月よみ

<近い存在だからこそ、うまくいかない。そんな時、月星座で知る親子関係をうまくいかせる方法vol.15>月星座さそり座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子までの場合

今日はクリスマス!
子供たちのもとにサンタクロースは訪れたでしょうか?

子供たちの望みのプレゼントをちゃんと用意できたか
いつもどきどきですよね。

うまくいきましたか?

今月は人の気持ちに寄り添うことが得意な星座
寄り添いすぎちゃって、相手のことで一喜一憂 。

時には降りまわれちゃうこともある星座…
さそり座さんを見ていきます。

これまでの月ウェブマガジンでは
Vol.1月星座おひつじ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座かに座まで
Vol.2月星座おひつじ座の親×月星座しし座の子~月星座うお座まで
Vol.3月星座おうし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.4月星座おうし座の親×月星座しし座の子~月星座うお座の子まで
Vol.5月星座ふたご座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.6月星座ふたご座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.7月星座かに座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.8月星座かに座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.9月星座しし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.10月星座しし座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.11月星座おとめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.12月星座おとめ座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.13月星座てんびん座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.14月星座てんびん座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
をご紹介いたしました。

今日は第15回 月星座さそり座の親の場合前半です。

今回は
<Vol.15月星座さそり座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子までの場合>をお送りいたします。

まずは、ご自分とお子さんの太陽星座、月星座を確認してみましょう。
確認方法はこちらから

確認できましたか?
それではまずは、月星座さそり座の親の特徴から!

月星座さそり座の親の特徴

・相手の気持ちをまず考える
・愛する者との関係に関しては常に不安を感じる
・一人の人とじっくり関係を深めたい。一体感を感じたい
・決して途中で投げ出さない
・心配しすぎて過干渉になってしまうことも
・大事にしたい人、そうじゃない人がはっきりしているので、付き合う相手の選別眼は確か

では今月の月星座が教えてくれる子供も私もご機嫌で過ごす秘訣を

さそり座の親×おひつじ座の子

月星座さそり座の親が、親子関係で大事にしていることは、子供との深い一体感。
愛情を惜しみなく捧げます。
そして、おうちの中で、じっくり、ゆっくり愛情をはぐくみたいと願っています。

ところが、月星座おひつじ座の子は鉄砲玉。
一人の人と関係を築くよりは、どんどん外に出て、自分の力を試したくてしょうがありません。

月星座さそり座の親は、そんな子供を見て、
「どうして、私の愛情を受け取ってくれないのかしら?」
と悲しく感じてしまいます。

月星座さそり座の親は、価値観も一体であることをどうしても望がち。しかも、さそり座の親が期待した通りに受け取ってほしいのです。

例えば、さそり座の親の愛情が上等なワインだとしたら、クリスタルのグラスで大切に受け取ってほしいという感じです。
そんな時、月星座おひつじ座の子は何で受け取るでしょうか?
クリスタルのガラス?
いえいえ、ただのコップ。
下手をすれば紙コップかもしれません。

細かいところを気にしないおひつじ座の子にとっては、何で受け取るかではなく。
何を受け取るかが大事なのです。

さそり座の親にとっては、自分の精いっぱいの愛情に対する反応が、あまりにもあっさりしすぎてがっかりするかもしれません。
でも、がっかりしないでください。

おひつじ座の子は、しっかりお母さんの愛情を受け取ろうとしていますし、感じようとしています。
それこそ、コップがなければ両手で受け取ろうとするでしょう。
かわいらしいと思いませんか?

ついつい、相手の心の裏側を考えてしまう月星座さそり座の親。
おひつじ座の子どもには心の裏を考える必要はありません。そのままを受け取ってください。

さそり座の親×おうし座の子

ゆっくり、ゆっくり。決して、マイペースを崩さない月星座おうし座の子。その子にとって、どんなに時間がかかっても、じっと待っていてくれるさそり座の親は、とても安心ができる存在です。

また、さそり座の親にとっても、月星座おうし座の子は最強のパートナー。なぜなら、おうし座の子は一度信頼したら、決して裏切らないから。

おたがいに、相手は裏切らない、自分のことを待っていてくれると安心できる。そして、その場にいてくれるだけで、お互いに気持ちが安定できるのです。

おうし座の子は自分の好きなことだけを追求したいので、どうしてもわがままになりがち。
他の星座の親だと、途中で「いいかげんにしなさい!」とあきらめてしまうところも、さそり座の親は決してあきらめません。
むしろ、おうし座の子のわがままを、うまく家族に伝えるために間に立って調整してくれるでしょう。

他の星座の人とは感じられない、一体感を感じられるおうし座の子。
かわいくて仕方がないのはわかりますが、溺愛しすぎないように。

おうし座の子のわがままは際限がありません。
甘やかしてあげたいところはぐっと抑えて、我慢ということを教えてあげるのも、さそり座の親の腕の見せ所です。

さそり座の親×ふたご座の子供

ふたご座の子供は本当に風のよう。興味のある方に、あっちへふらふら、こっちへふらふら。
でも、ふたご座の子供が一番うれしいのは、自分が語りかけたり、行動したりすることに反応してくれること。
ふたご座の子供と遊ぶのはとても楽しいのですが、大変なのは、際限がないこと。

普通の親ならネを上げてしまうところを、さそり座の親は飽きずに付き合ってくれます。子供時代の月星座ふたご座の子供にとって、これほど素晴らしいことはありません。
ぜひ時間と体力が許す限り、ふたご座の子供に付き合ってあげてください。

風のようにまとわりついてくるふたご座の子にさそり座の親は楽しさと、親としての満足感を感じられるでしょう。

ただ一つ、寂しいことが。
風の星座ふたご座の子は興味がいろいろと移るので、親が望むような一体感や、親の好きなことに興味を示すことはあまりないかもしれません。

親の趣味に強制的に合わせるのではなく、ふたご座の子供の多彩な興味の中から、親が好むのものを見つけて付き合うようにしていきましょう。

そして、親離れの時期になったら、ふたご座の子が風らしく自由に生きていけるように、少しづつ手を放していきましょう。

さそり座の親×かに座の子供

さそり座の親とかに座の子ども二人とも、愛情たっぷりの水の星座同士。
しかも、大事な人と一緒にいたい。一対一の関係を大切に育みたいと思っている同士なので、他の星座が相手の時と違って、愛情を受け取ってもらえず寂しいと思うことはないでしょう。

かに座の子の特徴として、人の好き嫌いが激しいこと。自分の思い通りにならないと、わっと感情があふれ出してしまうこと。というものがあります。

でも、さそり座の親なら大丈夫。ゆっくり、しっかりと受け止めてもらえることができます。自分の気持ちを納得できるまで、受け止めてもらえたかに座の子。
かに座の子は大きくなったときに、さそり座の親がしてくれたのと同じように、 他の人を受け止めてあげることができるでしょう。

気を付けなければいけないのは、新しい環境になったとき。
兄弟が生まれた時や、親が仕事をし始めたりなど、親の感情や時間がほかのものに向けられてしまったときです。

今まで、ぴったりと寄り添ってきた分、寂しさを抱えてしまうので、スキンシップや二人で過ごす時間などをいつも多くとるように心がけましょう。

さそり座の親×しし座の子供

水の星座、さそり座の親。火の星座、しし座の子ども。
水と火で一見仲が良くなさそうに見えますが、実はそうでもないんです。

二つの星座に共通しているところは、寂しがり屋のところ。
特に7歳までの子供は親にべったりなついてくるので、さそり座の親はかわいくて仕方がないはず。
天真爛漫で、元気いっぱいのしし座の子ども。さそり座の親は親としての醍醐味をたくさん味わえるでしょう。

ただし、7歳を過ぎてくると、しし座の子供に強い自我が芽生えてきます。
さそり座の親は赤ちゃんの時からの自分たちの関係を考えて、
親がこれだけすべてを注いでいるから、親の思い通りになるはず」
私の愛情が伝わっているから、私のことを悲しませたり、嫌がるような行動はとらないはず
と信じ込んでいます。

しかし、しし座の子供は王様の星。
「自分の思い通りに自分の人生を生きたい」という気持ちがどんどん強くなっていくのです。

さそり座の親はつい一体感を求めてしまいがちですが、子供は別の人格ということを常日頃心にとどめて、徐々に子離れをしていけるようにしましょう。
7歳以降は子供の太陽星座の特徴を確認してみましょう。
太陽星座は自分がどんな大人になりたいか、何に向かって生きていくかということを表しています。

自分と子供、お互いの太陽星座を確認して、子供が何に向かって人生を生きていこうとしているのか。自分との違いは何か。そこを確認しつつ、しし座の子供の感情に寄り添っていくと親子関係がうまくいきます

最後に大事なことを一つ。
しし座は注目されたいと願う星です。ヒーローになりたい。中心人物でいたい。といつも思っています。

でも、ただ目立つだけではヒーローになれませんよね。
みんなに慕われる、愛される人物になるには何が必要か。
それは人の心に寄り添うこと。
さそり座の親の得意なところです。
真のヒーローとはなにか。中心になる人物とはなにか。折に触れてしっかり、しし座の子に伝えていってください。

さそり座の親×おとめ座の子供 

しっかり屋さんの月星座おとめ座の子供。
細かいところまで気が付くのは、失敗するのを恐れているから。
みんなに気を使えるのは自分が一人ぼっちになるのが怖いから。
そんな繊細な心をわかって、よりそえるのはさそり座の親です。

おとめ座の子は土の星座。孤独を感じやすいおとめ座の土の器は乾燥しがち。そこに愛情という水をたっぷり注いで、潤してあげるのがさそり座の親なのです。

大喧嘩になったとしても、心配する必要はありません。賢いおとめ座の子は、それがさそり座の親の愛情だとわかっています。そして、さそり座の親は絶対に裏切らないと無意識ですが、信頼して安心しています。

お互いに信頼と愛情で結びつく、とてもいい相性です。
ただし、子供が大きくなってくると「自分で自分のことは決めたい」という自我がどうしても出てきます。

おとめ座の子の土の器は成長すればするほど、大きくなっていくので、さそり座の親の愛情の水があふれることはなかなかありません。
ですが、たまに多すぎてしまうと、あふれたり、器がぐじゅぐじゅに溶けてしまったりすることも。
そんなことはさそり座の親も望んでいませんよね。

おとめ座の子は信頼されればされるほど、どんどん良くなっていく星です。
大きくなったら、信頼して、少し子離れをしていきましょう。

自立が始まっても、孤独をいやしてくれるのはやはりさそり座の親。
「いつでも、あなたを愛しているよ。そばにいるよ」というメッセージをおくりつづけてください。

いかがでしたでしょうか?

次回は月星座さそり座の親と月星座てんびん座の子供から月星座座の子供まで。
親子関係をうまくいかせるコツをご紹介します。

ライタープロフィール

IKI(いき) 月よみ師®
ムナイ・キ マスター、アースキーパー
竹本宿曜占星術師範
JAA認定アロマコーディネーター
キッチン蒸留ATRホームケアアドバイザー
小学校児童英語講師

女の子2人の母。毎日子育てと仕事に奮闘中。
子育ての試行錯誤の中、月星座に出会う。学ぶうちに、違和感を感じ続けていた両親との関係、更に自身が感じてきた生きづらさにも月星座が関係していた事を知る。
月星座を知ることで、「大事な家族とよりリラックスした関係を築き」、何より自身が月星座を知ることで「しがらみから解放された」事を実感する日々。
現在は、月星座を使ったインナーチャイルドのリリースイメージワーク、親子関係アドバイスなどを行っている。

好きなもの:鳥、満天の星空、神社へ行くこと、ホストファミリーをすること
Return Top