月に乗ったのか、
人脈が拡がり、やりたいと思っていたことが
どんどん現実になってきているのです。

これはどなたにも起こりうることです。
『月を活用する』と、人生の望みは意外に早くやってきます。
年末のひととき、少し足を止めて、月の声を聴いてみましょう。

2018年12月12日は月相4の意味は

※月相については知りたい方はこちらをご参照ください。
【月】は占いの要素を秘めている!? あなたが生まれた日の月の形で何がわかるのか?

月は毎日形を変えます。それぞれにメッセージを携えて、天空を旅し続けます。
月相4の月がこちら

『自己主張、考えをストレートに表現する力』が宿っています。
こんな力が欲しい時に、月相4の月を強くイメージしてください。
大きな後押しとなります。

さらに、今は満月に向かって膨らんでいくとき。
いろんなパワーを吸収して、より力を増幅、拡大し自己成長も促してくれます。
これ、2019年全体に流れるエネルギーと呼応するのです。
今日の月を感じることは来年への意識の橋渡しへとなってくれそうですよ。

2019年への橋渡しとなる月の声

ではどう感じていくとよいか、具体的に、もう少し月の声を聴いてみましょう。

過去の失敗も不安な未来でさえも、すべては『今』のため、という考え方が
2019年らしいと言えそうです。

すべての持てる力を発揮して夢中になれることに力を注いでいきましょう。
これまで培った知識や経験を集約し、内側から輝かせることが新しい年のあなたの扉を開きます。

今、環境に縛られ過ぎてはいないでしょうか。
現実に離れるのは無理でも、気持ちの中で、その環境を俯瞰してみましょう。
高い視点、広い視点から眺めることで、少し距離を置いてみようと試みるのです。

不安や緊張から心を解放しましょう。安らぎや安定が必要な時です。
それには月をイメージしながらゆったりと呼吸を整えるのがいいですね。
安息する時間を大切にしてください。心静かに過ごす時を持ってください。

月の形はその日の月でいいですし、好きな月があれば、それで構いません。

参考までにイメージを以下に挙げてみます。

新月から上弦前日までの期間(~14日)
月相0から6まで
『なりたい自分を』

上弦の月から満月前日までの期間(15日~22日)
月相7から13までは
『行動している自分を』

満月から下弦前日までの期間(23日~29日)
月相14から20までは
『願いが叶い、出来た自分に感謝を』

下弦の月から新月前日までの期間(30日~1月6日)
月相21から27までは
『荷物は降ろし、リフレッシュしている自分を』

例えばこんなことを思い描いて、呼吸を感じながら過ごしてみてはいかがでしょうか。

もう一つ声が聴こえています。

『壁』についてです。
壁にふさがれたと感じても、実は壁の向こうには道が開かれているのです。

困難とは成長のための糧でしかありません。
ですが、困難な道、楽な道、どちらを選んでもいいのです。
壁の前で途方にくれたとしても、わたしたちには進もうという隠れた大きな欲求があります。
湧いてくる感情を見つめているうちに、考え方や行動が根底から変わることがあるかもしれません。

そうすれば、周囲の景色、体験する『現実』も変わり始めます。
道はひとつではない。たとえわき道にそれたように感じても、
信じて進めば、それはきっと喜びへとつながっていくのですから。

※※※

『月を活かす』をお話しするひと時、ご一緒に過ごしませんか。
月よみお茶会奈良12月19日
お申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0f1d3bbc560138

月よみ生活講座大阪12月21日・22日
月よみ生活講座のご案内はこちらです。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tukiyomi1221

月よみ生活で素敵な時間をお過ごしくださいね。

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top